May 10, 2018

温度差

温度差 春から暖かい日が続いていたのに…ここ2、3日は寒くて、少し前に戻ったかのようです。バンコクでは30度以上の気温でしかも湿気があり、慣れない暑さの中たくさん歩いたたので、その時の疲れが今頃になって引き出されているような気がします。
 少しボーッとしていて眠かったりダルかったり。集中力が少し散漫でブッキングミスをしてしまったり…。明日からは葛飾区の美術展が始まるし、来週からはギャラリーでの展示が始まるので、雑用は山積み。そろそろ休みボケを直さなくてはなりません。
 それにしてもこの温度差。今日は寒いのに、来週にはさらに30度に?しばらくは暑さ対策と寒さ対策両方しておく必要がありそうです。  

Posted by sengaart at 23:34Comments(0)

May 07, 2018

新緑の水元公園

新緑の水元公園 お天気はそれほど良くなかったのですが、水元公園を散歩。園内の緑はとても綺麗でした。少し深い色の緑や、まだ若めの明るい緑、今年は暖かい日が続いたので樹々の緑は青々として元気です。
 菖蒲はまだ葉ばかり、紫陽花も咲いていません。華やかな風景ではないものの、小さな野花や、睡蓮はもう開いていました。暑くも寒くもないこの時期は釣りをしたり、ベンチで寛ぐ人がたくさんいます。
 次回の作品展「エチオピアン・カフェ」は5月16日から6月2日まで。ちょうど様々な花々が開いてゆく、とても良い季節です。新緑の中のお散歩がてら、是非お立ち寄り下さいませ。

(「エチオピアン・カフェ」展 2018.5.16〜6.2 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 23:14Comments(0)

April 09, 2018

暖かい4月の水元公園

暖かい4月の水元公園 風は少しあるものの、陽射しが暖かい4月の初旬。出かける時に水元公園を横切って行きました。桜はすっかり終わっていましたが、何本か八重桜は残っています。対岸を見るとやはりそこにも八重桜のピンクが…。
 春らしい黄色を見せてくれる菜の花はまだかなり残っていましたし、橋の向こう側にはチューリップが植えられている場所もありました。最近は公園内に様々な花を植えているようです。樹々の緑も少しずつ色が濃くなってきて、とても綺麗。
 公園内ではお散歩をしている夫婦連れ、スケッチをしている人、釣りをしているおじさんたち…と平日にもかかわらず、かなりの人が行き交っていました。お弁当を持って出かけたいような暖かい春の水元公園でした。  
Posted by sengaart at 23:02Comments(0)

April 03, 2018

桜ももう終わり:桜のお菓子

桜ももう終わり:桜のお菓子 おみやげにもらったお菓子、羅櫻(うすざくら)。葛粉や白あんを使ったお菓子です。もちもち、ぷよぷよした食感のお菓子は桜エキスが入っていて、桜餅のような香り。薄い桜色の記事の上に塩漬けの桜があしらわれているのも素敵です。
 今年の桜はあっという間に咲いて、たちまちのうちに散ってしまいました。桜が咲いている間、花冷えの日がなく、とてもうららかな日々でした。まだ八重桜が少しだけ残っていますが、ほとんどの樹々は花びらがすっかり散って葉が付き始めています。
 ゆく春のなごりを惜しみつつ…せめて桜のお菓子をもう少しだけ楽しみたいと思います。  
Posted by sengaart at 22:57Comments(0)

March 27, 2018

水元公園の桜:今週が見頃です

水元公園の桜:今週が見頃です 水元公園の桜は都心よりちょっと開くのが遅いよう…。とはいえここ数日はとても温かいので、朝と夕方では開き方が違います。昨日まではまだ蕾だった上の方の枝も、もう8〜9分咲きになってきました。公園沿いの土手は2kmの桜並木が続いていて、とても見応えがあります。是非お散歩にいらして下さい。
 一方、剪画アート&スペースは水曜日から土曜日の12時から18時までオープン。「春の調べ」をテーマに30点近くの作品を展示しています。春らしく桜を描いたもの、楽器を奏でる動物や人々、そして咲き乱れる花々…。桜と共に剪画でも春を楽しんで頂ければ幸いです。

(「春の調べ」展 2018.3.21〜4.14 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 23:18Comments(0)

March 25, 2018

お花見日より:水元公園は5分咲き

お花見日より:水元公園は5分咲き 今日はとても良いお天気。水元公園の桜の様子を見に行きました。都心では満開だということですが、水元公園の染井吉野はまだ5分咲き。木によってはまだほとんど花が開いていないものもあります。
 それでも公園には人がいっぱい。樹の下に陣取ってお弁当をひろげる家族連れや、ワンちゃんを連れてお散歩、ベンチに座ってゆっくりと寛ぐ人々…。菜の花も咲いているし、風は穏やか…本当に気持ちの良い日でした。
 …が、1時間も歩いて帰って来るとくしゃみが止まらず、目のかゆみもマックス。お花見シーズンは花粉シーズンでもあるのでした。
  
Posted by sengaart at 22:59Comments(0)

March 20, 2018

明日から「春の調べ」展

明日から「春の調べ」展 ギャラリーの冬のお休みが終わって、明日から「春の調べ」展が始まります。今回の展示は思ったより作品数が多く、壁はとても賑やかになりました。どの作品もテーマに沿って春らしい色合いのものばかりです。
 ギャラリーの飾りつけが終わった後、水元公園の土手を歩いてみました。今年の桜は少し早い…と聞いていたのですが、今日の空気はとても冷たく、桜の花はまだ開いていませんでした。が、一房だけ…。まだ花びらも寒そうに見えました。
 今週末から少し暖かくなるようなので、実際の見頃は多分来週から。ギャラリーもその頃にお客様が一番多くなりそうです。

(「春の調べ」展 2018.3.21〜4.14 於:剪画アート&スペース
  
Posted by sengaart at 23:07Comments(0)

March 18, 2018

水元公園の桜:開花寸前

水元公園の桜:開花寸前 先週あたりから花粉が飛び始め、なるべく外に出かけなくない今日この頃。目が痒く、くしゃみが止まりません。それでも東京では早くも開花宣言がなされたので、水元公園の桜が気になります。そのため、散歩にでかける主人にカメラを託しました。
 橋の向こう側にある大寒桜はかなり開いていたとのこと。写真を見ると少し濃い目のピンクが綺麗です。が、土手沿いにこれから咲く染井吉野の方はまだ開いていなかったそうです。少しずつ蕾が膨らんでいるようなので、ギャラリーが始まる21日頃には少しずつ開くのでないかと思われます。
 私の方はギャラリーで「春の調べ」展の準備。タイトル札を作ったり、ポスターや販売用の絵葉書を作成しました。作品展は水曜日から始まります。お花見がてら、是非遊びにいらして下さい。

(「春の調べ」展 2018.3.21〜4.14 於:剪画アート&スペース
   
Posted by sengaart at 22:12Comments(0)

March 04, 2018

イチゴ狩りへ…

イチゴ狩りへ… イチゴ狩りに出かけました。茨城のゆりの郷で受付をしてイチゴ家のむのむへ…。しばらく待って入場料1600円を支払い、ビニールハウスへと向かいます。広いハウスの中は甘い香りがしてイチゴがたくさんなっていました。
 コンデンスミルクのお皿を受け取って畝の間を歩き、赤い実を口に入れます。赤さや大きさを吟味しつつ…。今は紅ほっぺが一番大きな実をつけていました。ほかにとちおとめといばらキッスが並んでいました。それぞれに微妙に味が違います。
 取り立てのイチゴはジューシーで美味。それでもそうたくさん食べられる訳ではないのです。30分も食べ続けると水分でお腹がいっぱいになり、口の中が甘みと酸味でいっぱいになってしまいます。おいしさが苦しみに変わる前に、ビニールハウスを出てきました。
 イチゴ狩りのあとはゆりの郷で温泉に浸かります。筑波山のふもとでリラックスした休日でした。  
Posted by sengaart at 20:36Comments(0)

February 03, 2018

豆まきの豆

豆まきの豆 昔から節分はあまり好きな行事ではありませんでした。鬼を追い出すというのもなんだか失礼な気がしたし、豆は家の中に散らばるし、外に向かって「鬼は外〜!」と叫ぶのもなんだか気まずい感じ。加えて関東には昔はなかった恵方巻きも、ベジタリアンには食べられない代物です。
 そんな訳で大人になってからはうちは節分はなし。夜になってから、節分だったっけ…?と思い出す程度です。…でも…節分にまくカラッと炒った豆は好き。そっけない豆をボリボリ食べていると、懐かしいような、元気が出て来るような…知らない間に年の数くらいは食べてしまいます。最近は小分けになっているので…節分というよりは、ロカボなおやつに最適ですね。  
Posted by sengaart at 21:36Comments(0)

December 27, 2017

冬枯れの水元公園

冬枯れの水元公園 出先に行く途中で通った水元公園。桜の頃や菖蒲の頃を別として、近くに住んでいても公園にわざわざ行くことはあまりありません。出かける時に遠回りして中を歩くことはありますけれど…。
 葉を落とした樹々の枝は空に広がり、白い雲の間からは青い空が見えていました。ピリリとした風が吹き抜けてゆきます。それでも釣りをする人々、ベンチに座って空を見上げる人、犬と散歩をしている人…それなりに人々がいるのがちょっと不思議。
 寒々とした水元公園とは対象的に、街では年始の飾りを売り始め、食品売場にはおせちも並んでいました。あと数日で今年も終わり。冬枯れの水元公園を眺めながら、駆け足のように過ぎゆく今年を思ったのでした。  
Posted by sengaart at 23:50Comments(0)

December 24, 2017

Xmasとキャンドルと

Xmasとキャンドルと Merry Christmas!
 昨日の片付けや細々とした仕事をしているうちにイブは過ぎてゆきましたが…ガランとしたギャラリーの中に置いてあるのは、先日知人に頂いたキャンドルです。
 10年以上前にドイツのハーナウのマーケットで購入されたとのこと。私が今年ハーナウへ行ったことを聞いて持ってきて下さいました。小さな和紙のクリスマスツリーの横に置くと、その渋さはさらに際立ちます。
 深い表情とちょっとじっくりとした色味、木彫りのような風合い…。クリスマス用のものかどうかはわかりませんが、雪らしきものを付けているので冬用のデザインでしょう。日本のクリスマスグッズは可愛らしかったり美しかったりしますが…こうしたどっしりとした風合いのものはあまりないような気がします。
 横に並べると昨年作ったツリーはちょっと軽すぎて…来年はこのキャンドルに似合うツリーを作ってみたいと思っています。  
Posted by sengaart at 23:38Comments(0)

November 14, 2017

樹々が色づく水元公園

樹々が色づく水元公園 昨日レストランナカムラさんから家まで水元公園を散歩して帰りました。青い空、水面に映る白い雲、さわやかな風…気持ちのよい気候です。残念ながら水元公園は紅く染まる木々は少ないのですが、黄色に変わってゆく葉は多く、秋の気配が濃厚。暑くはなく、まだ寒くもなっていない秋の水元公園。お散歩には最適な季節です。
 剪画アート&スペースでは、明日から年末恒例の「干支戌+猫」展が始まります。まだ寒くなる前に是非お散歩がてらお越し下さい。

「干支戌+猫」展
期間:  2017年11月15(水)〜12月9(土)
     水・木・金・土 開廊(日・月・火曜休廊)
     PM12:00〜PM6:00
会場  :剪画アート&スペース
     〒125-0033 東京都葛飾区東水元 2-12-16
     Tel : 03-5648-7075 / Fax : 03-5648-7074  
Posted by sengaart at 22:30Comments(0)

September 24, 2017

ピーナッツを獲りにゆく

ピーナッツを獲りにゆく ピーナッツ狩りができる…と聞いて千葉の成田に向いました。小山農園では、今日はさつま芋、里芋、ピーナッツの収穫ができるとのこと。駐車料金と入場料を支払い、軍手と一輪車を持って畑に向かいます。
 さつまいもはパスして里芋畑へ…。大きな株の回りを掘るとゴロゴロと丸い里芋がついた株が出てきました。里芋ってこんな形で収穫されるんですね。
 次はピーナッツ畑。生い茂った葉の周囲を軽く掘るだけで大きなピーナッツがゴロゴロ。おおまさりという大粒のピーナッツです。ユックリと周囲を掘って一株を持ち上げると、たくさんのピーナッツがぶる下がっていました。
 受付に戻って収穫してきた量に見合った料金を支払います。その後はひとつづつピーナッツや里芋を取り外してビニール袋に入れてゆきます。掘るよりもずっと時間がかかってしまいましたが、楽しい作業でした。
 家に帰って早速茹でたピーナッツと蒸した里芋を頂きます。どちらも美味でした〜!楽しくておいしいピーナッツ狩り。おすすめです!  
Posted by sengaart at 21:38Comments(0)

September 22, 2017

彼岸花咲く水元公園

彼岸花咲く水元公園 郵便局の帰りに水元公園へ。暑くもなく、もちろん寒くもなく、風が心地よくサワサワ…そして陽射しも照っていないので、お散歩にちょうど良い気候です。
 咲き終わった蓮の大きな葉が水面を覆っていました。ススキはボウボウ、柳もたくさんの葉を垂らして、生命力を感じさせています。水際を通って菖蒲田の近くにある小山へまわると、その周囲は真っ赤な彼岸花でいっぱい。
 以前はほとんど彼岸花は咲いていなかったと思うのですが、ここ数年でかなり増えた様子。サワサワと風にゆれととても綺麗です。2羽の黒い蝶がヒラヒラと飛んでいるのも優雅な感じ…。
 が、ほどなく雨がパラパラ降ってきてしまい、あわてて帰宅したのでした。
  
Posted by sengaart at 21:58Comments(0)

July 12, 2017

気温と湿気と…

気温と湿気と… 暑くなってきて湿度も上がってくると、家の周囲にはブンブンと蚊が飛び交います。玄関前で立ち止まって話をしていると、あっという間に何箇所も刺されてしまいます。人がドアから家に入る時にいっしょに付いてきて家の中にも…。そして家の中で見つける度に蚊取り線香を焚くことになるのです。
 梅雨が開けてないというのにこの暑さと湿気。同じ温度が高かったカリフォルニアのカラッとした暑さが、少し恋しくなります。太陽の下では恐ろしく暑かったけれど、日陰でお茶を飲むにはピッタリだった、サンディエゴやLAの夏。蜘蛛や蟻はいましたが、蚊は見当たりませんでした。
 それでもまだ7月の上旬。夏はこれからが本番ですよね〜。  
Posted by sengaart at 23:14Comments(0)

June 22, 2017

夕方の水元公園

夕方の水元公園 ギャラリーが終わってから水元公園へ。菖蒲祭が終わった公園は以前の静けさを取り戻し、薄暗くなってきた夕方はお散歩の人も少なめです。
 今年は早くから花が開いたようなので、もう菖蒲はなくなってしまったかな…と思ったのですが、かなりの花々がまだ開いていました。少し枯れた花も混ざっているものの、日中にはそうした花々を摘んで手入れもしているそうです。
 梅雨だというのに雨が少ないせいか、紫陽花はいまひとつ迫力がありませんでした。その年の気候によって、公園の風景は少しずつ違ってくるのだなぁ…と思いながらゆっくりと園内を歩きます。昼間の暑さはおさまって、水辺の風はさわやかでした。
 まだ1週間くらいは菖蒲の花が楽しめそうです。あまり暑くない時間帯を狙って、ゆっくりと公園をお散歩するのも楽しいかも知れません。  
Posted by sengaart at 23:23Comments(0)TrackBack(0)

June 12, 2017

枇杷をもぐ

枇杷をもぐ ギャラリーの横にある枇杷の木は、今の時期ぎっしりと実を付けます。小さな実が多いのですけれど…。少しずつ大きくなって色づいてくると早速鳥がつまみはじめるのです。おいしそうな実がみんな取られないうちに、取ってくるのは私の役目。そう太くない枝に登り、なるべく大きな実をもぎます。
 枇杷の枝はしなるため、ゆっくりと引っ張って実を根本から捻じればポロリと取れます。それを手に下げているビニール袋に入れていきました。せまい樹の枝の間で実をよじって手を伸ばすのはなかなか困難。残念ながら取れない実もだいぶありました。
 ひとつ食べてみると、売っている枇杷ほど甘みはありません。が、みずみずしくて、爽やかな果汁が口の中に広がりました。まだ熟れていない実があるので、しばらくは楽しめそう…。食べたい方はギャラリーにいらした時にリクエストして下さいね。  
Posted by sengaart at 23:48Comments(0)TrackBack(0)

June 05, 2017

薫風の水元公園

薫風の水元公園 爽やかな風が吹いている午前中、遅まきながら水元公園へ…。お天気がよく、たくさんの方がお散歩をしていました。
 菖蒲の花は場所によってまちまち。かなり開いている場所もあれば、まだ花が少ないところもあります。長い期間菖蒲を楽しんで頂くために、少しずつ調節しているのかも知れません。そんな菖蒲田をゆっくりと散策するのも気持ち良かったです。
 昨年は菖蒲と共に紫陽花も咲いていたと思ったのですが、紫陽花の方は思ったほど咲いていませんでした。もう少し雨が多くなる頃、満開になるのでしょう。小さな花の方が先に開いていました。
 これから雨も多くなってきますが、菖蒲や紫陽花はより綺麗に開く時期です。水曜日から新しい展示も始まりますので、是非お散歩にお出かけ下さいませ。  
Posted by sengaart at 23:45Comments(0)TrackBack(0)

May 14, 2017

菖蒲が咲く前の公園

菖蒲が咲く前の公園 日がだいぶ長くなりました。今日の夕方散歩がてら水元公園へ向かいます。公園の中は緑の匂いでむせ返るよう…。黄色っぽい緑や青々とした葉、深い緑の色をたたえる樹々。これからは緑の色が本当に綺麗な季節です。
 一方、菖蒲の方はまだまだ。きっちりと並んで植えられた株はそれぞれに葉を延ばしているものの、周囲の土の色の方が濃いくらいでした。あと数週間したら咲くはずですが、今だにその気配を見せていません。あちらこちらのお庭を見ながら散歩している方からは、アイリスが開いているとか、あやめが咲き始めたという声を聞いたのですけれど…。
 それでも多くの方が公園の緑や風を楽しむように散歩をしていました。梅雨が始まるまではお散歩に一番良い季節です。今週は水曜日からギャラリーの展示も始まりますので、是非公園の緑を楽しみにいらして下さい。  
Posted by sengaart at 23:24Comments(0)TrackBack(0)

April 16, 2017

イースターのカード

イースターのカード 今日はイースターでした。日本では今まであまり馴染みがありませんでしたが…最近は店先に卵の形をしたチョコレートやケーキなどが売り出されるようになり、少しずつ認知されつつある気がします。(本来のイースター…復活祭…が理解されているかどうかは別として…。)
 先日行ったハーナウで、剪画のワークショップを受けた方からイースターのカードが届きました。可愛らしいピンクの紙に、ウサギさんのシルエットのスタンプが押されています。彼女はカリグラフィーを仕事としているので、手描きの文字がとても綺麗。ドイツ語で”Frohe Ostern”つまり”Happy Easter”と書いてありました。
 E-mailでお礼を述べるとともに、伺ってみると、このスタンプは彼女のお手製なのだそう。可愛らしく、心のこもったカードで、今年は何となくイースターが身近に感じられたのでした。  
Posted by sengaart at 22:36Comments(0)TrackBack(0)

April 03, 2017

花見BBQ

花見BBQ 早期退職した友人たちと多摩川沿いでBBQ。人が働いている平日の昼間からお酒が飲みたい…というのが彼女の長年の望みだったそうです。この時期はお天気が難しいのですが、今日は暖かく晴天。夕方からお天気は崩れるかも…ということなので、その前に実行。
 桜はまだ開きかけだったものの、1本だけかなり開いている樹があり、そこに陣取りました。気持ちの良いお天気。川辺であががる野球少年たちの元氣の良い声、BBQの焼けるにおい、周囲を囲む桜や草花…。平日らしく人も少なく、のどかな春の日射しの中で、のんびりと飲んだり食べたりしました。
 バブルの頃に夜を徹して一緒に仕事をしていた仲間たち。この年になって、無邪気にBBQをすることになるとは思いませんでした。もしかしたらこれからこういう事が増えるのでしょうか?それはそれで楽しみです。  
Posted by sengaart at 23:33Comments(0)TrackBack(0)

April 02, 2017

春いろいろ…

春いろいろ… 今日は日が出てきてようやく暖かく春らしい日になりました。お昼頃に水元公園の様子を見にお散歩に出ます。すでに公園にはビニールシートが広げられ、たくさんの人たちが春の宴を始めていました。小さな子供を連れた家族、若いカップル、演歌を流しているおっさんたちのグループ…。桜はまだ2〜4分咲きなのに、花見の方はもう本番。
 かわせみの里まで歩いて行きましたが、かわせみ自体は現れませんでした。かわりに水の中を泳いでいたのはマスクラット。巣を作ろうとしていたのか、食物を集めていたのが、緑の草をしっかりと口に加えて泳いで行きました。
 ポカポカしてきて、人も動物も動き出す春。お散歩にはとても良い気候です。桜もまだしばらく咲いていそうですから…是非ギャラリーにも足を延ばして下さいね。

(「きいろ」展 2017.3.22〜4.8 於:剪画アート&スペース
  
Posted by sengaart at 21:09Comments(0)TrackBack(0)

March 29, 2017

水元公園の桜は少しずつ…

水元公園の桜は少しずつ… 朝、近くの水元公園の様子を見に行って来ました。花が全く付いていない樹も、1分くらい花が咲いている枝も…。場所や種類によっても違っていました。桜は少しずつ開き始めた…といった風情です。
 午後になってギャラリーにお越しになったお客様は、水元公園に立ち寄ってからいらした方も。朝は風がまだ冷たかったのですが、お昼過ぎからはかなり暖かくなり、2分くらい咲いている樹もあったとのこと。これから週末にかけて桜は開いてゆくことでしょう。
 一方菜の花の方は艶やかに咲いています。数年前までは菜の花はなかったような気がするのですけれど…最近はボランティアの方が手入れをしているそうです。
 今週末から来週にかけて…お花見と共に、是非ギャラリーにも遊びにいらして下さい。

(「きいろ」展 2017.3.22〜4.8 於:剪画アート&スペース
   
Posted by sengaart at 22:58Comments(0)TrackBack(0)

March 24, 2017

ギャラリー周囲の黄色

ギャラリー周囲の黄色 「ギャラリーに入ったとたん、黄色が目の前に広がって春を感じます」…とのご感想を頂いている「きいろ」展。実はギャラリーに入る前に、すでに春は黄色を用意してくれています。
 道路からギャラリーに入る通路の左側には、小さな黄色い花々が細い枝を覆うようにして咲いています。名前は忘れてしまいましたが…この花が終わった後は可愛らしい形の葉が出てきます。そして右側にはレモンが2つ3つ。まだちょっと硬いようですが、もう少ししたら絞り頃になりそうで、ちょっと楽しみです。
 そして階段のすぐ右手にはパンジーが…。紫と黄色のコントラストに緑色が加わって、春の華やかさを演出してくれます。まだ数日間はこれらの黄色が揃っていると思いますので、ギャラリーに入る前に是非確認してみて下さいね。

(「きいろ」出展作品 2017.3.22〜4.8 於:剪画アート&スペース
  
Posted by sengaart at 23:50Comments(0)TrackBack(0)