February 26, 2021

ワークショップ用サンプルを再度作る

ワークショップ用サンプルを再度作る 友人が鳥取でワークショップを開催するということで、サンプルを作成。図案を送る時に同封しようと思ったのです。梅の花の色紙を見て作る計画でしたが、開催時期が3月なので梅よりも後に咲く花々にしました。
 ワークショップはちぎり絵を使っての彩色をする予定。そのため前回作らなかったちぎり絵彩色で見本を完成させました。ちぎった和紙を丁寧に花の中に入れてゆく彩色も楽しいのですが、シンプルに四角にちぎって背景に置くほうが個人的には好きです。ちぎり絵の他に多色染めの和紙を使ったものも1つ作りました。
 ワークショップ参加者の方々がどんな風に完成させてくれるか、楽しみです。  

Posted by sengaart at 21:13Comments(0)

February 17, 2021

教室と制作時間

教室と制作時間 午前中の教室は10時から12時まで開催されますが、午後のグループレッスンはたいていその月の色紙作品が完成するまで行っています。早ければ2時間くらいでできあがりますが、図案の構成や、彩色にかける時間などで5時間くらいかかることも…。
 2月のテーマは春の花々。この作品は切り抜く花の数を少なくしたり、中に彩色をしないで輪郭線だけで仕上げれば比較的早く完成させることができます。時間をかければ、繊細な作品が完成しますが、短い時間でもセンスの良いものが仕上がることもあるのです。
 今日の教室では、皆さん、要領よく春らしい作品を完成させていました。部分的にする彩色もなかなか良い感じ。グループレッスンでは仕上がりの時間がばらつくこともありますが、そのあたりを調節できるのも助かります。教室としてはじっくり仕上げていただきたいけれど、それぞれに時間の成約もある…教室と制作時間はわりと重要なポイントなのでした。  
Posted by sengaart at 23:37Comments(0)

February 16, 2021

Webカメラとスタンド

Webカメラとスタンド 先日Zoomを使って交換レッスンをするためにWebカメラを購入。これはこれで便利だったのですが、画面の向こう側では、友人がカメラスタンドを使ってカメラを固定していました。上から映した画像はとても見やすかったです。
 私の方はオンラインレッスンをする予定は全くないものの、ちょっと気になってスタンドを買ってみました。次回の交換レッスンで役に立つのではないかと思って…。安いものを購入したので台座が少し軽くて重しが必要だったり、アームの長さが思ったほど長くなくて苦労しましたが、何とか設置完了。ちょうどオンラインの取材があったので早速活用しました。
 2つのカメラを切り替えながら話すと良い感じ。会話もできるし、手元も見てもらうことができます。ちょっとWebレッスンをしてみたくなりますね〜。  
Posted by sengaart at 21:46Comments(0)

February 08, 2021

教室と作品の仕上がりと…

教室と作品の仕上がりと… いつも3〜5名のグループで教室に参加してくださる方たち。とても意欲的で様々なアレンジを加えながら作品を制作して下さいます。今日の作品が仕上がった後、作品を並べて撮影。毎回こうして写真を撮った後、共通のお友達に見せて、誰がどの作品を作ったか当ててもらうのだそうです。
 それぞれに色の使い方やアレンジの仕方が個性的なので、正解されることも多いとのこと。それでも皆さん工夫して作品を仕上げているので、お友達が間違うこともあるそうです。今日は2名の方が春の作品を制作し、1名の方が、家で描いてきた図案を元にオリジナルを作成、そしてもう1人は図案集から七福神の作品を作りました。
 仕上がった色紙をお互いに比べるのも励みになりますが、さらにそれを鑑賞してくださる方がいる…というのは、さらに楽しそう。剪画を中心にしたこうした輪は大切にしたいですね。  
Posted by sengaart at 22:53Comments(0)

February 05, 2021

2月の教室:花々

2月の教室:花々 1月、2月の教室のテーマはいつも迷います。春には少し寒いし、冬らしい絵柄は寂しげだし…。それでも今年は少し暖かいので、教室用の絵も春の花々を描いてしまうことにしました。
 教室には比較的初心者に近い生徒さんと、かなりのベテランの方と両方いらっしゃるので、切り抜く描く花の数を調節できるように9つの花を描きます。花はかなりシンプルに、しかも輪郭を太めに描いたので、きちっと色を入れすぎないように彩色方法を考えました。
 花々を全部を並べたものが思ったほど映えず、少ない方が今の季節らしい仕上がりになったような気がします。クラスでは、生徒さんたちがそれぞれに好みの色を使って制作してくれることでしょう。  
Posted by sengaart at 23:06Comments(0)

February 04, 2021

緑の破片たち

緑の破片たち 剪画アート&スペースのアトリエで開催している教室用に、赤、緑、青などプラスチックのケースに色別の和紙が入れてあります。生徒さんたちが作品を彩色する時はこのケースの中から好きな色を取り出して使っていただいています。
 細部の彩色に使えるので、小さな破片もケースの中に戻して保存していました。が、それが段々たまってきて箱いっぱいに…。下の方にある和紙の色が見えないし、小さすぎる破片は使わない可能性もあるので、少し整理しました。
 緑は、本当に様々な色があります。深い色から浅い緑、黄色がかったものや青っぽいもの。(黄緑色の箱はまた別にあります。)どれを捨てたら良いのか迷い、結局本当に小さなものだけを捨てて、あとはまたケースに戻すことになりました。
 他の色も整理しなくてはいけないのですけれど…また別の日に。  
Posted by sengaart at 23:17Comments(0)

February 02, 2021

いろいろな方法で…

いろいろな方法で… 前回の非常事態宣言の時はカルチャー教室もお休みになりましたが、今回は対策もわかってきたので教室は通常通り運営されています。
 今日のカルチャーの生徒さんのうちお一人は、オンライン参加。…と言ってもTeamsやZoomではなく、LINEで移しながら会話をする感じですが…。私の方ではオンラインでの授業も考えているものの、生徒さんたちにはまだハードルが高いようです。それでもLINEを利用している方は結構いらっしるので、使いなれたソフトならば心理的な障壁も低いのではないかと思いました。
 プリントを見ていただきながら説明したり、制作途中の作品を見せていただいてアドバイスしたり…。もちろんアイディア出しのためには、雑談も大事です。オンラインクラスを最初から開催するのは難しそうですが、必要に応じてオンラインを取り入れていくのは可能なことがわかりました。
 まだもう少しかかりそうなこの事態。無理のない範囲で色々試してみたいと思っています。  
Posted by sengaart at 21:57Comments(0)

February 01, 2021

ちぎり絵彩色

ちぎり絵彩色 今日はシニアの教室がありました。広い室内で、一つの机に座るのはお一人。万全の注意をしながらの開催です。
 久しぶりに梅と椿の絵柄を制作しました。一昨年万葉集をテーマに作品展を開催した際、ワークショップ用の作品も作家さんたちにお願いして作ってもらったものです。輪郭を黒い和紙から切り抜いた後、色和紙をちぎって色紙に貼っていきます。糊を使うので指が少し汚れるものの、彩色に修正がきき、仕上がりに独特の情感が出るので、とても人気のあるワークショップです。
 今日の生徒さんたちは椿を選んだ方が多く、それぞれ鮮やかに仕上げて下さいました。まだ寒さは続いていますが、春に向かっていくこの時期、是非お部屋に飾っていただきたいですね。  
Posted by sengaart at 21:27Comments(0)

January 19, 2021

カトレアの色違い

カトレアの色違い 先日教室用作品のカトレアのサンプルを作ったのですが。黄緑色の輪郭と背景の水色が両方とも柔らかい色だったため、少しボケた感じの仕上がりになってしまいました。気になっていたので、もう1点を制作。今回は白い和紙を輪郭用にしてカトレアの色を入れていきます。
 少し色味が違いますがカトレア自体は同じような感じの色合いです。ただ背景に使った色が紫がかった茶色で、かなり深い色だったので、貼り付けるとカッチリとした印象になりました。
 実はこの背景の色紙、先日手に入ったクレープ紙を利用したものなのです。表面が平板ではなく、横にシワ入っているので、質感があって良い感じ。前回作ったカトレアとは雰囲気がだいぶ変わりました。シンプルな絵柄は、何種類課作ってみた方が比較ができて面白いです。  
Posted by sengaart at 22:29Comments(0)

January 14, 2021

1月の教室:カトレア

1月の教室:カトレア そろそろ1年になるコロナ禍。3月〜5月はカルチャー教室はお休みでしたが、今回の非常事態宣言下では、できる限りの対策を取りながら開催しています。剪画アート&スペースでの教室は生徒さん次第。もともとグループレッスンは3〜6名程度で密にはならないものの、寒い時期でもありますので、グループ毎のご希望に応じて開催したり、お休みしたりしています。
 1月のテーマはカトレア。冬景色にしようかとも考えたのですが、何となく逼迫感があるこの時期、あまり寒そうな絵柄よりも、季節に関係なく楽しめる花の方が良いかな…と思ったのです。今日のクラスの方は、それぞれにアレンジを加えるので、完成の絵柄が全く違ってきます。皆さん、かなり集中して制作を楽しまれていたようでした。
 コロナ禍での教室。気をつけながらソロソロと開催しています。  
Posted by sengaart at 22:44Comments(0)

December 23, 2020

今年の教室は終了です

今年の教室は終了です 今日の午後はグループレッスンで、今年最後の教室でした。年末はカレンダーを作ったり、ステンシルで年賀状の版画をしたり…同じ教室でもやることが少しずつ違っています。今日のクラスでは、クリスマスのための作品を作る方とお正月の飾りを作る方とに別れました。それぞれに無事完成し、新しい年を迎えることができそうです。
 今年はコロナ禍のおかげで教室も様々な制約を受けました。一時期はお休みになったクラスもあります。が、この状況が長引くに従って、それぞれに注意をしながら活動をするようになりました。もともと少人数制のクラスなので、遠くにでかけたり食事をしたりするよりは、マスクをしながら制作をし、時おり会話をする方がリスクも少ないためです。窓は常に開けて、毎回教室の前には消毒…などいくつかの必須事項はあるものの、おおむねいつもどおりのクラスを開催しています。
 まだまだ先は長そうなこの状況。制作をする…ということは心のゆとりにも繋がります。来年も気をつけながら活動を続けたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。  
Posted by sengaart at 20:04Comments(0)

December 10, 2020

12月の教室:エンジェル

 12月の教室:エンジェル 12月の教室はクリスマスの絵柄。今年はエンジェルの剪画を作ることにしました。私にしてはめずらしく2つ折りにして切り抜き、広げる方法をとります。エンジェルなので白い和紙を使い、装飾的な衣装を着せて羽を付けました。クリスマスツリーやロウソク、雪の結晶なども同時に制作。ツリーとエンジェルを重ねて台紙に貼ろううと思っていたのですが、両方を貼り付けると画面がゴチャゴチャしてしまいそう…。別々の色紙に貼った方がすっきりと仕上がりました。
 今日の教室では、生徒さんたちはたくさんの紙を切り抜いて、切り抜いたものがギッシリと画面を覆うような作品を作ってくれました。とてもにぎやかで、楽しいクリスマスになりそうです。  
Posted by sengaart at 23:08Comments(0)

November 06, 2020

来年の卓上カレンダー

来年の卓上カレンダー 毎年制作しているハガキサイズのカレンダーの印刷が上がってきました。届いたものは、順番に並べてプラスチックケースに入れ、袋詰。この作業は少し時間がかかるので、一気にやらずにこれからボチボチとやるつもりでいます。
 昨年までは主に旅行先で撮影した風景写真と教室で使った剪画の図案をコンピューター上で合成して画像を制作していました。が、今年はほとんど旅行をしていないので、すぐ近くの水元公園の写真を使ったものが多いです。絵柄の方も今年の教室で使ったものを中心に使用。そのため、このカレンダーを制見ていると、私にとって今年がどんな年だったか、あらためて思い返すことになります。
 カレンダーは18日から始まる「干支2021丑+縁起物+クリスマス」展の会場にも置くつもりです。興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね。  
Posted by sengaart at 23:11Comments(0)

November 04, 2020

丑のステンシル年賀状

丑のステンシル年賀状 11月の教室では年賀状を作る方が多いので、ステンシルを使ったサンプルを作りました。最近は全体的に年賀状の枚数を減らす傾向があって、直接剪画をハガキに貼る方も増えています。が、たくさん年賀状を出す方は、やはりステンシルの方が有効なのです。
 図案は3種類。カレンダー用に制作した丑の絵を、シンプルにアレンジしました。このうち2つの図柄は2枚の版で作れますが、一番多くの色を使う松竹梅が付いた丑の絵柄は3版必要です。プリントするには、少し時間がかかってしまうかも知れません。
 淡い色が表現できるステンシルの年賀状は、剪画と雰囲気が全く違います。それだけに少しずつ色を入れてゆく作業はちょっと新鮮な感じがして楽しかったです。年賀ハガキも売り出されましたし…この作業を行うと、年末が近づいてくる気がしますね〜。  
Posted by sengaart at 22:37Comments(0)

October 09, 2020

10月の教室:カレンダー

10月の教室:カレンダー 10月になると剪画教室はカレンダー制作。11月には年賀状を作る方が多いので、その前に来年のカレンダーを完成させるのです。
 来年は午年なので、牛にまつわる絵を3種類の絵を準備しました。今日の生徒さんたちはその中でも一番勇ましい雄牛の柄を選び、制作にかかります。小さめの牛を2匹並べたり、少し拡大した牛を中心に据えたり…レイアウトを考え、それぞれに好きな色和紙を選んでカッティングしました。このクラスはアレンジ意欲がとても旺盛なのです。
 剪画の方を仕上げたら、カレンダー台紙を選んで接着。どの牛さんもとても強そう。今年はあまりすっきりとしない1年でしたが、来年は活動的な年になりますように〜!  
Posted by sengaart at 20:49Comments(0)

October 04, 2020

制作キットと年賀状ワークショップ

制作キットと年賀状ワークショップ 年末の教室ではカレンダーや年賀状を制作します。生徒さんの中には年に1回だけ年賀状を作りにいらっしゃる方も…。今週は早くも年賀状を準備したいという方がお越し下さいました。
 「剪画はがき制作キット:干支」の中から気に入った図案のセットを選び、何枚作るかを計算して材料を追加購入。この方は40枚近く作られるので、今から準備したいそうです。色合いはシンプルに、赤・緑・茶色に黄色を加えるとのことでした。
 私の方でサンプルとして作ったのは、単色で切って貼れば完成するもの、中の花の部分や牛の顔の部分に色を入れるタイプのもの、ぼかし染めの和紙を使ってちょっと大人っぽい感じに仕上げるもの。たくさん作る人は切って貼るだけのものが良さそうです。
 この年賀状は教室で作っていただくだけではなく、「剪画はがき制作キット」としてパッケージを販売予定。ショッピングサイトも近々公開予定なので、是非ご活用下さい。  
Posted by sengaart at 21:06Comments(0)

September 30, 2020

うし・牛・丑

うし・牛・丑 剪画はがき制作キットの図案を使用してサンプル制作中。来週はじめには早くもワークショップを開催するので、一番作りやすそうなシンプルな図案を選んでカットしました。
 制作キット自体のサンプルと、初心者用のワークショップに使う見本と、教室で希望者に作ってもらうための作品と…。どれも図案は同じですが、どこまで手をかけて色を入れるかで多少見た目が違ってきます。
 3枚重ね切りしたので、カッターマットの上は牛がいっぱい。文字と組み合わせてはがきに貼れば年賀状らしくなってきます。来年の丑年はいいことがたくさんあるといいですねぇ〜。  
Posted by sengaart at 23:11Comments(0)

September 26, 2020

剪画はがき制作キット・干支編 制作中

剪画はがき制作キット・干支編 制作中 前回の作品展で会場での販売を始めた「剪画はがき制作キット」。時節柄、次回の作品展では「干支シリーズ」も追加販売すべく準備中です。年賀状のためのデザインは前回のキットの時に同時に墓中したので、21枚のものが揃っています。それを3枚ずつの下絵に分けて7種類のセットを作りました。
 あとはそれぞれのセットに似合いそうな色和紙を選びセットする作業。今回は年賀状用なので、同封するハガキをシンプルにし、その分熱和紙を1枚増やして、「賀正」「初春」などの文字の図案も追加しました。
 まだ実際にどんなものができるのか…というサンプルができていないので、これからいくつか作例を制作しようと思っています。  
Posted by sengaart at 21:04Comments(0)

September 23, 2020

9月の教室:キノコ

9月の教室:キノコ 9月の教室用のテーマはキノコ。毒キノコのような鮮やかなキノコが森の中に生えているものと、輪郭線でパターンを描いたテキスタイルの柄のようなもの2種類を作りました。が、後者の方は少しサンプルの色が地味過ぎたのか、今までに選んだ生徒さんは1名だけ。ほとんどの生徒さんは鮮やかな色合いの毒キノコの方を制作しています。
 キノコだけではなく紅葉もあるので、色を入れるのに少し時間がかかります。その分色の取り合わせでカラフルに仕上げることも…。ある教室では、キノコだけでは寂しいということで、リスも画面の中に追加して楽しそうな絵柄に仕上げていました。
 今年は湿気が多いせいか、各地でキノコが異常発生しているようです。実物のキノコには気をつけて下さいね〜。  
Posted by sengaart at 20:39Comments(0)

September 14, 2020

A3カレンダー台紙の発送

A3カレンダー台紙の発送 毎年制作しているA3サイズのカレンダー台紙。9月の初めにお知らせを出したところ、少しずつ注文が入っています。
 もともとは教室で剪画を貼るために作って、剪画アート&スペースはもちろん、友人たちの剪画教室でも使って頂いていました。それがいつの頃からか、剪画よりも押し花の教室の方からオーダーが多く入っています。今年オーダーして下さったのも毎年の常連のお客様。9月に入るとそろそろカレンダーの準備に入るようです。
 A3でフラットにした状態で到着するように、ダンボールで梱包。お送りする枚数が多ければ箱がしっかりするので問題ありませんが、枚数によってはダンボールのほうが厚くなることも…。今年もあちらこちらで制作されるであろう素敵なカレンダーを思い描きながら発送する作業は、なかなか楽しいです。  
Posted by sengaart at 21:35Comments(0)

September 08, 2020

色紙をファイルに収める

色紙をファイルに収める 毎月のグループレッスンは色紙作品を制作することが多いです。大きさ的にも数時間で完成させやすいし、台紙の色が色々と揃っているのも使いやすい点です。
 通常はその月の作品を作るので、今月と前月の作品を出しておけばだいたい間に合います。ここ数年で制作した作品は色紙用の箱に入れて保存し、必要があった時だけ取り出して生徒さんに見せていました。が、その数も多くなってもとに戻すのも一苦労。季節別に保存しているものの、どこにあったかわからなくなることも…。
 さすがに数が増えすぎたのでファイルに入れて整理しました。色紙はA4ファイルに入りませんが、雑誌用のリフィルならば入るものがあります。A4のファイルからはわずかにはみ出してしまうのですけれど…まぁ、いいことにしましょう。
 そんなことでギャラリーに教室用作品のファイルを並べました。興味がある方はご来廊の際に是非見て下さい。四季の作品が揃っています。  
Posted by sengaart at 21:04Comments(0)

August 25, 2020

ファイルを作る

ファイルを作る 剪画はがきスターターキットは、明日から始まる剪画展「風 -Wind」展から販売する予定です。キットを置いただけではわかりにくいので、作家さんたちが寄せてくれたサンプルを入れたファイルを作りました。実際にサンプル通りのものを作りには追加で和紙を購入する必要があるものも…。そのあたりはファイルを見ていただくだけではなく、直接説明する必要がありそうです。
 剪画はがき制作キットは月別に別れていて、さらにそれぞれの月についてA、B、Cセットがあるので、すべてのキットの図案もファイルに入れました。36種類あります。とりあえずギャラリーで販売するのは3ヶ月ごとにしようと思っています。
 今日の教室では、先行して生徒さんたちが購入して下さいました。剪画はがき制作を多くの方が楽しんでくださればいいな…と願っています。  
Posted by sengaart at 21:50Comments(0)

August 07, 2020

剪画はがき制作キット完成

剪画はがき制作キット完成 今年になってから作り始めた剪画はがき制作キットが、ようやく完成しました。
 スターターキットは初心者の方でもブックレットを見ながら剪画の基本を学べるパッケージ。紙の切り方から彩色方法までが、順を追って説明されています。計4枚の絵はがきを作るための材料が入っています。
 剪画はがき制作キットは、3枚の図案と和紙とはがきをセット。1年の12ヶ月ごとに行事や花々、動物などが描かれています。こちらは単色で仕上げるものなので、彩色するには追加の和紙が必要です。
 たくさんの作家さんたちが協力して下さったおかげで、剪画はがき制作キットは多種類のものが完成しました。初心者用の簡単な図案もありますが、中にはかなり難易度が高いものも…。剪画はがき制作キットは今月末から作品展が始まるギャラリーで販売予定です。是非、これらのキットで剪画制作に挑戦してみてください。  
Posted by sengaart at 22:55Comments(0)

August 06, 2020

8月の教室:カクテル

8月の教室:カクテル 長い梅雨が終わって急に暑くなりだした8月。教室のテーマはカラフルで冷たいカクテルにしました。
 ずいぶん長い間カクテルを飲んでいないので少しだけリサーチ。結果的には実物のカクテルというよりはイメージの中のロマンチックな飲み物…という感じで制作しました。夜空に浮かぶ1杯のカクテルと南国の花、それに3種類のカクテルを集めたものと、2枚の構図を制作。全体にポップな感じに仕上げます。
 実際に教室で作っていただく時は、カクテルの色や背景に配する和紙の色を各自で工夫してもらおうと思っています。好きなカクテルを選んで組み合わせて頂いても良いですね。
 カラフルなカクテルと共にロマンチックな熱い夜をどうぞ。  
Posted by sengaart at 21:06Comments(0)

August 03, 2020

色々組み合わせてみる

色々組み合わせてみる ずっと以前から「剪画絵はがき制作キット」を作ってみたいと思っていたのですが、なかなか実行できませんでした。そこでギャラリーに出展して下さっている作家さんたちに声をかけて図案を作ってもらうことに…。4名くらいの方に12ヶ月の絵柄をお願いできれば、形になると思っていたのですが、実際には8名の方が作って下さったので、思ったよりも多くのセットが作れそうです。
 まず最初に仕上がった12ヶ月のセットにカット用の和紙と台紙の絵はがきを組み合わせてみました。机の上に図案と和紙がズラリ。どの組み合わせをしても良い感じに仕上げるには何を入れたら良いのか…色合わせに悩みます。
 実際にはいくつ売れるかわからない絵はがきセット。作っている方が楽しいのかも知れませんね〜。  
Posted by sengaart at 22:09Comments(0)