February 21, 2024

桜餅と「桜」展のDMと

桜餅と「桜」展のDMと 3月13日から始まる「桜−我が心のふるさと−」展のDMが仕上がってきました。青山さんの色紙作品で、桜の花と水紋があしらわれています。やはり桜の花の作品が集まってくると春らしい気分になりますね。
 今日は作品の搬入締切日だったので、高橋さんが搬入にいらっしゃいました。おみやげに桜餅を携えて…。最近は道明寺もよく見かけますが、子供の頃から食べていたのは、この形。やはり懐かしいです。いただいたのは長命寺桜餅で300年の伝統があるお店。私はいつも桜の葉ごと食べていましたが、お店では桜葉をはずして食べることをお勧めしているとHPには書いてありました。
 もう少しで桜の季節。ギャラリーの展示もこの時期から始まります。  

Posted by sengaart at 22:26Comments(0)

February 04, 2024

さくら

さくら 今年の最初の剪画展のタイトルは「桜 –わが心のふるさと–」。作品展が始まるのは3月13日からですが、早くも最初の作品が届きました。波模様の上に桜の花々をあしらった美しい作品です。部屋の中は少しだけ春らしい気分に…。
 昨年はお彼岸の頃に始まった3月の作品展ですが、毎年桜が開くのが早くなってきているので、今年は1週間時期を早めました。(作品展の期間を 1週間伸ばしたので、作品展が終了する頃は桜の花は散っているのではないかと思いますが…。)水元公園の桜が咲く時期と重なってくれるといいな…と期待しています。
 これから少しずつ桜の作品が集まってくることでしょう。久しぶりに桜そのものをテーマにした作品展、どんな風に展開していくかとても楽しみです。

(「桜 –わが心のふるさと–」展  2024.3.13〜4.6 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 22:11Comments(0)

January 31, 2024

ダンボールと作品と

ダンボールと作品と 11月から12月に剪画アート&スペースで開催した「干支:辰」展、無事に鳥取に旅立ちました。2つのダンボールに収まり、パンフレットやタイトル札と共に…。
 作品をキッチリと詰め込むには、ぴったりと合ったサイズの箱が必要です。額のサイズに見合ったダンボールは既製品にはないので、宅配便のサイズに合う範囲内で適切なサイズを割り出し、オーダーしました。三三と半切サイズが入る箱と、小全紙の額、もしくは横に色紙額を並べられる箱の2種類です。
 かなりギリギリではありましたが、何とか送る予定の作品が収まった時にはほっとしました。これから約1年間の間、鳥取各地の公民館で展示をして頂きます。関係者の皆様、どうぞよろしくお願いいたします。  
Posted by sengaart at 21:17Comments(0)

January 24, 2024

空っぽのギャラリー

空っぽのギャラリー 週末に葛飾総合高校の美術部の作品展示がありました。大きな絵から小さな絵まで、そして立体作品もあり、なかなか見ごたえのある展示でした。皆さん、無事に展示を終えて、昨日作品を搬出。大きなキャンバスがかかっていたギャラリーの壁が、急に寂しくなった感じです。
 次回の剪画アート&スペースの作品展が始まるのは3月の半ばからですが、その前に1週間ほど、作品展を開催します。近くにお住まいのアーティストさんが、ここで展示をしてくださるのです。どんな展示になるかはまだわからないのですが、とても楽しみにしています。詳細が決まりましたらまたご案内しますので、ぜひ遊びに来てくださいね。  
Posted by sengaart at 20:55Comments(0)

January 20, 2024

葛飾総高等学校 美術部展

葛飾総高等学校 美術部展 今日と明日、葛飾総合高等学校の美術部の皆さんが、ギャラリーで展示をしています。なかなか大きな絵もあり、仮額もそれぞれに作ったとのこと。作品数はそう大きくないものの、なかなか見ごたえがあります。部員が交代で当番をしているので、使った素材や作品を制作した意図などを説明してくれます。
 私は奥の部屋にいたので、ギャラリーの様子を確認確認していた訳ではありませんが、お客様はボチボチお見えになっていた様子。時折ギャラリーから楽しげな声が聞こえて来ました。
 ギャラリーはいつもの剪画とはまた違った活気に満ちています。明日は11:00〜17:00まで開催しています。お時間のある方はぜひお立ち寄り下さい。  
Posted by sengaart at 21:34Comments(0)

January 12, 2024

ギャラリー訪問と美術部展

ギャラリー訪問と美術部展 今日の午前中、近くの葛飾総合高校の生徒さん10名がギャラリー訪問に来てくれました。主に美術課の生徒さんですが、他の課から希望して来てくださった方も…。私の方では、昨年末から残しておいた「干支展」の展示を見ていただきながら説明をし、ギャラリーの運営について話します。他にも、和紙を見ていただいたり、海外の切り絵についての話も少し加えました。
 来週にはこの高校の美術部の生徒さんが、ここで作品展を開催してくれます。もともと地元密着型のギャラリーなので、地元の学生さんたちに、ギャラリーに来ていただけるのはとても嬉しいことです。

お時間のある方はぜひ美術部展にお運びください。
日時:2024年1月20日(土)・21日(日) 11:00〜17:00
場所:剪画アート&スペース  
Posted by sengaart at 21:09Comments(0)

December 25, 2023

書類いろいろ

書類いろいろ 今年は姪っ子がまだ帰国していないので、イブやクリスマスはスルー。年末のうちに終わらせたい作業を行っています。
 それぞれの作品展が終了した後、いつも出展作家さんたちには、出展報告書をお渡しするのですが、今年の秋から冬にかけてはとてもバタバタしていて、作業時間があまりありませんでした。そのため「人体」「茶色は秋の色」「干支2024辰+縁起物+クリスマス」の報告書を今になって作っています。教室の生徒さんは別にしてできれば今年中に各作家さんにお送りしたいのですけれど…
 相変わらずのバタバタした日々。あまり実感はないのですけれど、もう年末なんですよね〜。  
Posted by sengaart at 21:24Comments(0)

December 22, 2023

ナカムラ・ランチ

ナカムラ・ランチ ランチはナカムラさんへ…。レストラン内は、現在リースがたくさん飾られていてクリスマスムード満点、とても華やかです。今日はアスパラとインゲンのパスタをいただきました。
 また、このクリスマスリースが終了した後に飾っていただくための小作品を、お届けしました。来年の干支である龍の作品です。ギャラリーの「干支展」で展示した作品は、来年早々に巡回展に出します。そのため、もう少しはっきりとした色合いの龍を4点、追加で制作しました。
 クリスマスリースを眺めながら、来年の予定を相談。また夏に剪画の作品を展示させていただく予定です。おいしいランチを頂いた後、青空の下、水元公園を散歩しながら帰ってきたのでした。  
Posted by sengaart at 22:27Comments(0)

December 17, 2023

辰年の前に

辰年の前に 「干支2024辰+縁起物+クリスマス」展でテーブルトップにいた龍は、途中で背景を変えました。もともとオレンジ色に染められた和紙の上に置かれていたのですが、この和紙を使いたいという方がいらしたのでお譲りして、水色を中心とした和紙に…。この龍は作品展終了後もしばらくはここに滞在してもらう予定です。
 干支展が終わった今、実は作家さんたちはすでにその次の干支:巳の構想を考え初めています。実際には辰年は来年からなのですけれども…ね。その干支を含めて、来年のタイトルと作品展の予定をほぼ決めました。今年中には作家さんたちにお知らせしたいと考えています。1年が経つのは、早いですね〜。  
Posted by sengaart at 20:57Comments(0)

December 09, 2023

今年の展示は終了です

今年の展示は終了です 今日は「干支2024辰+縁起物+クリスマス」展の終了日。これで剪画アート&スペースの2023年の展示は終了しました。コロナ禍でも剪画の展示は続けていましたが、やはり今年は昨年までと比べ、ご来廊の方がずっと多かったです。やはり人の流れが違ってきているのを感じます。
 ただ毎年夏が長くなってきているので、8〜9月の間の展示はお客様が少なめ。4月も以前よりも早く桜が咲き初めていて、今までと季節の移り変わりが違っているのを感じました。来年からの予定を少し見直す必要がありそうです。
 ともあれ、最後の干支展には多くの方々とお目にかかることができ、とても楽しい時間を過ごさせて頂きました。出展作家さん、ご来廊の皆様に、心よりお礼を申し上げます。ありがとうございました。  
Posted by sengaart at 20:57Comments(0)

December 02, 2023

今週のギャラリー

今週のギャラリー 今年の「干支2024辰」展は4週間開催します。最初の2週に多くのお客様がお越しになったので、3週目にさしかかった今週は少しスローでした。それでも常連のお客様がぼちぼちお見えになり、ゆっくりと干支を鑑賞してくださいました。
 そして土曜日の今日は多くのお客様が…。教室の生徒さんたち、お散歩がてら立ち寄ってくださった地元の友人たち、そして京都からは、今回の作品展に出展してくださっているnoriさんもご来廊くださいました。久しぶりにお目にかかることができてとても嬉しかったです。ちょうどその時に作家の梅崎さんや岡田さん、葛飾区美術会の版画作家さんもいらして、ギャラリーの密度が高まりまりました。こういう日もあるのですね。
 作家さんたちに少しずつオーナメントを作ってもらって飾り付けたクリスマスツリーを見ながら、今週を振り返ったのでした。展示は9日まで開催しています。

(「干支2024辰+縁起物+クリスマス」展  2023.11.15〜12.9 於:剪画アート&スペース
  
Posted by sengaart at 23:00Comments(0)

November 21, 2023

flatbakeryさんのクリスマスツリー

flatbakeryさんのクリスマスツリー 柔らかい食パンがあまり好きではない私にとって、ハード系のパンが買えるflatbakeryさんが近くにできたのはとても嬉しいことです。週に1回、行ってパンを買い込んできます。
 少し前から剪画アート&スペースのハガキもレジのところに置いていただくようになりました。お客さんにもギャラリーの宣伝をしてくださるので、こちらで作品展のことを知ってご来廊くださる方も増えてきました。
 先週からは、日野さんのクリスマスツリーの作品を飾って頂いています。おいしそうなパンが並ぶ中に、ピンクの背景の優しげなクリスマスツリーが飾られていてとても良い感じ。ちょうどこれからシュトーレンなど、クリスマスのパンが多くなってくるとのことで、こちらに立ち寄るのがなおさら楽しみになってきました。
 ギャラリーの帰りにぜひ立ち寄ってみてください。来年はコラボ展も企画中です。  
Posted by sengaart at 21:21Comments(0)

November 18, 2023

今週のギャラリー:干支2024辰

今週のギャラリー:干支2024辰 今週の水曜日から始まった「干支2024辰」展、おかげさまでご好評いただいています。始まるまでは本当に色々な準備が間に合うかどうか心配でしたが、何とか予定通り開催にこぎつけ、今週は雨の日を除いて多くのお客様におこしいただきました。
 作家さんたちに切ってもらったクリスマスツリーのオーナメントは、1つ1つ丁寧に見比べているお客様も…。また、干支展は作品数が多いので絵葉書の種類が多様で、選ばれるのに迷う方もいらっしゃるようです。様々に描かれて龍がいますし…ね。年賀状制作キットも、毎年楽しみにして下さっている方がいらして、少しずつ出ています。
 そんな感じでスタートした干支展、12月9日まで開催しています。ぜひお立ち寄りください。

(「干支2024辰+縁起物+クリスマス」展  2023.11.15〜12.9 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 22:40Comments(0)

November 15, 2023

「干支2024辰+縁起物+クリスマス」開始!

「干支2024辰+縁起物+クリスマス」開始! 今日から剪画アート&スペースでは「干支2024辰+縁起物+クリスマス」展が始まりました。今年最後の作品展です。毎年干支展は年間を通して一番出展作品が多いので、タイトル札や、絵葉書を制作するのにも時間がかかります。さらに「年賀状制作キット」や「卓上カレンダー」も同時に売り出すため、始まるまで本当にバタバタでした。
 開始と同時にご来廊下さったお客様もいらしたり、教室終了後に生徒さんたちがそのままギャラリーに立ち寄って下さったり、常連のお客様のご紹介で立ち寄って下さった方も…。幸先の良い初日でした。
 作品展は12月9日まで開催しています。年末のお忙しい時ではありますが、お立ち寄りいただければ嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。

(「干支2024辰+縁起物+クリスマス」展  2023.11.15〜12.9 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 22:55Comments(0)

November 10, 2023

龍がいっぱい

龍がいっぱい  来週から始まる干支展の絵の配置が終わりました。あとは数点を壁に掛けて、各作品にタイトル札を付ければ展示は完了。干支展は毎年出展数が一番多い作品展なのです。
 部屋の真ん中に立って周りをグルリと見回すと、本当に龍だらけ。怖い顔をした龍、古風な龍、ゲームのキャラ風の龍、可愛らしい龍、かっこいい龍…。龍は架空の存在なので、どのように描いても良いと思いますが、こうして色々な表現を目の当たりにすると、全く別の生き物のようで面白いです。比べながら見ているとそれぞれの作家さんの龍のとらえ方と、作風もうかがうことができます。
 干支展は4週間の開催していますので、ぜひ龍を見比べてお気に入りのものを見つけてください。
 
(「干支2024辰+縁起物+クリスマス」展  2023.11.15〜12.9 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 21:31Comments(0)

November 09, 2023

ギャラリーの飾りつけとクリスマスツリー

ギャラリーの飾りつけとクリスマスツリー 今日は日野さんに手伝ってもらってギャラリーの作品展示を行いました。干支展は毎年作品数が多いのですが、二人で行うと思いのほか作業が進みます。
 絵を掛け終わったら、次はクリスマスツリー。干支だけではなく、クリスマスの作品も展示するため、この時期はいつも入り口の近くにツリーを設置します。昨年はサンディエゴで買ってきたオーナメントを付けましたが、今年は作家さんたちにお願いし、水色の紙を切ってデコレーションを作ってもらいました。天使、蝋燭、星、雪の結晶…。それぞれの作家さんらしいタッチで、ユニークなデザインのものから繊細な切り抜きまでたくさんの飾りが並びます。ツリーのテッペンには銀の星を付けて、剪画ならではのクリスマスツリーが完成しました。
 作品展は11月15日から始まります。干支の作品と共に、クリスマスツリーも楽しんでいただければ嬉しいです。

(「干支2024辰+縁起物+クリスマス」展  2023.11.15〜12.9 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 20:56Comments(0)

October 11, 2023

「茶色は秋の色」展 初日

「茶色は秋の色」展 初日 今日から剪画アート&スペースでは「茶色は秋の色」展が始まりました。色をテーマとした作品展はこれまでも毎年のように開催されていましたが、茶色は初めてです。茶色というと、やはりこの季節を思い浮かべる人が多いのではないかと思います。
 景色、食べ物、動物…多様な色合いの茶色がいたるところに見られる秋。作家さんたちもそれぞれの秋を、様々な茶色を使って描いています。その中にきっとお気に入りの茶色を見つけることができるでしょう。
 今週からぐっと涼しくなって、お散歩にも良い季節。お散歩がてら、ぜひギャラリーにお立ち寄りください。作品展は28日まで開催しています。

(「茶色は秋の色」展  2023.10.11〜10.28 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 22:11Comments(0)

October 08, 2023

「茶色は秋の色」展の準備

「茶色は秋の色」展の準備 水曜日から始まる「茶色は秋の色」展の飾り付けをしました。ハガキサイズの作品からA2近い大きさの作品まで…様々な作品がズラリ。まだタイトル札は付いていませんが、壁に絵がかけられると、作品展の雰囲気が見えてきます。今回は茶色がテーマとあって、全体に落ち着いた色調。それでも差し色として明るい色が入っているので、全体的には暗く見えないと思います。
 秋の食べ物、秋の風景、そして動物たち…。今回の作品展は親しみやすい絵柄が多く、季節感あふれる展示となりました。気候もようやく涼しくなってきた今日この頃、秋のお散歩にぜひいらして下さい。

(「茶色は秋の色」展  2023.10.11〜10.28 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 21:42Comments(0)

October 01, 2023

ソフィアでの剪画展示

ソフィアでの剪画展示 「伝統」をテーマとして切り絵の作品展がブルガリアのソフィアで始まりました。アニーさんと中心としたブルガリアの作家さんたちは、剪画アート&スペースにも出展してくださっている方々です。剪画アート&スペースからも25点の作品が参加しています。
 展示の準備ができたところでアニーさんが写真を撮って送ってくださったのですが、とてもおしゃれで素敵なギャラリー。展示全体の雰囲気も素敵です。こうしたところで多くの方々に剪画を楽しんでいただけるのは、とても嬉しいですね。
 作品展は9月30日〜10月11日の11日間、市内のSan Stefano Galleryで開催中。今回は直接伺えないのが残念ですが、日本から作品展の成功をお祈りしています。  
Posted by sengaart at 21:40Comments(0)

September 28, 2023

「人体」展と「茶色は秋の色」展と

「人体」展と「茶色は秋の色」展と 「人体」展はすでに終わっていますが、まだすべての作品を壁から下ろしてはいません。作品を搬入しに直接ギャラリーを訪れた作家さんにだけ作品をお返ししました。
 一方、次の「茶色は秋の色」展の方の準備も進行中。今日、日野さんと「茶色は秋の色」展の作品の額装作業をしたので、ギャラリーには両方の作品がずらりと並びました。まだあと数点額装する必要がありますが、次の作品展の雰囲気を感じられるようになってきました。「人体」展に比べると「茶色」展はしっとりとした感じの作品が多いようです。
 まだ暑い日もありますが、少しずつ秋らしくなってきたこの季節、茶色展は時期的にもぴったりです。秋のお散歩にぜひお出かけ下さい。

(「茶色は秋の色」展  2023.10.11〜10.28 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 21:30Comments(0)

September 26, 2023

クリスマスツリーのオーナメント

クリスマスツリーのオーナメント 一昨年の年末の「干支+クリスマス」展では、クリスマスツリーを剪画のオーナメントで飾りました。参加作家さんたちに白い紙で作ってもらったものです。去年は依頼する時期を逃してしまったので、通常の飾り付けをしました。
 今年は赤い紙で作ろうと思ったのですが、水色の紙がたくさんあったのと、来年は辰年で龍の絵は少し男性的な感じになって良いかな…と思い、色を変更しました。制作予定の作家さんたちには水色の紙をお配りしています。
 同時に参考のために、以前資料用に購入しておいたクリスマスカードを出してきました。レーザーカッターで切っているので、少し細か過ぎるものの、何らかのヒントにはなるかも知れません。
 まだ先の作品展ではありますが、今年のクリスマスツリーがどんな風になるのか、ちょっと楽しみではあります。  
Posted by sengaart at 20:59Comments(0)

September 19, 2023

「茶色は秋の色」展の準備

「茶色は秋の色」展の準備 先週16日に「人体展」は終了しました。そして、今週からは次回展「茶色は秋の色」の準備中です。搬入締め切りは明日ですが、いくつかの作品は集まってきていて、DMの印刷やプレスリリースの準備はすでに始まっています。
 まだ夏のように暑くて実感は湧かないものの、次回は秋らしいタイトル。作品には紅葉や秋の味覚、花々など、季節感あふれるものが。多く描かれています。お彼岸過ぎると気候も秋らしくなってくるのではないかと期待していますが…さて、どうなるでしょう?
 次回作品展は10月11日から始まります。秋のお散歩にぜひいらして下さいね。

(「茶色は秋の色」展  2023.10.11〜10.28 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 20:00Comments(0)

September 16, 2023

「人体」展の最終日

「人体」展の最終日 おかげさまで本日「人体」展の最終日を無事に迎えることができました。8月30日に始まった日から、今日までほぼ猛暑日で、そうでない日は雨。ギャラリーにお越しいただくには厳しい日々で、実際にお客様は少なめだったと思います。
 そんな中でもご来廊くださった方々に感謝。こういう時はかえってお客様とゆっくりお話ができ、思わぬ方向に話が広がっていったこともありました。また、初めてギャラリーにお越しくださった方々もいらして、様々なお話を伺うことができました。
 「人体」というタイトルに関しては多くの方々が関心を持ってくださったようです。予想していたものとは違ったという方も、作品にばらつきがあって面白かったという方も…。私たちにとっても、本当に印象深い作品展となりました。
 次回の「茶色は秋の色」展は10月11日から開催予定です。また皆様にお目にかかる機会を楽しみにしております。  
Posted by sengaart at 21:28Comments(0)

September 03, 2023

レストランナカムラでの「White Dreams」展

レストランナカムラでの「White Dreams」展 今日はレストランナカムラさんでランチを摂り、展示の交換をしました。8月に展示し、好評だった菅谷さんの作品を引き取り、私の制作した7点の剪画を壁に掛けます。今回は白い和紙を切ったものを中心に、いくつかの要素を組み合わせて制作しました。
 普段あまり白い和紙をカットすることがないので、背景との色合わせに苦心しました。コントラストを付けるために濃い色の和紙が必要だったのですが、思った色がなかなか見つからなかったのです。
 それでも色々と実験をしながら制作するのは楽しかったです。思ったような効果がでなかった作品もありますが、また次の機会に課題を持ち越して制作したいと思います。お時間のある方はぜひナカムラさんにランチにおでかけ下さい。作品展は30日まで開催しています。  
Posted by sengaart at 20:51Comments(0)

August 30, 2023

「人体」展 初日です

「人体」展 初日です 剪画アート&スペースでは、今日から「人体」展が始まりました。このギャラリーが始まった頃は、8月末はこんなには暑くなかったと思うのですけれど…本当に暑い日です。こんな日にはお客様はいらっしゃらないだろうなぁ…と思ったのですが、オープンして立て続けに5名の男性のお客様が…。ありがたいことです。…もしかしたら、男性の方が暑さには強いのでしょうか?
 今回の作品展は、今までとはちょっと趣が違い、作家さんたちも何を描くか迷ったようです。それぞれに「人体」の解釈が違っていて、バラエティに富んだ作品展となりました。作家さんたちが何を考えて作ったのか、考えるのも楽しいです。
 まだしばらく猛暑は続きそうですが…お時間がありましたらぜひお出かけ下さい。

(「人体」展  2023.8.30〜9.16 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 21:28Comments(0)