July 13, 2024

「温泉」作品の旅立ち

「温泉」作品の旅立ち 剪画アート&スペースで5月に開催された「温泉」展は、今月20日〜8月1日まで兵庫県の新温泉町民センターで巡回展が行われます。今日はそのための下準備。箱に入っている作品は良いのですが、箱がない作品は段ボールで簡単な箱を作ります。巡回展のためには、きちっと作品を梱包しておく必要があるのです。
 7月27日には私たちも新温泉町に伺います。午前中はこちらの会場で温泉ゼミが行われ、剪画作品をご紹介する時間もいただきました。また、午後には剪画ワークショップを開催。さらに8月5日〜19日には近くの加藤文太郎図書館で引き続き作品を展示していただきます。
 こちらので作品展を初めとして、鳥取市内の公民館で巡回展予定。多くの方々に作品をご覧いただくのを楽しみにしています。  

Posted by sengaart at 21:40Comments(0)

July 10, 2024

割れたガラス

割れたガラス 夏は暑いのでギャラリーはお休みで、その間は作業場になります。そのため大きめの作業机を出して、いつも使っているティーテーブルは壁際に…。それが災いして、まだ壁に飾ってあった額が落ちてきて、テーブルトップのガラスを割ってしまいました。額の方のガラスも割れましたが、中の作品に傷がつかなかったのは幸いでした。
 もともとこのティーテーブルの上にはガラスが乗っていなかったのですが、作品を飾れるように吉田さんがガラスをオーダーして持ってきてくれたのです。ここに出展作品を飾ることもありますが、作品がない時は教室用に作った季節の剪画を飾ることも…。染め和紙を置くだけでも雰囲気が出るので、とても重宝していました。
 テーブルだけでも使えるものの、かえって汚れが目立ってしまいます。秋にギャラリーが始まる前には新しいガラスをオーダーする必要がありそうです。  
Posted by sengaart at 22:16Comments(0)

July 03, 2024

flatbakery さんの絵を替える

flatbakery さんの絵を替える 5月から6月末まで、flatbakery さんの店内に日野さんと私の花菖蒲の絵を飾っていただいていました。7月になったので、夏らしく向日葵に交換しました。
 日野さんの作品は3枚の花が咲き誇っているデザインで、剪画らしい表現ですが写実的です。背景には水色と白の雲龍紙を使い、優しい雰囲気を演出。彼女らしい作品となっています。
 私の作った向日葵は2本で、かなりデフォルメされています。黄色の和紙をちぎって背後に配置していますが、作った後で、もう少し黄色い部分が小さくても良かったかな…と思いました。どちらもタイトルは「盛夏の向日葵」となっています。
 flatbakeryさんに立ち寄る機会がありましたら、ぜひご覧ください。この絵は夏の終わりまで飾っていただく予定です。  
Posted by sengaart at 21:30Comments(0)

June 29, 2024

「金の輝き」展 終わりました

「金の輝き」展 終わりました 今日は「金の輝き」展の最終日。朝は涼しかったのですが、日が射してから次第に気温が上がり、かなり暑い日となりました。
 そんな中でも、最終日とあって次々とお客様が御来廊。久しぶりにいらした常連のご夫婦、公園を散歩してから立ち寄られた方、そして作品を出展されている作家さんたち…。今回の出展作品はバラエティに富んでいて、見る方の感想も様々です。作品の感想を聞きながら、オリンピックの話や伝統工芸、そして金や和紙の話など話題が広がっていき、賑やかで楽しい日となりました。
 これで今年前半の作品展は終了です。暑い日が続く7月〜9月の間お休みをいただき、また10月から作品展を開催する予定です。教室の方は通常通り開催しておりますので、ご用の方はお気軽にご連絡ください。ご来廊の皆様、ありがとうございました。  
Posted by sengaart at 22:10Comments(0)

June 14, 2024

暑い日のアート談義

暑い日のアート談義 今日は猛暑。朝のうちはまだしも、午後からは日差しが強くお客様が少ないかな…と思っていましたが…。美大の学生さん、切り絵サークルのご一行、葛飾区美術会でご一緒している神取さんの水墨画の生徒さんたち、そして美術館巡りをして最後に立ち寄ってくださった方々など、比較的切れ目なくお客様にお越しいただきました。
 色和紙について、剪画の制作方法、下絵の描き方、創作する時の話、そして今日見ていらした写真展の感想…アート談義は尽きることがありません。外の太陽に負けないくらい、熱気のこもったギャラリーとなりました。…今年初めて冷房を入れましたけれども…ね。
 水元公園の花菖蒲は、そろそろ終わりに近づいているようです。が、紫陽花の方は楽しめそうです。18時まで開催しておりますので、熱中症にお気をつけていらしてください。

(「金の輝き」展  2024.6.12〜6.29 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 22:05Comments(0)

June 12, 2024

「金の輝き」展 夏日に始まりました

「金の輝き」展 夏日に始まりました 今日は夏日。そんな日ではありますが、今日から剪画展「金の輝き」が始まりました。会期は3週間です。
 7月から始まるオリンピックにちなんで、「金色」をテーマにしたこの作品展、金閣寺から仏像、御神輿、金継ぎなどの物体から鯉や金髪など生きたものまで、様々な金色の作品が並んでいます。作品数も29点あり、どっしりとした感じの作品展となりました。
 それにしても今日の強い日差し!教室の生徒さんや作家さんがギャラリーにお立ち寄りくださいましたが、ギャラリーを見て散策する…にはちょっと暑すぎるかも知れませんね。水元公園の菖蒲はなかなか綺麗ですが、すでに紫陽花は暑い日々に少し疲れているような感じもします。
 そんな時期ではありますが、お近くにお越しの説はぜひお立ち寄りください。冷たい麦茶をご用意してお待ちしております。

(「金の輝き」展  2024.6.12〜6.29 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 23:07Comments(0)

June 10, 2024

「金の輝き」展準備中

「金の輝き」展準備中 準備が少しずつ遅れている中で、日野さんに手伝ってもらって何とか壁に作品を掛け終わりました。今回は作品総数29点。前回よりも10点増えて、みっちりと作品が並んでいます。
 金色の和紙は少しくすんで見えたり、角度を変えて見ないとキラキラ感を感じなかったりと、意外と難しい色なのです。そんな金色を一部に使ったり、作品全面を覆うように使ったりと、様々な意匠が凝らされた作品がズラリ。建物から工芸品、魚類、宝物など様々な金色が揃いました。
 これから少し雨が多くなってくるかも知れません。天候の様子を見ながら、お散歩にお出かけいただければ幸いです。作品展は12日から始まります。

(「金の輝き」展  2024.6.12〜6.29 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 22:57Comments(0)

June 05, 2024

ギャラリーの準備と菖蒲と紫陽花と

ギャラリーの準備と菖蒲と紫陽花と 次回の作品展「金の輝き」が来週から始まります。毎年色をテーマにした作品展を開催していますが、今年はオリンピックにちなんで金色をタイトルにしました。金色は印刷にすると黄土色になってしまうので、今まで避けていた色なのです。
 作品も集まり、パンフレットも入稿し、今日DMはがきを発送したので、あとは飾り付け。いくつかの作品は額装する必要があるので、少しずつ作業を始めています。今回は作品数が多く、見応えのある作品展になりそうです。
 一方、快晴の今日は水元公園で菖蒲が満開。日差しが強すぎるのか、紫陽花の方は少し元気がないようにも見えますが…お天気次第でまた綺麗に咲くかも知れません。雨は嫌ですけれど…花のためには雨も必要ですよね。

(「金の輝き」展  2024.6.12〜6.29 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 22:10Comments(0)

June 01, 2024

菖蒲咲く「温泉」展 最終日

菖蒲咲く「温泉」展 最終日 今日は良いお天気。月曜日から水元公園では菖蒲祭が始まり、花々が少しずつ開き始めているようです。そんな中、「温泉」展は最終日を迎えました。
  雨が降ったり、暑い日差しが照り付けたり…お天気はあまり安定していませんでしたが、寒くもなく暑くもない気温で、お客様は毎日少しずつ、平均してお越しくださいました。前回の桜展に比べると温泉展は作品点数が少なく、色合いも地味な感じの作品展であったものの、じっくりと作品をご鑑賞くださる方が多かったような気がします。何となくギャラリーにはくつろいだ雰囲気が漂っていて、ご来場の方々との会話もはずみました。
 この作品展は7月に兵庫県の新温泉町での開催を初めとして、鳥取市内の数カ所でも開催される予定です。各地で皆様にご鑑賞いただければ嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。  
Posted by sengaart at 22:14Comments(0)

May 08, 2024

「温泉」展 始まりました!

「温泉」展 始まりました! 今日から「温泉」をテーマにした作品展が始まりました。猿や猫など動物が温泉を利用している図や、一人旅を楽しむ風情、温泉のある風景、温泉の内部の様子など様々な温泉のシーンが描かれています。今回のテーマは少し難しかったのか、出展作品数は少なめで、その分ゆったりしたレイアウトになりました。
 今日は後半雨が降るという予想だったため、1日中静かなギャラリーでした。この作品展は4週間続きますので、お天気の良い時にお散歩がてら立ち寄ったいただけると嬉しいです。新緑が美しい季節ですし、5月後半になると菖蒲も咲き始めるのではないかと思います。
 皆様見お目にかかるのを楽しみにしております。

(「温泉」展  2024.5.13〜6.1 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 22:55Comments(0)

May 07, 2024

剪画はがき制作キット季節編

剪画はがき制作キット季節編 剪画アート&スペースでは、気軽に剪画を楽しんでいただけるように「剪画はがき制作キット」を販売しています。今までは月ごとに3つの絵柄をパッケージにしたものを揃えていましたが、春から季節ごとのセットも売り始めました。「春」と「夏」のセットです。
 今までのセットは単色で切り抜いてはがきに貼るものでした。今回のセットでは、花や動物たちを彩色できるように小さな色和紙も入っています。図案は日野さんによるもので、描かれているのは花や動物、金魚など…。どの絵柄も可愛らしいので、絵葉書をお友達に出しても、家に飾っておいても良いかと思います。
 興味のある方はぜひギャラリーでご覧いただければ幸いです。「温泉」展は明日から始まります。

(「温泉」展  2024.5.13〜6.1 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 21:03Comments(0)

May 06, 2024

「温泉」展の飾り付け

「温泉」展の飾り付け 明後日から始まる「温泉」展の飾りつけを行いました。前回の「桜」展では30点の作品を壁に掛けたのに対して、今回は20点足らず。そのためボリューム感には少し欠けますが、本来絵と絵の間はこれくらい間隔が欲しい…と思うくらいの余裕ある展示となりました。テーマも温泉ですから、ゆっくりと寛いだ感じで作品をご鑑賞いただけるかと思います。
 実はあと1点、ブルガリアから作品が届いていないのですが、ゴールデンウィーク中は郵便が届かないので仕方がないですね。届き次第、ギャラリーに飾りたいと考えています。気持ちの良い気候で、お散歩にはぴったりの5月。ぜひ剪画アート&スペースにもお立ち寄りください。

(「温泉」展  2024.5.13〜6.1 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 22:54Comments(0)

May 05, 2024

たくさんの額と…

たくさんの額と… 先週「笑顔」展の作品が2年ぶりに鳥取から戻ってきました。笑顔展は作品数が多く、いくつかの公民館では数回に分けて展示して下さったそうです。先々週に「干支卯」展の作品も戻ったので、部屋の中は額でいっぱい。返却作品を整理して、額の置き場を確保する必要があります。
 一方8日から始まる「温泉」展も準備中。こちらは少し作品数が少なめではあるものの、個性的な作品が揃っています。それぞれ似合う額に収めることができたので、そろそろ展示作業に入ろうと考えています。
 ゴールデンウィーク終盤、剪画展の準備は着々です。

(「温泉」展  2024.5.13〜6.1 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 21:44Comments(0)

April 22, 2024

アフターコロナの5月

アフターコロナの5月 5月の連休明けには剪画アート&スペースの新しい展示「温泉」が始まります。そしてその次の週からは「葛飾の美術家展」も。そのため4月はいつもバタバタです。DMはポスターの会員への発送、ワークショップの受付、ギャラリーのためのパンフレットの制作…。それにしても慌ただしいので、その理由を考えてみたら…やはりコロナでした。
 昨年から様々なイベントが始まっていたものの、懇親会がなかったり、人の流れがゆるやかだったり、まだ少しコロナの影響があったように思います。が、今年はコロナの反動からか、イベントも多いし、人の流れが活発。それなのにコロナに慣れてしまって、以前よりも色々な手配の手際が悪くなっているのでしょう。考えてみれば不安はあったけれどコロナ禍はわりとゆったりとした時の流れの中にいたのです。
 そんな生活からアフターコロナにまだ慣れきれない日々。今年のゴールデンウィークはバタバタと過ごすことになりそうです。  
Posted by sengaart at 21:43Comments(0)

April 21, 2024

ウサギから温泉へ

ウサギから温泉へ 剪画アート&スペースの作品展は、年間に2つから3つ巡回展に出ます。鳥取の公民館をいくつか回って帰ってくるのですが、そのスケジュールはまちまちで、帰ってくるまで1年のこともあれば、場合によっては2年くらいかかることも…。その分多くの方々に見ていただくことができるので、作家さんたちは巡回展を歓迎しています。
 そして先日「桜 –我が心のふるさと–」展が巡回展に出発。この桜展は作品数が多かったため、額の在庫がほとんどなくなってしまいました。ちょうどそこに2年前に出た干支卯展の作品が帰還。鳥取にゆかりが深いウサギの作品展は多くの場所でゆっくりと開催していただけたようです。(作品展をサポートしてくださった皆様、ありがとうございました。)
 これで何とか温泉展のための額は確保できそう…。「温泉」展は連休開けから始まります。

(「温泉」展  2024.5.13〜6.1 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 20:30Comments(0)

April 16, 2024

フラットベーカリーさんと菖蒲の作品

フラットベーカリーさんと菖蒲の作品 今の時期、八重桜はとても綺麗ですが、ソメイヨシノはほぼ散ってしまいました。なかなか咲かなかった割には、あっけなかったですね〜。それが桜の魅力ではあるのですけれど…。
 そこで、フラットベーカリーさんに飾っていただいていた桜の花の絵を下げて、新しく2枚の菖蒲の作品を掛けていただきました。1点は日野さんの作品で、もう1点は私のものです。全く作風が違うのですが、色味が近いのでそう違和感はないと思います。実際菖蒲の花が咲くのはまだまだ先で、現在菖蒲田は葉が生い茂るばかり。それでもここ数日のように暖かければ、花が開く日も近いことでしょう。
 これからお散歩に良い季節。フラットベーカリーさんでおいしいパンを持って、水元公園のお散歩はいかがでしょうか?  
Posted by sengaart at 22:09Comments(0)

April 06, 2024

「桜 –我が心のふるさと–」ひとまず終了

「桜 –我が心のふるさと–」ひとまず終了 3月13日から始まった「桜 –我が心のふるさと–」、水元公園の桜が満開になる前に終了しました。なかなか桜が咲かずにスローだった客足ですが、終了日の今日は、本当に多くのお客様にお越しいただきました。桜は7〜8分咲きになったでしょうか。
 東京では少し早すぎた作品展でしたが、これから作品たちは鳥取の若桜に向かいます。もともと若桜の桜にちなんでリクエストを受けた桜展だったので、今回展示された作品の中には「若桜郷土文化の里」と「若桜鉄道・ピンクSL」の絵が含まれているのです。その後、鳥取の数カ所の公民館で展示する予定…。若桜では、満開の桜と共に展示できるといいなぁ…と願っています。
 剪画アート&スペースにご来廊の皆様、ありがとうございました。これから展示でお世話になる皆様、どうぞよろしくお願いいたします。  
Posted by sengaart at 21:43Comments(0)

March 30, 2024

今週のギャラリー:桜展

今週のギャラリー:桜展  昨年桜が咲くのが早かったので、今年は3月の作品展の開始を1週間早めました。が、2月は高めだった気温が3月になって下がり、強い風や冷たい雨も…。そのため今年は桜の開花が2週間ほど遅れています。
 桜を見がてらギャラリーに立ち寄ってくださるお客様の出足もスロー。最初の週と2週目は来廊者数が少なかったのですが、今週になってお天気の良い日には多くの方々がいらっしゃるようになりました。特に今日は温かい日で、比較的切れ目なくお客様が…。やはり春らしい心弾みのためか、ギャラリーでも会話が広がっていきます。明るいピンクの広がる壁面は、多くの方々の気持ちを春へといざなっているようでした。
 朝方には咲いていなかった桜も、少しずつ開いてきているので、来週は満開になるかも知れません。皆様のお越しをお待ちしております。

(「桜 –我が心のふるさと–」展  2024.3.13〜4.6 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 22:24Comments(0)

March 13, 2024

「桜 –わが心のふるさと–」展の初日

「桜 –わが心のふるさと–」展の初日 今年最初の作品展のテーマは桜。毎年早くなる桜の開花状況を考えて、昨年より少し早めに作品展を開始しました。が、暖冬の割には3月になってから冷たい風が吹いてきて、桜が開花するのはまだ少し先のようです。
 この時期の作品展は桜の様子を見にいらっしゃる方が多いので、風が強かった今日はまだお客様が少なかったです。それでも開始と同時に絵葉書を買いにきてくださったり、お花を持ってきてくださる方もいらして、とても幸先の良い嬉しい幕開けとなりました。
 部屋の中は桜色。河津桜のように濃いピンク色から散る花びらのように薄いピンクまで、様々な桜色が壁いっぱいに広がっています。やはりピンクは春の色ですね。
 作品展は4月6日まで開催中です。ぜひお散歩にいらしてください。

(「桜 –わが心のふるさと–」展  2024.3.13〜4.6 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 21:37Comments(0)

March 11, 2024

ギャラリーの飾りつけ

ギャラリーの飾りつけ 水曜日から始まるギャラリーの飾りつけ。絵を並べて配置を考えていたところへ、日野さんが駆けつけて手伝ってくれました。2人で作業を行うと早いことも嬉しいのですが、配置に迷った時に相談できたり、スペースの使い方の違和感に気づいてくれたりするので、とても助かります。
 今回の展示作品はブルガリアから送られてきた4点の作品を含めて全部で30点。点数は多めですが、比較的小さな作品もあるので、うまく壁面に収めることができました。桜がテーマだけあって、ギャラリーの中はピンク色。とても明るくて春らしい展示となりました。
 ギャラリーがオープンする頃にはまだ桜は開きませんが、来週あたりから少しずつ開花するかも知れませんね。桜の様子を見がてら、お立ち寄りいただければ幸いです。

(「桜 –わが心のふるさと–」展  2024.3.13〜4.6 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 22:06Comments(0)

March 09, 2024

スタンバイ

スタンバイ ブルガリアからの作品も無事に到着し、展示される作品の額装も終えました。今回のテーマは桜とあって、全体にピンク色が多い画面。黒いマットが似合う作品もありますが、あまり黒っぽいマットが多くなると春らしい軽快さがなくなります。日本的でしっとりとした感じに仕上がる茶色のマットや、白っぽいマットも使いながら、それぞれの作品が引き立つように工夫しました。
 作品サイズはそれほど大きくないのですが、30点ほどあってそれなりのボリューム。現在は展示や教室の邪魔にならないよう倉庫のスペースに置いてあり、週明けにギャラリーの壁に飾る予定です。
 思ったよりも暖かくならずに寒さが続く日々。桜の開花は予定よりも少し遅くなるかも知れませんが、作品展は13日から開催します。

(「桜 –わが心のふるさと–」展  2024.3.13〜4.6 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 21:59Comments(0)

March 05, 2024

flat bakeryさんと桜の剪画

flat bakeryさんと桜の剪画 金町のflat bakery さんにはいつも作品展のDMはがきを置いていただています。それを手にギャラリーを訪れてくれるお客様も…。今回も「桜 –わが心のふるさと–」展のCMはがきをお届けしました。
 同時に日野さんと私の桜の作品を飾ってただきました。2点ともはがきサイズのち小さなもので、ギャラリー方にも似た作品を展示します。が、少し色合いが違っているので、ぜひ2点を見比べてみてくださいね。
 ちょうど桜展のころは、ソメイヨシノも開く頃。flat bakeryさんでパンを買って、水元公園に向かう方も多いのではないかと思います。ギャラリーの方にお立ち寄りいただけると嬉しいです。

(「桜 –わが心のふるさと–」展  2024.3.13〜4.6 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 22:21Comments(0)

March 04, 2024

「庄 裕子」作品展

「庄 裕子」作品展 明日から剪画アート&スペースで「庄 裕子」作品展が始まります。庄さんは以前ギャラリ−を訪ねてくださったことがあり、今回はこちらで個展をしてくださることになりました。数年間描きためた水彩画と油絵約40点を展示します。
 今日は搬入と飾り付け。作品点数が多かったので、すべてを展示できるかどうかちょっと心配でしたが、庄さんは手際よく壁面に並べてくれました。ギャラリー内はいつもとはちょっと違った雰囲気で、美しい風景や花々の絵が並んでいます。
 水彩画、油彩画がお好きな方はぜひお立ち寄りください。開催期間は以下の通りです。
 3月5日(火)〜3月10日(日) 10:00〜17:00
  
Posted by sengaart at 21:32Comments(0)

February 21, 2024

桜餅と「桜」展のDMと

桜餅と「桜」展のDMと 3月13日から始まる「桜−我が心のふるさと−」展のDMが仕上がってきました。青山さんの色紙作品で、桜の花と水紋があしらわれています。やはり桜の花の作品が集まってくると春らしい気分になりますね。
 今日は作品の搬入締切日だったので、高橋さんが搬入にいらっしゃいました。おみやげに桜餅を携えて…。最近は道明寺もよく見かけますが、子供の頃から食べていたのは、この形。やはり懐かしいです。いただいたのは長命寺桜餅で300年の伝統があるお店。私はいつも桜の葉ごと食べていましたが、お店では桜葉をはずして食べることをお勧めしているとHPには書いてありました。
 もう少しで桜の季節。ギャラリーの展示もこの時期から始まります。  
Posted by sengaart at 22:26Comments(0)

February 04, 2024

さくら

さくら 今年の最初の剪画展のタイトルは「桜 –わが心のふるさと–」。作品展が始まるのは3月13日からですが、早くも最初の作品が届きました。波模様の上に桜の花々をあしらった美しい作品です。部屋の中は少しだけ春らしい気分に…。
 昨年はお彼岸の頃に始まった3月の作品展ですが、毎年桜が開くのが早くなってきているので、今年は1週間時期を早めました。(作品展の期間を 1週間伸ばしたので、作品展が終了する頃は桜の花は散っているのではないかと思いますが…。)水元公園の桜が咲く時期と重なってくれるといいな…と期待しています。
 これから少しずつ桜の作品が集まってくることでしょう。久しぶりに桜そのものをテーマにした作品展、どんな風に展開していくかとても楽しみです。

(「桜 –わが心のふるさと–」展  2024.3.13〜4.6 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 22:11Comments(0)