September 09, 2018

洋風料理ナカムラさんでの9月の昼食会

洋風料理ナカムラさんでの9月の昼食会 今月はギャラリーがあるので、ナカムラさんでの昼食会は日曜日になりました。月末までは私の作品を飾って頂いています。
 今回は女性4名だったので、女子会のようなノリでゆっくりと午後の食事を楽しみました。今年の夏の活動のことや、引っ越しなど最近の話題、年末の干支展の作品について…。こうした作家さん同士が顔を合わせて話す機会は、作品制作の励みにもなります。
 食後はギャラリーにもどって、さらにおしゃべり。夕方まで楽しい時間を過ごしたのでした。  

Posted by sengaart at 23:40Comments(0)

August 19, 2018

いろいろ楽しいKasaco's Card

いろいろ楽しいKasaco's Card 以前いっしょにカードイベントをやっていた友人が作ったKasaco’s Card。
 36枚がセットになっているこのカードには、可愛らしいイラストと共に、キーとなる言葉が書いてあって、占いや心理テスト、コミュニケーションカードとして使うことがきるとのこと。使い方を説明したシートも付いてきます。とにかく描かれたイラストがとても美しく、見ているだけでも飽きません。
 作り手のかさこさんと待ち合わせ、簡単なデモンストレーションも見せてもらいました。一人遊びも楽しそうですが、他の人といっしょにやると会話も広がります。久しぶりに様々な話もはずみ、楽しいひとときを過ごしたのでした。
  
Posted by sengaart at 23:12Comments(0)

July 17, 2018

紫草の美しい色

紫草の美しい色 先日訪れた因幡万葉歴史館の庭に茂っていた紫草をいただきました。名前は聞いたことがあるものの、実物の草を見るのは初めてです。
 あかねさす紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖振る
 その昔、額田王が詠んだ歌。白い花が紫草と呼ばれるのは、根の部分が紫色の染料として使われているからだそうです。
 実際に抜きたての紫草の根は深い赤でした。紙の間に挟んで下さったので、それを押し花のようにして持って帰ったところ、根の部分は黒ずんでいて、紙には青い色が染み込んでいました。その色がとても綺麗だったので、パウチにして保存することに…。
 紫草で染めた和紙を剪画に使ってみたい…と思うほど、美しい青紫でした。  
Posted by sengaart at 23:17Comments(0)

July 14, 2018

猛暑のBBQ

猛暑のBBQ 暑い暑い日。こんな中でも午前中、午後の教室に生徒さんにはおいでいただきました。確かに涼しい部屋で紙を切っているのは極楽ではありますけれど…。ここまでいらっしゃるのが大変だったと思います。
 そして夜は夏恒例のBBQ。家族や友人家族が集って火を囲みます。夜になっても空気は湿気を帯びていて暑かったです。もっとも焼き方の男性陣と違って女性陣はクーラーの効いた家の中で食べていたので、リラックスできたのですけれど…。
 肉だけではなくキノコ、とうもろこし、ポテト、玉ねぎなどをクッキングホイルに包んで焼いてもらいました。暑い日のBBQ。水分と栄養をしっかり取って、暑さにまけないようにしたいですね  
Posted by sengaart at 22:26Comments(0)

May 27, 2018

ギャラリーでのコーヒー・セレモニー

ギャラリーでのコーヒー・セレモニー 今日は剪画アート&スペースで、エチオピアン・コーヒー・セレモニーを開催。13時からと、15時から2回制で、全部で18名のお客様においでいただきました。
 エチオピアン・コーヒー・ハウスのDawitさんにエチオピアやコーヒー・セレモニーの説明を伺いながら、民族衣装を身に着けた女性にコーヒーを淹れていただきます。プライパンでじっくりと青豆炒り、木の器の中ですりつぶし、首の長いポットでコーヒーを煮出します。1煎目はかなり濃いコーヒーでしたが、味はまろやか。ポップコーンやクッキーと共に2煎め、3煎め…と、薫り高いコーヒーをじっくりと味わいました。
 ご来場くださった方々も、その雰囲気とコーヒーを楽しんでくださった様子。コーヒーやエチオピアについての会話を重ねながら、とても優雅な時を過ごしたのでした。セレモニーを開催してくださったDawitさん、Fraさん、そしてご参加くださった皆様、ありがとうございました。  
Posted by sengaart at 23:43Comments(0)

May 05, 2018

ただいま〜!

ただいま〜! 深夜にバンコクを出たので成田に到着したのは朝。日本の空気はタイと違って涼やかでした。
 帰って家で荷物の整理をします。いつもの旅行と同じようにおみやげはたいしたことのないものばかり。空港の免税店ではなく、スーパーで物色したお菓子や、村で買った民芸品、お茶屋さんで買った皮付きアーモンド…。バンコクのスーパーでは日本やヨーロッパのお菓子が多く、タイらしいお菓子を見つけるのに時間がかかりました。
 そしてボチボチ次の作品展の準備。とりあえず今日はパンフレットの入稿をしました。来週から葛飾の美術家展が、再来週からギャラリーの展示が始まります。

(「エチオピアン・カフェ」出展作品 2018.5.16〜6.2 於:剪画アート&スペース
  
Posted by sengaart at 22:50Comments(0)

April 25, 2018

麒麟を訪ねて日光へ

麒麟を訪ねて日光へ この夏に鳥取県立博物館で開催される「麒麟展」のスタッフと共に日光へ。日光東照宮には彫刻だけで49体もの麒麟像があるのだそうです。招き猫や三猿は知っていましたが、そんなに多くの麒麟の彫刻があるなんて知りませんでした。
 麒麟は最も徳の高い動物とされるため、陽明門など建築の一番上に設置されています。東照宮の宝物館の宮司さんにご案内いただきつつ、麒麟を求めて東照宮の建築を拝見します。東照宮の建物はとても豪華な作りで、いたるところに聖獣、鳥、動物、花、人物の彫刻が散りばめられています。境内を巡りながら、沢山の麒麟像を見せて頂きました。それぞれに色や形が違い、とても興味深かったです。
 日帰りではありましたが、濃厚な1日となりました。  
Posted by sengaart at 22:29Comments(0)

March 04, 2018

イチゴ狩りへ…

イチゴ狩りへ… イチゴ狩りに出かけました。茨城のゆりの郷で受付をしてイチゴ家のむのむへ…。しばらく待って入場料1600円を支払い、ビニールハウスへと向かいます。広いハウスの中は甘い香りがしてイチゴがたくさんなっていました。
 コンデンスミルクのお皿を受け取って畝の間を歩き、赤い実を口に入れます。赤さや大きさを吟味しつつ…。今は紅ほっぺが一番大きな実をつけていました。ほかにとちおとめといばらキッスが並んでいました。それぞれに微妙に味が違います。
 取り立てのイチゴはジューシーで美味。それでもそうたくさん食べられる訳ではないのです。30分も食べ続けると水分でお腹がいっぱいになり、口の中が甘みと酸味でいっぱいになってしまいます。おいしさが苦しみに変わる前に、ビニールハウスを出てきました。
 イチゴ狩りのあとはゆりの郷で温泉に浸かります。筑波山のふもとでリラックスした休日でした。  
Posted by sengaart at 20:36Comments(0)

February 11, 2018

コーヒーセレモニーでの交流

コーヒーセレモニーでの交流 エチオピアンコーヒーハウスさんのコーヒーセレモニーへ。5月にする作品展のリサーチも兼ねて2名の剪画アーティストさんたちも参加しました。
 今日のコーヒーセレモニーには、アロマセラピーの方やコーヒー通、エチオピアとの交流や長い旅行をされている方など、様々な方がいらっしゃいました。香りたつコーヒーが入るのを待ちながら、エチオピアやコーヒーについてのお話を伺います。
 丁寧に豆を炒って、手で潰し、ゆっくりと煮出して3杯のコーヒーを飲む間、参加者の間でも多方面に話が展開。エチオピアの民族の話やコーヒーの種類の話など、とても勉強になりました。最後にラテとスーツを頂いて大満足。エチオピアの様々なことに思いを馳せた楽しい時間でした。  
Posted by sengaart at 22:26Comments(0)

January 30, 2018

アトリエの壁に麒麟獅子のポスターを飾る

アトリエの壁に麒麟獅子のポスターを飾る 麒麟獅子展を開催する前に色々な資料を探している際、ポスターがあることを知りました。が、その時は手に入れ方がわかりませんでした。12月に鳥取に行った際にご縁があって購入。帰ってきてアトリエに飾ることにしました。
 B1の大きさのポスター額を購入し、中にセットしたところまでは良かったのですけれど…あまりに大きくてアトリエの壁には飾れる場所がありません。それでもちょっと棚に視線が遮られてしまう場所に、何とか掛けることができました。
 ポスターには各村の地名とそこで祀られている麒麟獅子の獅子頭の写真が掲載されています。1つ1つ見てゆくと微妙に表情が違ってとても面白いです。そんな獅子頭を眺めながら、いつか機会があったら、また麒麟獅子舞を見てみたいなぁ…と夢をふくらませるのでした。  
Posted by sengaart at 22:14Comments(0)

January 12, 2018

小さなサロンで寛ぐ

小さなサロンで寛ぐ 友人が隣町の亀有でリフレクソロジーのサロンをオープン。駅からほど近い友人のサロンは、看板や衝立などは揃っていないものの、内装が新しくとても落ち着ける空間です。
 とは言うものの肩こりが悩みの私にとっては、足をマッサージするリフレクソロジーよりも、ボディケアの方がありがたいのです。彼女はボディケアの施術も行っていたので、50分コースでお願いしました。
 強過ぎず、弱すぎず、ツボを抑えた彼女の施術はとても心地よく、もう少しで眠ってしまうところでした。最後にハーブティを頂き、すっかりリラックス。肩から腕まで凝っていた力が抜けてゆくようです。
 出会った頃からリフレクソロジーのサロンをオープンしたいと言っていた友人の門出を祝いつつ、家路に着いたのでした。

リラクゼーションサロン R-Cube  
Posted by sengaart at 23:50Comments(0)

January 06, 2018

年頭から床を磨く

年頭から床を磨く ここ数年、床にワックスをかけていませんでした。年末はバタバタしていて大掃除をやる気にはなれないし、昨年、一昨年と1月から展示があって。余裕がなかったのです。
 今年は金曜日に仕事をして、その後3連休。思ったより時間的に余裕があったので、ワックスがけを決行しました。松の内からすることではないのですけれど、思い立った時にやらないとまたいつになるかわからないですし…ね。
 が、以前ワックスがけは1日で2階の部屋を終えることができたのにもかかわらず、今日は半分で終わってしまいました。古いワックスを落とすのに思ったよりもずっと時間がかかってしまったのです。明日は筋肉痛になりそうな腕。でもあと半分終わらせないと…ですね。できれば今月中にギャラリーとアトリエも綺麗にしておきたいと思っています。
   
Posted by sengaart at 23:27Comments(0)

December 24, 2017

Xmasとキャンドルと

Xmasとキャンドルと Merry Christmas!
 昨日の片付けや細々とした仕事をしているうちにイブは過ぎてゆきましたが…ガランとしたギャラリーの中に置いてあるのは、先日知人に頂いたキャンドルです。
 10年以上前にドイツのハーナウのマーケットで購入されたとのこと。私が今年ハーナウへ行ったことを聞いて持ってきて下さいました。小さな和紙のクリスマスツリーの横に置くと、その渋さはさらに際立ちます。
 深い表情とちょっとじっくりとした色味、木彫りのような風合い…。クリスマス用のものかどうかはわかりませんが、雪らしきものを付けているので冬用のデザインでしょう。日本のクリスマスグッズは可愛らしかったり美しかったりしますが…こうしたどっしりとした風合いのものはあまりないような気がします。
 横に並べると昨年作ったツリーはちょっと軽すぎて…来年はこのキャンドルに似合うツリーを作ってみたいと思っています。  
Posted by sengaart at 23:38Comments(0)

December 23, 2017

今年のクリスマス会

今年のクリスマス会 今日は教室と出展作家さんたちを中心としたクリスマス会。現在我が家には白菜やら里芋やらかぼちゃやら、大根やら…冬野菜がたくさんあります。それらを活用して調理したら、クリスマスディナーというよりはお惣菜…という感じになりました。

 かぼちゃのマリネ、白菜のコールスロー、アクアパッツァ、ポテトグラタン、里芋の揚げ出し、野菜のマリネ…。(メインのアクアパッツアは主人に作ってもらったのですけれど…。)お惣菜にふさわしく、家庭的なくつろいだ感じのパーティ。普段は別々にギャラリーに来ている参加者が顔を合わせる少ない機会でもあります。

 たくさん食べて、飲んで、話をして…さらに来年の活躍を祈りつつ、散会となったのでした。
   
Posted by sengaart at 23:50Comments(0)

December 16, 2017

教会での結婚式

教会での結婚式 今日は青山の教会で甥っ子の結婚式。甥っ子はJリーガーなので、ごっつい男性がいっぱい来るのだろう…と思っていたのですが、いたずら小僧のような一群がいただけでした(もちろん背が高い選手はいたのですけれど)。自分が相応の年になってしまったので、そう見えるのだ…と気づいて唖然。
 …ともあれ、若い二人の教会での結婚式は、ムードも満点でとても美しかったです。日本人も西洋化してすんなりと背が伸びたので、教会の中でタキシードにドレスを来てセレモニーを行ってもその雰囲気にマッチするよううになったのだなぁ…と感心しました。
 式の後はそのまま階下のパーティルームへ向かい披露宴。幸せな二人の門出を祝った午後でした。
   
Posted by sengaart at 20:52Comments(0)

November 26, 2017

日曜の朝のコーヒーセレモニー

日曜の朝のコーヒーセレモニー 近くにあるエチオピアン・コーヒー・ハウスで行われたコーヒーセレモニーに参加。今回4回目になります。コーヒーセレモニーはコーヒーを味わうと共に、そこでゆったりと時間を過ごし、会話を楽しむ場。そのため、毎回違った楽しみや発見があります。今回は10名という今までで一番参加者の多い会となりました。
 エチオピアの民族衣装を来た女性がフライパンでコーヒーを炒って、手で摺り、ポットの中にお湯と共に入れてゆっくりと蒸らします。しばらくして粉が落ち着いた頃に小さなカップに注いで出してくれました。かなり濃いコーヒーです。2杯めは少し薄くなり、ティナダムというハーブを入れ、その香りを楽しみながら飲みました。3杯目はさらに薄く、そこに岩塩を入れて頂きます。かなりさっぱりとした飲み口となりました。
 伝統的なコーヒーセレモニーの後は、お店で今淹れているコーヒーをケーキと共に頂きます。こちらも美味。久しぶりに会った友人たちと共に、ゆっくりとコーヒーと会話を楽しんだ日曜の午前でした。  
Posted by sengaart at 21:07Comments(0)

October 31, 2017

ハロウィーンの夜に…

ハロウィーンの夜に… 昨年までは週末にハロウィーン・パーティをやっていたのですが、今年は公募展の締切が重なったり、友人たちの都合がつかなかったり…で中止。やはり本業を大切にしなくてはね。くしくも友人たちと揃ってハロウィーンを卒業…という感じになってしまった今年です。
 ギャラリーの方はちょうど1つ前の作品展が終わり、次の「干支戌+猫」展の準備中。アトリエはその準備でかなり混乱しています。公募展のために作った作品の残りの破片、前の作品展のパンフレット、連休中のワークショップの素材、そして新しく集まってきた作品たち…。
 この状態の収拾つくのかどうか自信はありませんが、とにかく今年最後の展示を無事に開催すべく動き回っています。頂いたハロウィーンの飴を舐めながら…。明日からはもう11月に入るのですね〜。

(「干支戌+猫 2018」展 2017.11.15〜12.9 於:剪画アート&スペース
 
  
Posted by sengaart at 23:23Comments(0)

September 28, 2017

鮮やかなスカーフたち

鮮やかなスカーフたち 久しぶりに日本橋三越へ。パ・ドゥ・パレイユの秋のコレクションが紹介されているのです。1階の婦人雑貨売場はカラフルなスカーフがいっぱい。モノトーン、ピンク、オレンジ、ブルー、ブラウン…秋だけではなく、春もいっぺんに訪れたよう。
 その中でひときわ華やかに映えていたのが細かい格子状の四角を使って美しいグラデーションを描き、その中に花々をあしらったスカーフです。幾何学模様と花柄のコンビネーションも素敵。
 鮮やかな多色刷りはマーブルプリントならではのものです。染料で染められた絹は、色を吸い込むような和紙とは違って、キラキラとした光沢がありました。和紙のマット感は大好きですが、こうしたキラキラした色合いにも魅力を感じます。素材と色について改めて考えた午後でした。  
Posted by sengaart at 22:14Comments(0)

September 20, 2017

水道の蛇口を取り替える

水道の蛇口を取り替える アトリエの流しのところにある水道の蛇口の横のところが少し弱くなって、水が漏れるようになりました。手を洗っていると横から細い水が飛び出して顔の方まで濡らしてしまいます。アトリエができてからもう10年以上経っているので、こういうところも出てくるのですね。
 ビバホームへ蛇口を見にでかけます。どうせ取り替えるのならばヘッドが少しのびてシャワーになるのがいいな…と思いつつ…。いくつか希望する形のものが見つかりましたが、取り替えるためには工事をお願いする必要がありました。
 それで昨夜装着してもらいました。流しのところはアルミでだいぶ汚れているのに、蛇口だけが精悍な感じでピッカピカ。ちょっとミスマッチではありますが…流しの隅まで掃除ができるようになったので、ありがたいです。  
Posted by sengaart at 20:28Comments(0)

August 17, 2017

ピッツァとチャップリンと…

ピッツァとチャップリンと… 友人が日本で一番ピッツアがおいしいというアンティーカ ピッツアリア ダ ミケーレへ…。私がオーダーしたマリネラは大きくて美味〜!パリッと焼き上げられた生地、シンプルながら旨味たっぷりのトマトソース、ガーリックとオリーブオイルのバランスも良くて、じっくりと堪能させて頂きました。
 そのままお茶をしようと恵比寿ガーデンプレイスに足を踏み入れたところ、広場にスクリーンが設置され、人工芝の緑が広がっていました。その上に座ってくつろいでいる人々…。今日はピクニックシネマの開催日だそうです。
 お腹がいっぱいで歩くのもしんどかったので、これ幸いと座り込んで映画を鑑賞。映画はチャップリンの「サーカス」を上映していました。そよぐ風が心地よく、チャップリンの映画は軽快で楽しかったです。
 おいしいピッツアとチャップリンの映画と…ちょっ贅沢な恵比寿の夜を過ごしました。  
Posted by sengaart at 23:50Comments(0)

July 30, 2017

エチオピアン・コーヒーセレモニーでまったりとした午後

エチオピアン・コーヒーセレモニーでまったりとした午後 近くのエチオピアン・コーヒーハウスさんで開催されたコーヒーセレモニーに友人たちと行ってきました。4月に伺ってから2回めです。
 乳香を焚きながらコーヒーをフライパンでゆっくりと炒ると、良い香りが立ち上ってきます。それを木の器に入れてすりこぎで丁寧につぶし、独特の形をしたポットでわかしたお湯の中に入れました。少し置いて火から下ろした後、しばらくコーヒーの粉が落ち着くのを待ち、小さなカップに注ぎます。こうして丁寧に淹れられたコーヒーは極上の味。
 エチオピアでは女の子は8才頃からお母さんにコーヒーの入れ方を習い、14才になる頃には一人前にコーヒーを入れられるようになるのだとか…。このコーヒーセレモニーでおいしいコーヒーを入れることが、女性として一人前と認められることなのだそうです。
 たくさんの質問をし、様々なお話を伺って、エチオピアの文化と共にコーヒーの味と香り楽しんだ午後でした。
   
Posted by sengaart at 23:50Comments(0)

July 25, 2017

暑い夜の交流

暑い夜の交流 空気がたっぷりと湿気を含む暑さの中、葛飾の花火大会のため今日の金町は大混雑。人混みが嫌いな私は花火を横目で見ながら新松戸へ向かいました。
 駅から徒歩8分のところにあるユアコーヒーさんで、地域ネットの交流会。スペシャリティコーヒーを楽しめるお店です。交流会は松戸市内で月1回開催していますが、私は久しぶりに参加させて頂きました。伺う度に新しい出会いがあり、とても楽しい時間をすこさせて頂いています。
 持ち寄ったお料理を囲み、飛び交うのは様々な話題。食べ物のこと、地元の話題、ポロの話、バスク地方の塩について…。
 あっという間に過ごした2時間、金町に帰ってくると花火大会は終わって浴衣の人々が街の中を歩いています。今日はとても暑い日でした。  
Posted by sengaart at 23:37Comments(0)

July 24, 2017

むける…

むける… 最後に海水浴をしたのはいつだか覚えていないくらい…屋外のプールに行くこともそう多くはありません。姪っ子が来ていたので久しぶりにビーチで遊んで、肩、腕、足が真っ赤になりました。なかでもひどかったのは方から腕にかけてです。午前中に数時間だけ、なるべく陽に当たらないようにしていたのですが、泳いだり、歩いたりしているうちにかなり焼けてしまったようです。
 とりあえず日焼けケア用のローションを何度か塗ったものの、しばらくはヒリヒリしていました。そして痛みが治まった頃、表面がぺろりと…。さすがにビラビラとした皮が恥ずかしいので、早くむけ終わって欲しいです。自分でむく気はしないのですけれど…ね。  
Posted by sengaart at 23:34Comments(0)

June 14, 2017

野菜料理とジャズのライブと

野菜料理とジャズのライブと 昨夜は友人とライブを聞きにでかけました。ライブ会場に近いベルマーレカフェで夕食。オリーブやブロッコリーなど野菜料理をオーダーします。ベジタリアンなので…と相談してベジピッツアを頼んでおいたら、フレンチフライもラードではなくベジオイルを使ってくれました。その心遣いに感謝。
 吉田次郎さんのライブはいつもながらお客様が多く、熱気でいっぱい。その熱い演奏とクリスピーな音色に酔いしれました。滅多にライブにはでかけることはないのですが、家の中で仕事をしていると、時にはこうした刺激が必要だなぁ…と改めて思いました。
 野菜料理と友人とのおしゃべりと、ライブの音色と…五感に刺激を受けて楽しんだ夜でした。  
Posted by sengaart at 23:50Comments(0)TrackBack(0)

April 24, 2017

地元オフ会でのひととき

地元オフ会でのひととき 隣町のSNSのオフ会へ出かけました。ここは毎月開催しているのですが、私が参加するのは3〜4回に1回くらい。それでもいつもすっと会に溶け込めるのは、会を主催している方の気配りや、参加する方たちのゆるい繋がりのおかげだと思います。毎回参加している方も、遠くから出かけてくる方も、初めての方も…自然にとけこめる会なのです。
 お店のスペースを借りることが多いため、ご迷惑にならないように2時間できっかりと終わるのも気持ち良いところ。今日はいつになく参加者が多く、しかも地元のお店の方がお料理を持ち込んで下さったため、テーブルの上は超豪華。食べきれずにそれぞれがラップをかけて持ち帰るくらい。これは主婦としては嬉しいですね。
 楽しい話もはずんで、有意義なひとときを過ごしたのでした。  
Posted by sengaart at 23:45Comments(0)TrackBack(0)