November 14, 2017

樹々が色づく水元公園

樹々が色づく水元公園 昨日レストランナカムラさんから家まで水元公園を散歩して帰りました。青い空、水面に映る白い雲、さわやかな風…気持ちのよい気候です。残念ながら水元公園は紅く染まる木々は少ないのですが、黄色に変わってゆく葉は多く、秋の気配が濃厚。暑くはなく、まだ寒くもなっていない秋の水元公園。お散歩には最適な季節です。
 剪画アート&スペースでは、明日から年末恒例の「干支戌+猫」展が始まります。まだ寒くなる前に是非お散歩がてらお越し下さい。

「干支戌+猫」展
期間:  2017年11月15(水)〜12月9(土)
     水・木・金・土 開廊(日・月・火曜休廊)
     PM12:00〜PM6:00
会場  :剪画アート&スペース
     〒125-0033 東京都葛飾区東水元 2-12-16
     Tel : 03-5648-7075 / Fax : 03-5648-7074  

Posted by sengaart at 22:30Comments(0)

September 24, 2017

ピーナッツを獲りにゆく

ピーナッツを獲りにゆく ピーナッツ狩りができる…と聞いて千葉の成田に向いました。小山農園では、今日はさつま芋、里芋、ピーナッツの収穫ができるとのこと。駐車料金と入場料を支払い、軍手と一輪車を持って畑に向かいます。
 さつまいもはパスして里芋畑へ…。大きな株の回りを掘るとゴロゴロと丸い里芋がついた株が出てきました。里芋ってこんな形で収穫されるんですね。
 次はピーナッツ畑。生い茂った葉の周囲を軽く掘るだけで大きなピーナッツがゴロゴロ。おおまさりという大粒のピーナッツです。ユックリと周囲を掘って一株を持ち上げると、たくさんのピーナッツがぶる下がっていました。
 受付に戻って収穫してきた量に見合った料金を支払います。その後はひとつづつピーナッツや里芋を取り外してビニール袋に入れてゆきます。掘るよりもずっと時間がかかってしまいましたが、楽しい作業でした。
 家に帰って早速茹でたピーナッツと蒸した里芋を頂きます。どちらも美味でした〜!楽しくておいしいピーナッツ狩り。おすすめです!  
Posted by sengaart at 21:38Comments(0)

September 22, 2017

彼岸花咲く水元公園

彼岸花咲く水元公園 郵便局の帰りに水元公園へ。暑くもなく、もちろん寒くもなく、風が心地よくサワサワ…そして陽射しも照っていないので、お散歩にちょうど良い気候です。
 咲き終わった蓮の大きな葉が水面を覆っていました。ススキはボウボウ、柳もたくさんの葉を垂らして、生命力を感じさせています。水際を通って菖蒲田の近くにある小山へまわると、その周囲は真っ赤な彼岸花でいっぱい。
 以前はほとんど彼岸花は咲いていなかったと思うのですが、ここ数年でかなり増えた様子。サワサワと風にゆれととても綺麗です。2羽の黒い蝶がヒラヒラと飛んでいるのも優雅な感じ…。
 が、ほどなく雨がパラパラ降ってきてしまい、あわてて帰宅したのでした。
  
Posted by sengaart at 21:58Comments(0)

July 12, 2017

気温と湿気と…

気温と湿気と… 暑くなってきて湿度も上がってくると、家の周囲にはブンブンと蚊が飛び交います。玄関前で立ち止まって話をしていると、あっという間に何箇所も刺されてしまいます。人がドアから家に入る時にいっしょに付いてきて家の中にも…。そして家の中で見つける度に蚊取り線香を焚くことになるのです。
 梅雨が開けてないというのにこの暑さと湿気。同じ温度が高かったカリフォルニアのカラッとした暑さが、少し恋しくなります。太陽の下では恐ろしく暑かったけれど、日陰でお茶を飲むにはピッタリだった、サンディエゴやLAの夏。蜘蛛や蟻はいましたが、蚊は見当たりませんでした。
 それでもまだ7月の上旬。夏はこれからが本番ですよね〜。  
Posted by sengaart at 23:14Comments(0)

June 22, 2017

夕方の水元公園

夕方の水元公園 ギャラリーが終わってから水元公園へ。菖蒲祭が終わった公園は以前の静けさを取り戻し、薄暗くなってきた夕方はお散歩の人も少なめです。
 今年は早くから花が開いたようなので、もう菖蒲はなくなってしまったかな…と思ったのですが、かなりの花々がまだ開いていました。少し枯れた花も混ざっているものの、日中にはそうした花々を摘んで手入れもしているそうです。
 梅雨だというのに雨が少ないせいか、紫陽花はいまひとつ迫力がありませんでした。その年の気候によって、公園の風景は少しずつ違ってくるのだなぁ…と思いながらゆっくりと園内を歩きます。昼間の暑さはおさまって、水辺の風はさわやかでした。
 まだ1週間くらいは菖蒲の花が楽しめそうです。あまり暑くない時間帯を狙って、ゆっくりと公園をお散歩するのも楽しいかも知れません。  
Posted by sengaart at 23:23Comments(0)TrackBack(0)

June 12, 2017

枇杷をもぐ

枇杷をもぐ ギャラリーの横にある枇杷の木は、今の時期ぎっしりと実を付けます。小さな実が多いのですけれど…。少しずつ大きくなって色づいてくると早速鳥がつまみはじめるのです。おいしそうな実がみんな取られないうちに、取ってくるのは私の役目。そう太くない枝に登り、なるべく大きな実をもぎます。
 枇杷の枝はしなるため、ゆっくりと引っ張って実を根本から捻じればポロリと取れます。それを手に下げているビニール袋に入れていきました。せまい樹の枝の間で実をよじって手を伸ばすのはなかなか困難。残念ながら取れない実もだいぶありました。
 ひとつ食べてみると、売っている枇杷ほど甘みはありません。が、みずみずしくて、爽やかな果汁が口の中に広がりました。まだ熟れていない実があるので、しばらくは楽しめそう…。食べたい方はギャラリーにいらした時にリクエストして下さいね。  
Posted by sengaart at 23:48Comments(0)TrackBack(0)

June 05, 2017

薫風の水元公園

薫風の水元公園 爽やかな風が吹いている午前中、遅まきながら水元公園へ…。お天気がよく、たくさんの方がお散歩をしていました。
 菖蒲の花は場所によってまちまち。かなり開いている場所もあれば、まだ花が少ないところもあります。長い期間菖蒲を楽しんで頂くために、少しずつ調節しているのかも知れません。そんな菖蒲田をゆっくりと散策するのも気持ち良かったです。
 昨年は菖蒲と共に紫陽花も咲いていたと思ったのですが、紫陽花の方は思ったほど咲いていませんでした。もう少し雨が多くなる頃、満開になるのでしょう。小さな花の方が先に開いていました。
 これから雨も多くなってきますが、菖蒲や紫陽花はより綺麗に開く時期です。水曜日から新しい展示も始まりますので、是非お散歩にお出かけ下さいませ。  
Posted by sengaart at 23:45Comments(0)TrackBack(0)

May 14, 2017

菖蒲が咲く前の公園

菖蒲が咲く前の公園 日がだいぶ長くなりました。今日の夕方散歩がてら水元公園へ向かいます。公園の中は緑の匂いでむせ返るよう…。黄色っぽい緑や青々とした葉、深い緑の色をたたえる樹々。これからは緑の色が本当に綺麗な季節です。
 一方、菖蒲の方はまだまだ。きっちりと並んで植えられた株はそれぞれに葉を延ばしているものの、周囲の土の色の方が濃いくらいでした。あと数週間したら咲くはずですが、今だにその気配を見せていません。あちらこちらのお庭を見ながら散歩している方からは、アイリスが開いているとか、あやめが咲き始めたという声を聞いたのですけれど…。
 それでも多くの方が公園の緑や風を楽しむように散歩をしていました。梅雨が始まるまではお散歩に一番良い季節です。今週は水曜日からギャラリーの展示も始まりますので、是非公園の緑を楽しみにいらして下さい。  
Posted by sengaart at 23:24Comments(0)TrackBack(0)

April 16, 2017

イースターのカード

イースターのカード 今日はイースターでした。日本では今まであまり馴染みがありませんでしたが…最近は店先に卵の形をしたチョコレートやケーキなどが売り出されるようになり、少しずつ認知されつつある気がします。(本来のイースター…復活祭…が理解されているかどうかは別として…。)
 先日行ったハーナウで、剪画のワークショップを受けた方からイースターのカードが届きました。可愛らしいピンクの紙に、ウサギさんのシルエットのスタンプが押されています。彼女はカリグラフィーを仕事としているので、手描きの文字がとても綺麗。ドイツ語で”Frohe Ostern”つまり”Happy Easter”と書いてありました。
 E-mailでお礼を述べるとともに、伺ってみると、このスタンプは彼女のお手製なのだそう。可愛らしく、心のこもったカードで、今年は何となくイースターが身近に感じられたのでした。  
Posted by sengaart at 22:36Comments(0)TrackBack(0)

April 03, 2017

花見BBQ

花見BBQ 早期退職した友人たちと多摩川沿いでBBQ。人が働いている平日の昼間からお酒が飲みたい…というのが彼女の長年の望みだったそうです。この時期はお天気が難しいのですが、今日は暖かく晴天。夕方からお天気は崩れるかも…ということなので、その前に実行。
 桜はまだ開きかけだったものの、1本だけかなり開いている樹があり、そこに陣取りました。気持ちの良いお天気。川辺であががる野球少年たちの元氣の良い声、BBQの焼けるにおい、周囲を囲む桜や草花…。平日らしく人も少なく、のどかな春の日射しの中で、のんびりと飲んだり食べたりしました。
 バブルの頃に夜を徹して一緒に仕事をしていた仲間たち。この年になって、無邪気にBBQをすることになるとは思いませんでした。もしかしたらこれからこういう事が増えるのでしょうか?それはそれで楽しみです。  
Posted by sengaart at 23:33Comments(0)TrackBack(0)

April 02, 2017

春いろいろ…

春いろいろ… 今日は日が出てきてようやく暖かく春らしい日になりました。お昼頃に水元公園の様子を見にお散歩に出ます。すでに公園にはビニールシートが広げられ、たくさんの人たちが春の宴を始めていました。小さな子供を連れた家族、若いカップル、演歌を流しているおっさんたちのグループ…。桜はまだ2〜4分咲きなのに、花見の方はもう本番。
 かわせみの里まで歩いて行きましたが、かわせみ自体は現れませんでした。かわりに水の中を泳いでいたのはマスクラット。巣を作ろうとしていたのか、食物を集めていたのが、緑の草をしっかりと口に加えて泳いで行きました。
 ポカポカしてきて、人も動物も動き出す春。お散歩にはとても良い気候です。桜もまだしばらく咲いていそうですから…是非ギャラリーにも足を延ばして下さいね。

(「きいろ」展 2017.3.22〜4.8 於:剪画アート&スペース
  
Posted by sengaart at 21:09Comments(0)TrackBack(0)

March 29, 2017

水元公園の桜は少しずつ…

水元公園の桜は少しずつ… 朝、近くの水元公園の様子を見に行って来ました。花が全く付いていない樹も、1分くらい花が咲いている枝も…。場所や種類によっても違っていました。桜は少しずつ開き始めた…といった風情です。
 午後になってギャラリーにお越しになったお客様は、水元公園に立ち寄ってからいらした方も。朝は風がまだ冷たかったのですが、お昼過ぎからはかなり暖かくなり、2分くらい咲いている樹もあったとのこと。これから週末にかけて桜は開いてゆくことでしょう。
 一方菜の花の方は艶やかに咲いています。数年前までは菜の花はなかったような気がするのですけれど…最近はボランティアの方が手入れをしているそうです。
 今週末から来週にかけて…お花見と共に、是非ギャラリーにも遊びにいらして下さい。

(「きいろ」展 2017.3.22〜4.8 於:剪画アート&スペース
   
Posted by sengaart at 22:58Comments(0)TrackBack(0)

March 24, 2017

ギャラリー周囲の黄色

ギャラリー周囲の黄色 「ギャラリーに入ったとたん、黄色が目の前に広がって春を感じます」…とのご感想を頂いている「きいろ」展。実はギャラリーに入る前に、すでに春は黄色を用意してくれています。
 道路からギャラリーに入る通路の左側には、小さな黄色い花々が細い枝を覆うようにして咲いています。名前は忘れてしまいましたが…この花が終わった後は可愛らしい形の葉が出てきます。そして右側にはレモンが2つ3つ。まだちょっと硬いようですが、もう少ししたら絞り頃になりそうで、ちょっと楽しみです。
 そして階段のすぐ右手にはパンジーが…。紫と黄色のコントラストに緑色が加わって、春の華やかさを演出してくれます。まだ数日間はこれらの黄色が揃っていると思いますので、ギャラリーに入る前に是非確認してみて下さいね。

(「きいろ」出展作品 2017.3.22〜4.8 於:剪画アート&スペース
  
Posted by sengaart at 23:50Comments(0)TrackBack(0)

January 03, 2017

きらきら…

きらきら… 昨年に引き続き富士山本宮浅間大社へ。遠くにすっくりとそびえ立つ富士山を眺めながらお参りするのはとても良い気分です。境内でお参りを済ませて本宮脇へ抜けると、富士山の雪解け水をたたえる湧玉池があります。その水面は朝日に照らされて、神々しい光を宿していました。
 そこから富士山をぐるりと回り込んで車を進めると、場所によって富士山の雪に太陽の光が反射してキラキラ…かなり強い光です。こんなに光り輝く富士山は初めて見ました。
 ほどなくして白糸の滝に到着。白糸の滝は高さ20mあり、200m幅の岩場のところどころに水を落としている美しい滝です。滝の飛沫に朝の光が反射して、そこに出現していたのは綺麗な虹。身近で見る七色の光はとても神秘的。
 様々な美しい光を見た朝でした。  
Posted by sengaart at 21:43Comments(0)TrackBack(0)

January 01, 2017

2017年初詣

2017年初詣 明けましておめでとうございます。
 0時になってから家を出て近くの鎮守様へ。もうすでに列はできていますが、地元の人が中心なので、混雑というほどではありません。幸い今年はそれほど寒くなく、順番を待つのも辛くなかったです。
 大晦日から元旦に東京にいる時は、いつもお参りにゆく鎮守様。お参りが済むとお神酒と蒟蒻の田楽が頂けます。家族連れも多く、子どもたちもいっしょにお参りに来ているのも微笑ましい光景です。
 これから日付変更線を超えて少しずつ年が開けてゆくのだと思うとちょっと不思議な気もします。新しい年がゆっくりと地球上を一回りしてゆくのですね〜。
 本年もよろしくお願いいたします。  
Posted by sengaart at 01:18Comments(0)TrackBack(0)

December 23, 2016

クリスマスボックス

クリスマスボックス 昨日クリスマス会が終わり、私の中ではクリスマスは終わってしまった気分です。が、それでも友人がくれたこの箱が何となくクリスマスの雰囲気を演出してくれています。
 箱の外側にはもうひとつの箱がリボン状にかぶさっていました。リボンを立体的に紙で作るのは、飛び出す絵本のようでちょっと楽しいです。リボン部分をどけると箱には可愛らしいサンタさんたちがいっぱい…このイラストが可愛らしくて思わず笑ってしまいました。ツリー状に積み上げられた文字は「Enjyoy Christmas Party!」。
 箱のフタの裏側の部分にもサンタさんがいると、とても念が入っている感じです。クリスマスを盛り上げてくれるギフトボックス。明日、明後日はこのボックスを見ながらラスクを頂きます〜!
   
Posted by sengaart at 23:07Comments(0)TrackBack(0)

December 22, 2016

大人のクリスマス会

大人のクリスマス会 いつもはイブあたりに開催しているクリスマス会、今年は連休前に少し早めに開催しました。仕事帰りの人もいるので三々五々集まって、6時から10時頃まで…。
 もともとは「くりぼっちのためのクリスマス会」だったのですが、その名称をいやがる人もいたので、今は「大人のクリスマス会」と呼んでいます。特に何かをする訳ではなく、皆で集まって食べたり飲んだり…。メンバーはギャラリーに作品を出す作家さんや教室の生徒さん、私の友人やネット仲間。ギャラリーやハロウィーンの会などで顔を合わすことも多いので、自然と会話も始まり、いつも和やかな会となります。
 今日は参加者が持ち込んだカードゲームも行い、酔っ払ったり目が悪かったりしていまひとつわからないながら結構盛り上がりました。最後はチョコフォンデュを楽しんでシメに…。クリスマス会のような忘年会のような…大人のクリスマス会が終了しました。  
Posted by sengaart at 23:50Comments(0)TrackBack(0)

December 14, 2016

星型のクリスマスリースを作る

星型のクリスマスリースを作る とっとり・おかやま新橋館では、Xmasワークショップを開催中。佐治のクラフト工房ローダンセ主催で、「木の実の鉢飾り」「星のクリスマスリース」「木のスプーン」を作ることができます。
 私は「星のクリスマスリースに挑戦。予め星型にできている木組みに札や松ぼっくり、ドライフラワーなどを取り付けてゆきます。ドライフラワーや木の実は地元の佐治で採れたもの。色合いがシックでそれだけでもとても綺麗です。
 20分ほど格闘して飾りつけ、最後に金のリボンを飾って完成。とても満足のゆく仕上りとなりました。このワークショップ、明日15日までやっていますので、興味のある方は是非挑戦してみて下さい。500円という格安で開催中です。木のスプーン作りも楽しそうでしたよ〜。

鳥取おかやま新橋館
   
Posted by sengaart at 23:12Comments(0)TrackBack(0)

December 12, 2016

12月の教室

12月の教室 12月の後半はそれぞれに忙しいため、教室は前半に集中し、なんとなくバタバタします。
 毎年年賀状だけを作りに訪れる方も多いです。ステンシルで20〜40枚位はプリントできるので、一気に仕上げて帰ります。コンピューターのようにきっちりとは仕上りませんが、手作り感があるので、ご好評頂いています。
 そしてカレンダーもやはり今月中に仕上げたいもの。1枚の剪画を貼り付けるタイプのものもありますが、5枚の小さな絵を丁寧に仕上げて数ヶ月かけて完成させるカレンダーも。時間をかけて制作した分、仕上りはとても素敵です。
 そして干支やお正月の縁起物の色紙を作る人も…。玄関先やちょっとした空間に飾ると新しい年を迎えるのにふさわしい雰囲気となります。これもやはり早めに仕上げたいですね。今年も残りあと半月ほどになりました。  
Posted by sengaart at 23:39Comments(0)TrackBack(0)

November 13, 2016

秋の小布施

秋の小布施 お天気が良かったので小布施までドライブ。高速を走る車から長野の山々を見ると赤や黄色に色づいていてとても綺麗です。
 小布施の栗は10月の末がシーズンなのですでに終わっているようでしたが、栗を使ったお菓子や食べ物はいたる所で販売されています。栗鹿の子、栗羊羹、マロンクレープ、栗ジェラート、栗おこわ、栗コロッケ…。どれもおいしそう。
 小布施の中心地で北斎館を見学した後、街の中を歩いてお菓子をお土産に買って、ジェラートを食べました。和紙や工芸品も少し見ましたが、購入はせず…やはり食欲の秋?
 あちらこちらで樹々の葉が色づき、小布施の日本風建築を彩っています。街の中で季節感を色濃く感じられるのは、とても素敵。久しぶりに秋らしい休日を過ごしたのでした。  
Posted by sengaart at 22:55Comments(0)TrackBack(0)

October 30, 2016

ハロウィーン・ナイト2016

ハロウィーン・ナイト2016 最近は街中でも様々な形でハロウィーンが盛り上がりを見せていますが…剪画アート&スペースでも毎年恒例のハロウィーンナイトを行いました。さすがに4回目ともなると、手順がとてもスムーズです。
 当日は朝から食事の用意。夕方になると友人が衣装を持ち込みます。彼女のコレクションは年ごとに増えてゆくので並べるのも一苦労。セーラ服や動物もの、それに猫や鬼のかぶりものも揃っています。
 6時少し前になると参加者が三々五々集まって、好きな衣装を選び、着替えます。6時頃には乾杯をして食事を始めました。ギャラリーの方は友人によって飾りつけがされているので、食事の合間に撮影。アメリカだったらお酒を飲みながら立食式のパーティ…という感じになると思いますが、日本では、着席してゆっくり歓談する方が皆さん、落ち着くようです。
 不思議な扮装をした人々の間では驚くほど話がはずみ、あっという間の3時間。今夜も大人のハロウィーンは朗らかに盛り上がり、和やかに終わりました。  
Posted by sengaart at 23:40Comments(0)TrackBack(0)

October 08, 2016

ハロウィーン ラテ

ハロウィーン ラテ 昨日の教室でハロウィーン用の色紙を制作してもらった後、買い物がてら駅近くのタリーズに寄りました。ラテをオーダーしたところ、ハロウィーンのおばけが登場。一気にハロウィーンが近づいた気分になります。
 数年前まではそれほどハロウィーン仕様のお菓子は売っていなかったと思うのですが、今年はスーパーなどの店先に黒とオレンジの包装がやけに目立ちます。100円ショップは以前からハロウィーンの装飾用のものが売ってたものの、今年はさらに品揃えが充実。コンビニでもケーキ屋さんでも至るところにハロウィーンの飾りつけがなされていて、いつの間にこんなに日本に根付いたのかと不思議になるくらいです。
 アメリカのハロウィーンのキャラクターに比べると、日本のそれはかなり可愛らしいのですけれども…ね。  
Posted by sengaart at 23:50Comments(0)TrackBack(0)

September 30, 2016

秋の空

秋の空 昨日までずっと蒸し暑かったのですが、今日はようやく湿気がなくなって涼しくなってきました。
そして…見上げてみれば秋の空。水元公園に先週咲いていた彼岸花は盛りを過ぎ、菖蒲田は涼しげに長い葉が風にそよいでいます。お散歩する人たちも足取りが軽く、気持ち良さそう…。また来週は少し蒸し暑くなってくるらしいのですが、いまはこの秋らしい気候を楽しんでいるようです。
 秋になると何となくイベントが多くなり、多くの人が行き交う印象があります。気候が良くなって動き回りやすいので、街にも後援にも人がいっぱい…そんな季節にようやくなりつつあるようです。剪画アート&スペースのギャラリーは第3週から。それまでにはもう少し気候も落ち着いてくることでしょう。  
Posted by sengaart at 23:50Comments(0)TrackBack(0)

September 27, 2016

水元公園の彼岸花

水元公園の彼岸花 土手を歩いている時、水元公園の中に彼岸花が咲いているのを見つけました。私の記憶の中には、公園に彼岸花が咲いていた記憶がなかったので、ちょっとびっくり。しばしば公園に行く訳ではないので、今まで気づかなかったのでしょうか。
 その名前のせいか、根に毒を持っているせいか、何となく日本では彼岸花のイメージは良くありませんが、その形はとても綺麗だと思います。お彼岸過ぎてもまだまだ蒸し暑い中、それでも彼岸花は秋の訪れを感じているよう…。今まで花が少なかっただけに緑の中でくっきりと目立ちます。
 時間がなくてすぐそばを通り過ぎてしまいましたが、花々が咲いているうちにゆっくりとお散歩に行きたいと思っています。  
Posted by sengaart at 23:48Comments(0)TrackBack(0)

August 25, 2016

夏日

夏日 影が短くなった時刻に歯医者さんへ向かいました。住宅街の間の道を歩くよりは…と思い、行きは沿道を、そして帰りは公園の中を横断して帰ってきました。日射しはかなり暑いのですが、風があり、うっそうとした樹々が影を作っているので、思ったよりは気持ち良く歩けます。
 それにしても湿気があり、日射しが強い夏の真っ盛り。木々は青々として草葉ぼうぼう、セミが元気に鳴いています。暑い中、草刈りの作業が行われていました。そんな中でもスマホを持った子どもたち、カップル、中年の男性…手元を覗き込みながら公園を歩いています。
 来週からギャラリーでの展示が始まりますが、まだまだ残暑は続きそう。水元公園がお散歩に良い季節になるまでには、もう少しかかりそうです。  
Posted by sengaart at 22:53Comments(0)TrackBack(0)