May 07, 2024

剪画はがき制作キット季節編

剪画はがき制作キット季節編 剪画アート&スペースでは、気軽に剪画を楽しんでいただけるように「剪画はがき制作キット」を販売しています。今までは月ごとに3つの絵柄をパッケージにしたものを揃えていましたが、春から季節ごとのセットも売り始めました。「春」と「夏」のセットです。
 今までのセットは単色で切り抜いてはがきに貼るものでした。今回のセットでは、花や動物たちを彩色できるように小さな色和紙も入っています。図案は日野さんによるもので、描かれているのは花や動物、金魚など…。どの絵柄も可愛らしいので、絵葉書をお友達に出しても、家に飾っておいても良いかと思います。
 興味のある方はぜひギャラリーでご覧いただければ幸いです。「温泉」展は明日から始まります。

(「温泉」展  2024.5.13〜6.1 於:剪画アート&スペース)  

Posted by sengaart at 21:03Comments(0)

February 19, 2024

さらに大きなカバン

さらに大きなカバン 私はいつも大きなカバンを持っています。マチが少なくフラットで、横長のトートバックがチャックで閉じられるようなもの。カバンを複数持つと、どこかで忘れてしまいそうなので、すべてを1つのバックに入れていまいます。大抵の買い物はこの大きなバックに入ってくれるので便利ですが、時折重すぎて肩に持ち手が食い込み、アザを作ったりすることも…。
 ずっと昔から同じ形のものを使ってきたものの、最近はこの形のものが少なく、しかも唯一あるものは内側のビニール上のものが弱くて、すぐにボロボロになってしまいます。1年おきに買い替えて、3つダメにしてしまったので、代わりになるものを探しました。見つけたのはより大きいボストンバック。ここまで大きくなくても良いのですが、望む大きさのものがなかったのです。
 このごついバックのお陰で、荷物がより重くなるような気もしますが…。  
Posted by sengaart at 21:48Comments(0)

February 14, 2024

壁掛けカレンダー

壁掛けカレンダー 私の作業部屋に、カレンダーが1つ増えました。先日伺った古河博章さんの個展で購入してきたものです。A4サイズの淡い色が印刷された紙に、はがきサイズの絵が掛けられるようになっていて、下半分は日付部分も取り替えて使います。
 台紙自体が2枚セットで、縦でも横でも好きなポーションの作品が入れられます。今のところは、樹が風にあおられている絵を装着。作品展で一番気に入った絵で、色がとても綺麗なのです。
 絵葉書やカレンダーなどこうしたグッズを作るのは、アーティストにとってなかなか楽しいもの。もちろんをの絵を気に入った人にとっても…。そのため、作品展を見に行って少し工夫がされているものがあると思わず買ってしまいますね。  
Posted by sengaart at 20:24Comments(0)

November 20, 2023

卓上カレンダーの箱詰め

卓上カレンダーの箱詰め 毎年年末に作っているポストカードサイズの卓上カレンダーを箱詰めしています。いくつかはすでに箱に入れてセットしましたが、まだ半分以上はバラバラのまま…。12ヶ月分をソートしてプラスチックの箱に詰める作業は少しずつ進めています。
 今年は暑い日が続くうちにいつの間にか干支展が始まってしまった…という感じで、いまひとつカレンダーの時期だという実感が湧きません。カレンダーの絵柄にも雪の風景がなく、花も少なく、そして青い空が多くなってしまいました。コロナ禍の時ほど公園に出かけて写真を撮る機会が少なかったせいかも知れません。
 そういった毎年の状況を反映する剪画カレンダー。ギャラリーにおいてありますので、ぜひ手にとって見て下さいね。  
Posted by sengaart at 21:07Comments(0)

November 07, 2023

年賀状のサンプル作り

年賀状のサンプル作り 今年も年賀状制作キットを準備しています。来年の干支は龍なので、小さな年賀状の面積にうまく龍を入れるのは難しいのですが…作家さんたちは色々と工夫をして図案を起こしてくれました。
 龍は架空の動物なので青でも緑でも赤でも良い感じです。ただし、青か緑を使った場合は、文字を赤にした方が年賀状らしくなります。少しずつ色を変えて制作してみるのも楽しかったです。
 3種類の図案と剪画用の和紙をセットにした2024年年賀用の剪画はがき制作キットは、11月15日から始まる「干支2024辰+縁起物+クリスマス」展で販売予定です。気になる方はぜひ遊びにいらしてくださいね。

(「干支2024辰+縁起物+クリスマス」展  2023.11.15〜12.9 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 22:23Comments(0)

September 02, 2023

いまさらですが…ウチワ制作

いまさらですが…ウチワ制作 相変わらずの暑さ…とはいうものの、すでに9月になっています。そんな時期にうちわの注文をいただきました。以前うちわをギャラリーで展示していただいた時、近くのコーヒーハウスさんにご購入いただきました。それをお店に置いておくと、時折そのうちわを欲しいというオーダーがあるそうです。
 水色のウチワはなかったので、雲龍紙を貼って土台を作成。いくつか手元にあった切り抜きを貼り付けます。色紙と違って少しオウトツのあるウチワは丁寧に貼り付ける必要があります。色合いを考えながらレイアウトして3枚のウチワが完成しました。
 まだ少し続きそうな暑さを剪画ウチワと共に楽しんでいただければ幸いです。  
Posted by sengaart at 20:52Comments(0)

June 09, 2023

動物の塗り絵

動物の塗り絵 バンクーバーのミュージアムショップで見つけて買ってきた本です。アメリカの北西海岸の先住民族が描いた動物の姿。ちょっと幾何学的な感じがして、独特の愛嬌があって、何とも魅力的です。
 中のページは、塗り絵。人間を始めとしてクマ、オオカミ、タコ、カメ、イーグル、ハクチョウなど、彼らがと共に生きていた動物たちが並んでいます。もちろん好きな色に塗れば良いのでしょうけれど、背表紙には色のサンプルがあり、これがまたカラフルで楽しいです。
 こんな風に大胆にデフォルメしながら動物が描けたら楽しいな…と思わせてくれるような独特な形。24ページしかありませんが、色々と想像を掻き立ててくれる塗り絵でした。  
Posted by sengaart at 22:58Comments(0)

March 12, 2023

井戸とマルテニッツァ

井戸とマルテニッツァ ブルガリアから「ふわふわ」展の出展作品が届きました。いっしょに箱に入っていたのは、小さなマルテニツァ。昨年も身につけるための小さなマルテニツァと少し大きめのものを頂いたのですが、今回のは、小さなジオラマのようになっています。緑の草やピンクの花が咲いている野にあるの小さな井戸。その両側にカップルの人形が配されてとてもキュート!井戸は日本にもありそうな感じで、ちょっと親しみを感じました。
 ブルガリアでは3月1日は春の始まりをお祝いする祝日だそうです。小さなマルテニツァを贈り合って身につけるという習慣があるとのこと。とても可愛らしいし、毛糸でできていてちょっと「ふわふわ」しているので、ギャラリーの展示の時に飾りたいと思っています。

(「ふわふわ」展 2023.3.22〜4.8 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 21:05Comments(0)

February 20, 2023

インドのカードと封筒と

インドのカードと封筒と 今回の整理で、引き出しの中にあった古い書類や資料を捨てました。その中にあったのがインドの封筒やカード。自分で行った時に買ったものなら、数十年も前のものですし、もらったものだとしてもかなり古いものです。
 でもやっぱりインドのデザインは好きなので捨てられそうにありません。ちょっと剪画っぽいデザインもありますし…。色彩も普段自分では使わない色合いなので、かえって惹かれるものがあります。
 使う機会があるかな…と考えてはみるのですが、近頃ますます手紙や封筒を使わなくなっていることを改めて感じました。時折眺めて楽しむのも良いかも知れませんね。  
Posted by sengaart at 22:33Comments(0)

February 14, 2023

オーブンとピッツアと

オーブンとピッツアと 使い始めて17年とちょっと。あまりレンジの調子が良くなかったので、レンジとオーブンを取り替えました。同じメーカーのものなのでそれほど使いでが変わる訳ではないのですが、それでも少しずつ機能は進化しているようです。
 …と言ってもそれほど細かい機能を使う訳でもなく、以前と同じようにしか使えません。週末にはその調子を見るために、ピッツアを焼いてもらいました。全粒粉、薄力粉、強力粉を混ぜて生地を練り、ソーズ野菜をたっぷり乗せてオーブンに投入。数分間焼いたら完成です。いつも通り美味。
 ちなみに生地にヨーグルトを乗せてシンプルに焼いただけの小さなピッツアは、妹の愛犬グリのものです。彼が一番真剣に食べていました。  
Posted by sengaart at 22:48Comments(0)

February 10, 2023

コーラペンを作ってみる

コーラペンを作ってみる 前回のクリエィティブミーティングでは、ジャンネッタさんにもらったコーラペンを使ってみました。さまざまな太さの線が描けるこのペンは、コントロールしにくいのも魅力のひとつです。
 コーラの缶を切って作る…と聞いたので、試しにビールの缶をハサミで切り抜いて作ってみました。思いつくままに切ったら、あまり書きやすくないペンができてしまいましたが、少しつぶして描いたら、少し安定しました。
 わりと簡単にできるので、いろいろな形を試して見るのも面白いかも知れません。缶を切り抜く角度によっては、ペン先が紙を痛めてしまったりもするので、描くのに適した紙を見つける必要もありそうです。
 次回は色を使って描いてみたいと思っています。  
Posted by sengaart at 22:10Comments(0)

January 22, 2023

ラップトップ・スタンド

ラップトップ・スタンド 10年以上前に、モントリオールの本屋さんで、ラップトップ・コンピューターを膝の上に置く時にその台にするものを見つけました。下側がそばがらの枕のように変形して、自分の膝にフィットするようにできています。
 その時に買おうかどうか迷ったのですが、使うかどうかわからなかったので購入せずに帰ってきました。が、後日妹が、プレゼントしてくれたのです。それからしばらく使っていたものの、膝の上に熱がこもるので、暑くなる頃にどこかにしまってそのままになっていました。
 昨日部屋を片付けていて見つけ、ひさしぶりに使用。台の高さがちょうど良い感じでした。以前よりも絨毯の上に直接座って作業をすることが多いので、使用機会が多い気もします。10年使わなければもう使わない…とよく言いますが、必ずしもそうとは限らないようですね。  
Posted by sengaart at 21:47Comments(0)

January 19, 2023

エンボスカード

エンボスカード 色々と片付けものをしていたら、サンディエゴの手芸店で買った小さなエンボスマシンが出てきました。小さなカードを作る時に活躍してくれるのですが、最近はカードなども使わないのであまり出番がなかったのです。一緒に購入した様々な色の紙もたくさんあったので、この紙を処分しようか迷いました。
 そこにいた日野さんがお花屋さんで使うカードを制作。小さなカードなので、次々と完成していきます。写真だとエンボスの凸凹が見えにくいのですが、2色の紙を組み合わせて、とても良い感じに仕上がっていました。
 また制作するかも知れないとのことなので、このマシンと紙はセットにして保存しておこうかな…と思ったのでした。なかなか片付かないですね〜。  
Posted by sengaart at 22:17Comments(0)

November 26, 2022

卓上カレンダーの箱入れ

卓上カレンダーの箱入れ 印刷されてきた2023年の卓上カレンダーを順番に並べてプラスチックの箱に入れます。作品展が始まる前にすでに何セットか作りましたが、残りも作っておかなくては…。
 毎年制作しているこのカレンダーは、出かけた先で撮った風景写真に、教室用の剪画の図案をコンピューターでコラージュして制作。ここ数年は旅行に出かけることがほぼできず、使っている写真は、ほとんどが水元公園のものです。そうしたことも含めて、前の年のまとめにもなり、制作するのが楽しくもあります。
 カレンダーを袋に入れながら、この1年も早かったなぁ…と振り返ったりするのでした。  
Posted by sengaart at 22:01Comments(0)

October 22, 2022

ギャラリーに漂うコットンの香り

ギャラリーに漂うコットンの香り 現在の作品展「私の道」の会場に流している映像の音楽を担当している阿久津さんに頂いたリードデフューザーです。瓶の中にコットンの香りがする芳香液が入っていて、瓶に突き刺してある木のスティックを伝わって部屋の中に香りが拡散します。
 MOUMOU(ムームー)という名前のシリーズは、コットン、シルク、リネン、ウールなど天然のファブリックの香りを表現しているそうです。コットンの香りってどんな感じだろう…?と思いつつ、近くで嗅いでみると少し甘い感じの優しい香りでした。そして部屋の中に広がってしばらく経つと、かすかに墨の香りに似たナチュラルなアロマを感じます。強い香りではないので、その日の空気感や体調で感じ方が変わるのかも知れません。
 そんな自然な感じが今回のテーマにピッタリ。剪画とともに、この香りも楽しんでいただければ幸いです。

(「私の道」展 2022.10.12〜10.29 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 23:36Comments(0)

September 23, 2022

キャプテン翼サブレ

キャプテン翼サブレ お土産に頂いたキャプテン翼サブレ。ちゃんと箱にも中袋にもキャラクターが印刷されています。そしてサブレそのものは、サッカーボールの形。両さんどら焼きがあるのは知っていましたが、キャプテン翼はサブレなのですね。
 それにしても、勝利のゴールはまだしも、シュート!する美味しさってなんだろう?卵が入っているので、私自身は食べられませんが、家族に食べてもらったら、それなりに美味しかったそうです。
 葛飾土産になります〜…って誰に?  
Posted by sengaart at 21:28Comments(0)

August 19, 2022

額の値上がり

額の値上がり 色紙用の額が壁から落ちて日々が入ってしまいました。展示中は替えがなかったので接着剤で応急処置をしましたが、展示が終わって良く見てみると、やはり修復して使うのはむずかしそうです。同じものを探してみると、ここ一年でかなり価格が上がっていることがわかりました。
 テレビのニュースを見ていても、日本だけではなく海外も様々なものが値上がりしています。日常に使うものは、もちろん一番生活への影響が大きいのですが、必需品ではないものの値上がると、買うのを諦めざるを得ない…ということになってしまいます。
 額はギャラリーにとって必需品ですが、妥協できる余地のあるものでもあります。壊れた額を見ながら、ひ物価の上昇について考えたひとときでした。  
Posted by sengaart at 23:32Comments(0)

June 02, 2022

香木のかおり 紫紅梅

香木のかおり 紫紅梅 ギャラリーのお客様からお線香をいただきました。お線香と言っても仏様用に焚くものではなく、練香の香りをお線香の形に仕上げたものです。材料はすべて天然の香りを使っているので、とても良い香りがしますが、焚いた後部屋に残らずにすっきりと消えていきます。
 家でお線香を焚いたことがないので、蚊取り線香用のものしかなく、ネットで探して一番シンプルなものを購入しました。お線香に火をつけて、しばらくその柔らかい香りを楽しみます。仕事が終わった後にちょっと使うと、リラックスできる感じ。普段の生活にちょっとした香りを取り入れるのもいいものですね〜。  
Posted by sengaart at 23:33Comments(0)

May 10, 2022

グリーティングカードを作る

グリーティングカードを作る いつもポストカードを購入してくださるギャラリーのお客様からグリーティングカードのリクエストがありました。以前レーザーカッターを使ったカードを作ったのですが、オーダーして切ってもらうのですぐに補充ができないし、新しいデザインを起こすのも時間がかかります。
 そこで今回はインクジェットプリンターでプリントアウトして作ってみました。その時々の季節に合った絵柄を選んで作れますし、必要な数だけ作って補充もできます。とりあえず数枚作って、お客様の感想を伺うことにしました。今月の絵柄は菖蒲と紫陽花、カーネーションとバラです。
 封筒は以前から使っているトレーシングペーパーのものを利用。絵柄が透けてしまうのが気になる方には白い封筒と交換することもできます。最近、カードを使う方は少ないとは思うのですが、季節に合わせて時折作ってみたいと思っています。  
Posted by sengaart at 21:03Comments(0)

January 13, 2022

美しい文箱

美しい文箱 ブルガリアのアニーさんから届いた荷物の中に、美しい木の箱がありました。表面に繊細な模様が彫刻され、彩色も施されています。その幾何学的な図柄に合ったオレンジと深い緑の色合いがとても素敵。
 蓋を開けると中には箱を一回り小さくしたようなノートと、羽がついたペン、インク壺が入っていました。以前住んでいたお寺にも硯や墨、小筆が入った文箱が置いてありましたが、ちょうどそんな感じです。ちょっと雰囲気が似ているので懐かしくなりました。
 そして蓋にはメッセージが彫り込まれていました。こうしたオリジナルな贈り物をいただくのは本当に嬉しいです。今年はカリグラフィーをテーマにした作品展があるので、この道具が使えたらいいな…と思いながら、美しい文箱に見惚れるのでした。  
Posted by sengaart at 22:02Comments(0)

December 26, 2021

ミトン・マイクロティッシュ・ミックスナッツ…

211226ミトン・マイクロティッシュ・ミックスナッツ…

 一応クリスマスにはプレゼント交換。…と言ってもアメリカで行われるような力の入ったものではなく、小さなものです。
 私がもらったのは調理用ミトンや、多目的に使えるマイクロティッシュ、白トリュフ塩を使ったナッツ、アロマキャンドルなどなど…。家族間のやりとりは現実的で、そこが楽しくもあります。私が渡したのもチョコボンボンや、小さなキッチン用品、ごませんべなど、自分ではわざわざ買わないけれど、身近なものばかり。ほとんどが消耗品でした。
 現実的なクリスマスが終わって次はお正月。あっという間に一年が過ぎていきますね〜。  
Posted by sengaart at 21:47Comments(0)

December 05, 2021

因州和紙に触れる

因州和紙に触れる とっとり・おかやま新橋館の2階で開催されていた「ART×InsyuWASHI」展へ。あまり時間がなかったため、駆け足で見せていただきました。藍染の和紙や、和紙にプリントされた写真、色和紙…。会場で和紙のことや、藍染のお話を伺えたのも良かったです。
 以前は毎年鳥取に行って和紙を購入してきたのですが、ここ2年はコロナ禍もあって行っていません。会場で様々な和紙に触れることができるのは、新たな刺激となりました。素材に触れるということは、作り手にとってとても大事なことなのです。
 和紙で作った作品に触れさせてもらったり、お話を伺ったり…来年の作品展へのヒントもいくつか得て、とても有意義な時間となりました。  
Posted by sengaart at 22:02Comments(0)

November 15, 2021

2022年の卓上カレンダー

2022年の卓上カレンダー 今年も卓上カレンダーを制作しました。教室で使った図案と風景写真をコラージュしたものです。以前は旅行先で撮影した写真を使っていましたが、今年は全く出かけられなかったため、すべての写真は水元公園で撮影しています。
 空のスペースが大きい写真を多く使ったので、全部を広げると青っぽい感じに。例年よりもお散歩の頻度が高かったのは幸いでした。花々や草木がはっきりと撮影されている写真は、かなりぼかして使用。写真として物足りない感じの風景でも、剪画の図柄と合わせるとちょうどよい感じになります。
 今年最後の作品展「干支2022寅+縁起物+クリスマス」に置けるよう、箱への詰め込み作業を急いで行いました。年末がバタバタと忙しくなるのは、こうした作業が多くなるからだと思います。

(「干支2022寅+縁起物+クリスマス」展 2021. 11.17〜12.11 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 21:09Comments(0)

November 05, 2021

A3サイズのカレンダー

A3サイズのカレンダー 毎年教室用にカレンダーの台紙を制作しています。うちの教室ではほとんど1枚の作品を貼り付ける型を活用しているのですが、小さな作品を6枚貼り付ける型もなかなかの人気です。
 先日作家のまるぽさんが来て来年の干支寅をモチーフにしたカレンダーを制作しました。次回の作品展「干支2022寅+縁起物+クリスマス」への出展作品を使ったものです。オリジナル作品はギャラリーに展示しますが、プリントアウトしたものを貼り付けた作品も色が鮮やかでとても良い感じ。キュートな虎さんが楽しげに日々を過ごしている様子が描かれています。
 このコピー版は作品展中にギャラリーで1200円で販売する予定です。ぜひ手に取ってご覧くださいね。

(「干支2022寅+縁起物+クリスマス」出展作品 2021. 11.17〜12.11 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 23:21Comments(0)

September 29, 2021

石塚まみさんのCDが届く

石塚まみさんのCDが届く 次回の作品展「あの頃の歌」は、それぞれの作者が感じる懐かしい歌をテーマにした剪画展です。今回は音楽とコラボ。赤とんぼや旅愁、そしてオリジナルの四季の歌をピアノと歌声で演奏している石塚まみさんの音楽に乗せて、剪画作品をつないた動画を会場で流します。動画を編集するのは剪画作家の一人まるぽさんです。
 今日、その石塚さんのCD「フォーシーズンズ」が届きました。石塚さんのピアノは美しい旋律を奏で、歌声は優しく澄んでいます。懐かしい歌にはピッタリな音色。思わず作業していた手を止めて聞き入ってしまいました。どんな風にこの音楽と剪画のコラボが完成するかとても楽しみです。
 コラボ動画は会場で見ることができますし、CDも置きますのでご興味のある方は是非手にとってご覧ください。作品展は10月6日から始まります。

(「あの頃の歌」展 2021. 10.6〜10.23 於:剪画アート&スペース
  
Posted by sengaart at 23:58Comments(0)