March 20, 2019

剪画展「Pink」初日

剪画展「Pink」初日 日差しが暖かい春らしい日。今日から「Pink」展が始まりました。
 テーマがピンクなので、一歩ギャラリーに入ると、明るい色が目の中に入ってきます。桜の薄いピンク色、鮮やかな芝桜のピンク、紫に近い色合いのピンク…。今まで様々な色をテーマに剪画展を開催してきましたが、一番華やかな作品展になりました。
 暖かいので、お散歩途中にに立ち寄ってくださったお客様もちらほら…。遠くの方は桜が咲いてからいらっしゃる事が多いのですが、近くの方は桜のようすを見にいらしたようです。来週あたりが、桜もお客様のご来廊もピークとなりそう…。
 剪画による華やかな春、是非ギャラリーの方にもお立ち寄り下さいませ。

(「Pink」展 2018. 11.14〜12.8 於:剪画アート&スペース)  

Posted by sengaart at 22:29Comments(0)

March 19, 2019

「Pink」展 明日から始まります

「Pink」展 明日から始まります 今年の予想では、桜は例年よりも早めに開くとのこと。それでも水元界隈の桜のつぼみはまだ固い感じです。今週末から少し咲き始めるかもしれませんが…。
 そして剪画アート&スペースの今年最初の作品展「Pink」は、明日から始まります。桜にちなんでPinkをテーマにした作品展。桜の花だけではなく、ピンク色の動物、人々など、ピンクにまつわる様々なテーマの剪画作品が展示されます。
 桜の様子を見がてら、是非お立ち寄り下さいませ。

「Pink」展
期間:  2019年3月20(水)〜4月6(土)
     水・木・金・土 開廊(日・月・火曜休廊)
     PM12:00〜PM6:00
会場  :剪画アート&スペース
     〒125-0033 東京都葛飾区東水元 2-12-16
     Tel : 03-5648-7075 / Fax : 03-5648-7074  
Posted by sengaart at 22:29Comments(0)

March 18, 2019

ギャラリーの準備中

ギャラリーの準備中 明後日から始まる「Pink」展のために、ギャラリーをセットアップ中です。作品は揃っているし、まだ時間は十分にあると思っていたのですが…。先日行われたセンガフェミナ展の片付けが済んでいないギャラリーには、様々なものが散乱、中にはポーランド展関係のものまであります。
 ギャラリーを飾り付けするためには、まず片付ける必要があることに気づきました。が、帰ってきた額をしまう場所も限られているし、中にある作品も作家さんたちに返却するためには、額から出しておかなくはなりません。1日かかって、ようやく作品を並べることができる状態になりました。
 まだまだ片付ける仕事はたくさんありますが…何とか初日までには飾り付けができそうです。ちょうど水元公園の桜もそろそろ開く頃。皆様、春のギャラリーでお待ちしております。

(「Pink」展 2018. 11.14〜12.8 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 23:32Comments(0)

March 12, 2019

エチオピアンローズとコーヒーと

エチオピアンローズとコーヒーと センガフェミナが終わって、久しぶりに教室の帰りにエチオピアン・コーヒーハウスに寄りました。2周年記念の期間で、カウンターには美しいエチオピアンのバラの花々が飾られています。ちょうど壁に飾って頂いている岡田さんの剪画「エチオピアンローズ」と色も形もそっくりで、どちらも素敵でした。
 カフェオレを入れてもらって一服。このお店ができてから、もう2年になるのか…と思いつつ…。昨年からはエチオピアをテーマにした剪画を定期的に掛け替えながら飾って頂いています。地元で生まれたご縁に感謝しながら、ゆったりとしたひとときを楽しんだのでした。
 
 
   
Posted by sengaart at 23:20Comments(0)

March 09, 2019

Senga Femina 展 終わりました

Senga Femina 展 終わりました 3月4日から一週間開催させて頂いたセンガフェミナ展、本日終了しました。16名の剪画作家が集まり、それぞれ目いっぱいの力を投入して作品を制作し、展示。会場にはバラエティあふれる作風の剪画が並び、展示する側もとても勉強になりました。
 また多くのお客様においで頂き、様々なご意見を伺いました。展示を通じで様々な交流が生まれたのも大きな収穫です。ご来場の皆様、本当にありがとうございました。
 予定通り搬出を終え、近くのレストランのビュッフェで打ち上げ。最初の1時間はそれぞれに食べるのに必死な感じではありましたが、お腹いっぱい食べた後に多くの感想を交換し、また次なるプロジェクトでの再開も約束しました。
 また次回のSenga Femina で皆様にお目にかかるのを楽しみにしております。  
Posted by sengaart at 23:22Comments(0)

March 06, 2019

Sweets Time

Sweets Time 作品展3日め。昨日よりはゆるやかな感じでお客様がご来場下さいました。
 女性の会だけあって、甘い物の差し入れがたくさん。いくつかを中欧のテーブルに並べています。多くの方にお目にかかって話しているととても楽しいのですが、夕方になると少し疲れが出てくるのです。そんな時に頂いた甘いものを頂くと…体に染みわたってくるような気がします。
 ちょうどお客様も少なくなってくる夕方は、おやつと情報交換の時間。見た目も美しく、春らしいおやつを前に会話にも花が咲きます。お客様も交えて、剪画の話話がはずむことも…。そんな時間も、この会の大切な部分なのでした。

(「Senga Femina 2019」展 2019.3.5〜3.9 於:ギャラリー暁)  
Posted by sengaart at 23:09Comments(0)

March 05, 2019

Senga Femin 展 2日目

Senga Femin 展 2日目 今週のお天気は予想だと雨が多そうです。そんな中、今日は晴天だったので、多くのお客様がギャラリーを訪れて下さいました。
 1枚1枚ていねいに作品を見て下さる方や、作家たちに質問される方、ゆっくりとお茶を飲みながら会話を楽しまれる方…。様々なシーンがギャラリーのそこかしこで繰り広げられて、とても賑やかな1日となりました。久しぶりにお目にかかった方もいらして、とても嬉しかったです。
 作者が多く、作品の種類が様々なので、頂く感想も様々。そうした言葉のひとつひとつが、本当に勉強になります。ご来場の皆様、ありがとうございます。

(「Senga Femina 2019」展 2019.3.5〜3.9 於:ギャラリー暁)  
Posted by sengaart at 22:56Comments(0)

March 04, 2019

Senga Femina 2019 開幕

Senga Femina 2019 開幕 今日から銀座のギャラリー暁で始まりました「Senga Femina 2019 」展。16名の女性作家による剪画展です。午前中に搬入をし、飾り付け。人数が多いとレイアウトに時間がかかるのではないか…と思ったのですが、その分作業人員も多く、意外に早く準備が完了しました。
 午後1時から作品展はオープン。雨天にもかかわらず、お客様が切れ目なくお越しくださいます。17:00からのオープニング・レセプションでも多くの方お見えになりました。レセプション中盤では作家による作品解説も行われ、作品制作の意図や手法など様々な話を聞くのも楽しかったです。
 作品展は9日まで開催されます。多くの会話が行き交うにぎやかな作品展にしたいと思っております。お近くにお立ち寄りの節は、是非ともお立ち寄りくださいませ。
 
(「Senga Femina 2019」展 2019.3.5〜3.9 於:ギャラリー暁)  
Posted by sengaart at 23:00Comments(0)

March 03, 2019

明日から始まるセンガフェミナ展の準備

明日から始まるセンガフェミナ展の準備 すっかり忘れていましたが、今日はひな祭り。お菓子を頂いて思い出しました。ものすごい速度で時間が過ぎているような気がします。
 明日からはいよいよSengaFemina展が始まります。当日の朝から搬入ですが、どうやら雨が降りそうなので、作品やパンフレットなどが濡れないように梱包しました。作品、印刷物、作品札、お茶…忘れ物がないかどうかチェックしながら箱や袋に詰めていきます。
 会場で他の作家さんたちや、お越し下さるお客様にお目にかかるのがとても楽しみです。作品展は9日まで。銀座へお越しの節はぜひともお立ち寄りくださいませ。

(「Senga Femina 2019」展 2019.3.5〜3.9 於:ギャラリー暁
  
Posted by sengaart at 21:32Comments(0)

February 19, 2019

「Pink」展の作品たち

「Pink」展の作品たち 今年の剪画アート&スペースの最初の作品展のテーマは「Pink」。作品展が始まるのは3月20日からなのですが、3月の上旬にSenga Femina展があるので、例年より早い時期に準備を進めています。両方の作品展に出展する作家さんは、ことさら早めに作品を用意して下さったようです。
 桜の時期でもあるので、Pinkというタイトルは時期的にも合うと思うものの、似た感じの絵が集まってしまうかも…という心配も…。作品が集まってくる時期は、作品展の全体のことを考える時期でもあります。
 予報によると、今年の桜は例年よりも早く咲きそうだとのこと。「Pink」展の始まる時期に咲いてくれるといいな…と願っています。  
Posted by sengaart at 21:53Comments(0)

February 15, 2019

「Senga Femina 2019」のパンフレット作成中

「Senga Femina 2019」のパンフレット作成中 女流剪画作家が集まって開催する「Senga Femina」も3回目。今回のフェミナには、16名の作家が参加する予定です。開催ギャラリーは変わりましたが、やはり銀座にあります。
 現在そのフェミナのためのパンフレットを制作中。1人1ページを割当て、出展作品を掲載します。一通りのレイアウトは完成したので、各作家に校正用紙を送りました。校正が返ってきたら…今週末から来週始めには入稿する予定です。
 パンフレットは作品展会場で配布予定。是非遊びにいらして下さいね。

(「Senga Femina 2019」展 2019.3.4〜3.9 於:ギャラリー暁)  
Posted by sengaart at 23:53Comments(0)

February 01, 2019

アトリエで…

アトリエで… 午前中から剪画作家の仲島さんが、3月に行われるSenga Femina 2019の作品を持参して来廊。完成した絵を持参し、マットを切って額装しました。絵柄に合わせてマットを選び、額装するのは大切な作業です。
 お昼すぎに日野さんがアトリエに寄りました。3人でポーランドで買ってきたお菓子をつまみながら、これからの作品展のタイトルについて話します。色々と話しているうちに絵のイメージが浮かぶこともあります。
 その後日野さんは、冊子の表紙のための剪画用のバックグラウンドの和紙を選び、完成させました。その合間に私は、次回作品展のための和紙を用意します。少しづつ始まった今年の作品展の準備。少しずつ作業は進んでいます。  
Posted by sengaart at 23:43Comments(0)

January 29, 2019

作品の搬出

作品の搬出 昨日で剪画の展示が終了したので、今日は作品の搬出に行きました。額を壁からおろし、額を分解し、トランクの中に入れてゆきます。このまま日本に持って帰るのならば作品だけちゃんと保護し、額のパーツは適当に入れることができます。が、6月にワルシャワの郊外でも展示することになったため、次の展示がスムーズにできるよう、もとの通りに番号がふってある袋の中に額をしまいました。
 それでも展示に比べると、片付けるのは、早かったです。1時間経たないうちに、すべてをトランクの中に収めることができました。初めてのポーランドでの作品展。展示する機会を与えて下さった担当の方々にお礼を言って、ギャラリーを辞してきたのでした。  
Posted by sengaart at 05:26Comments(0)

January 19, 2019

ワルシャワでの剪画展 初日!

ワルシャワでの剪画展 初日! お昼頃にギャラリーに到着して飾り付け。日本から持っていった額を組み立てて、剪画をセットし、色紙たてを使って卓上にも飾りました。
 レセプションは7時から。今回の剪画展は日本好きで、切り絵の先生をしているリナさんが全面的に計画して下さっただけあって、訪れてくれたお客様も熱心な方ばかりです。
 着物を来てご来場下さったポーランド人の女性も多数。和菓子を作っていたり、つまみ細工の飾りをプレゼントして下さったり、流暢な日本語を話したり…。こんなに日本の文化に興味を持って下さっている方がワルシャワにいるなんて、本当に驚きました。
 剪画の解説、和紙について、日本語とポーランド語について…。話は尽きることがなく、本当に充実した時間を過ごさせて頂きました。レセプションの写真はほとんど撮れないほど…。
 作品は27日まで展示させていただきます。  
Posted by sengaart at 08:50Comments(0)

January 18, 2019

ギャラリーへ作品を搬入

ギャラリーへ作品を搬入 午前中のうちに移動し、お昼すぎに再びワルシャワに到着しました。バスと地下鉄を乗り継ぎ、街の中心地を通りつつ一旦帰宅。夕方になってからギャラリーに作品の納入に行きます。
 ワルシャワは冬になると早く暗くなるので、仕事を始めるのも終えるのも早めだそうです。そのためかなり早い時間にラッシュがあり、そう遅くない時間に道の混雑は落ち着きます。
 ギャラリーの壁は打ちっぱなしのコンクリート状。壁の合間に釘が打ち込めるような溝があって、うまく調整すれば良い感じに絵を並べることができそうです。飾り付けは明日になるので、ギャラリーの全体の感じを見て、今日の作業は終了しました。  
Posted by sengaart at 04:59Comments(0)

January 12, 2019

鳥取市立中央図書館での展示始まる

鳥取市立中央図書館での展示始まる 今日から鳥取市立中央図書館で、剪画展が始まりました。「昔話 ものがたり」展から24点、新年なので「干支展」から13点、合わせて39点の作品です。
 図書館では昨年暮れ、佐治谷ばなしの語りのイベントがあり、その時に会場に剪画を飾って頂きました。今回は佐治谷はなしだけでなく、浦島太郎やくるみ割り人形など様々な昔話の作品も加わっています。考えてみると、図書館にふさわしい内容ですね。
 ふと図書館に立ち寄った方に鑑賞して頂けるのは、とても嬉しいです。展示を進めて下さった皆様、本当にありがとうございます。
 展示は20日まで開催しています。お近くの方は是非お立ち寄り下さいませ。  
Posted by sengaart at 21:58Comments(0)

January 10, 2019

エチオピアン・コーヒーハウスの展示替え

エチオピアン・コーヒーハウスの展示替え 新年も明けたので、エチオピアン・コーヒーハウスさんに飾ってあった絵を取り替えに行きました。少し離れたところに2点掛けられるようになっているので、前回と少し大きさは違うものの、そのまま飾ることができました。
 1枚はエチオピアン・ローズの華やかな絵。エチオピアでは女性たちの職業としてバラ栽培の振興につとめ、ヨーロッパなどに輸出しているそうです。もう一枚はコーヒーの香りをテーマにしたアロマ。剪画というよりも和紙のオブジェといった感じのこの作品は、大人っぽい雰囲気でこのお店にぴったりだと思います。
 春まではこの2枚の絵を飾って頂く予定。是非こちらで、コーヒーと共に剪画も楽しんで下さい。  
Posted by sengaart at 20:59Comments(0)

December 22, 2018

鳥取市立図書館での剪画展示

1鳥取市立図書館での剪画展示 おかげさまでかみんぐさじでの剪画展「昔話 ものがたり」は20日に無事終了しました。ご協力くださった皆様、ありがとうございました。
 引き続き1月12日から鳥取市立図書館で展示されますが、それに先駆けてのイベントで、参加者の方に見て頂いたそうです。図書館で開催された「佐治谷話といなばの民話を聞く会」。今日届いた写真には、会場にの壁に剪画作品が飾られている様子か写っていました。民話と共に皆様に楽しんでいただけて嬉しいです。
 来年もよろしくお願いいたします。  
Posted by sengaart at 23:58Comments(0)

December 15, 2018

因州和紙 伝統工芸士二人展 最終日

因州和紙 伝統工芸士二人展 最終日 小津和紙さんで開催されていた「因州和紙 伝統工芸士二人展」の最終日だったので、剪画の搬出にでかけました。
 16時になって5人で箱詰めを開始。普段の剪画の要領ですぐに終わると思ったのですが…。大きな作品あり、照明作品あり、額装作品、絵画、写真と種類が多く、箱詰めに苦戦。思ったより時間がかかりました。
 それでも終了18時間際にすべての箱を包み終わり、鳥取組も無事空港に向けて出発。バタバタとした作業の後で、東京組は甘味処に寄っておしるこやあんみつを頂き、ほっと一息つきました。すべてが無事に終了して良かったです。
 ご来場の皆様、ありがとうございました。  
Posted by sengaart at 22:10Comments(0)

December 10, 2018

因州和紙 伝統工芸士二人展での展示

因州和紙 伝統工芸士二人展での展示 因州和紙の漉き手、中原剛氏・長谷川憲人氏の和紙展が、今日から土曜日まで小津和紙にて開催されています。
 因州和紙を用いた写真、絵画、傘、照明、アクセサリーなど他分野にわたる作品がズラリと並ぶ様子は壮観。その一角に剪画を展示させて頂けるのは、とても光栄です。6名の作家が制作したバナー作品「因幡の白うさぎ」、吉田健嗣さんによる「朝顔」そして私の作品「海の記憶」の3点を飾っています。
 午前中から展示を始め、午後1時にオープン。初日の今日はたくさんの方がお見えになり、和紙を中心とした写真や素材の話を伺うことができました。お時間のある方は是非お出かけ下さいませ。

因州和紙 伝統工芸士二人展 中原 剛・長谷川 憲人
場所:小津和紙 2階ギャラリー
会期:2018年12月10日〜12月15日
時間:10:00〜18:00
(初日/開始時間 13:00〜 最終日/終了時間 16:00まで)  
Posted by sengaart at 23:35Comments(0)

December 08, 2018

「干支 亥+豚 2019」展 終了

「干支 亥+豚 2019」展 終了 本日剪画展「干支 亥+豚 2019」が無事終了いたしました。ご来廊くださった皆様、出展くださった作家さんたちに心よりお礼を申し上げます。
 この干支展は作品数を少し絞って、鳥取でも巡回展を開催する予定です。年末から年始にかけて、少しでも多くの方に見ていただけると嬉しいです。
 干支の最後となる猪年、再来年からはまた一巡して子年が始まります。来年は年号も変わることですし、また新たなめぐり合わせが始まりそうな気がします。そんな予感を抱きつつ…また新たな年の計画を練り始めたところです。
 来年もよろしくお願いいたします。  
Posted by sengaart at 21:44Comments(0)

December 05, 2018

干支展 最終週に入りました

干支展 最終週に入りました 11月半ばに始まった「干支 亥+豚 2019」展、いよいよ最終週に入りました。今年は比較的温かい日が続いているためか、お客様の数が多いような気がします。今日も多くの方にご来廊頂きました。
 グループでいらしたのは剪画を制作している方々で、様々な色の和紙をご購入下さいました。来月開催予定の作品展のために作品を搬入してくださった作家さんたち、もうすぐ終わるので…と駆けつけてくださった方…。今日もとても賑やかな1日でした。
 今年最後の剪画展、土曜日まで開催中です。

(「干支 亥+豚」展 2018. 11.14〜12.8 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 23:30Comments(0)

November 30, 2018

2019年のカレンダーをセットする

2019年のカレンダーをセットする 来年の卓上カレンダーの印刷が上がってきました。教室用に制作した図案を、訪れた場所の風景と組み合わせてコラージュしたもの。今年お世話になった方や、教室の生徒さんに使っていただけるように毎年作っています。
 届いたはがきサイズのカレンダーを組み合わせてプラスチックの箱の中にセット、袋の中に入れて封をします。地道な単純作業なので、隙間時間を見て、ぼちぼちと…。本当は今年最後の干支展が始まる前にちゃんと作って、ギャラリーに置きたかったのですが、いつもこの時期にずれこんでしまうのです。
 さて、これから頑張って発送の準備に励みます。  
Posted by sengaart at 23:54Comments(0)

November 17, 2018

佐治町民話の館での展示

佐治町民話の館での展示 9月〜10月に剪画アート&スペースで開催された「昔話 ものがたり」展、現在はかみんぐさじさんで展示されています。そして今日は佐治町の民話の館で行われた民話会に特別展示をしていただきました。
 囲炉裏を設置した雰囲気たっぷりの民話の館で、民話会の方々による「さじだにばなし」の語りが行われ、多くの方が参加されたそうです。その際に剪画も展示され、お話と共に楽しんで頂いたとのこと。
 作品がギャラリーを飛び出して、様々な機会に、多くの方にご鑑賞いただけるのはとても嬉しいことです。ご協力くださった方々に感謝。本当にありがとうございました。
 なおかみんぐさじでの展示は引き続き12月20日まで行われています。お近くの方は是非おでかけ下さいませ。  
Posted by sengaart at 22:19Comments(0)

November 14, 2018

始まりました「干支 亥+豚 2019」展

始まりました「干支 亥+豚 2019」展 毎年恒例の干支展、今日から始まりました。結局豚さんの絵は2枚しか集まらなかったのですけれど…猪さんは思ったよりもバラエティに富んだ様子でギャラリーの壁に並んでいます。
 今日はお天気が良かったこともあり、多くのお客様がお越し下さいました。教室もあったため、バタバタとアトリエとギャラリーの間を行ったり来たり…。が、そのためにお客様同士で様々な話がはずみ、思わぬ出会いと交流の場となったようです。
 本当に慌ただしくも楽しい1日…初日からご来廊の皆様、ありがとうございました。作品展は来月の8日まで開催しています。


(「干支 亥+豚」展 2018. 11.14〜12.8 於:剪画アート&スペース
  
Posted by sengaart at 22:49Comments(0)