January 18, 2019

ギャラリーへ作品を搬入

ギャラリーへ作品を搬入 午前中のうちに移動し、お昼すぎに再びワルシャワに到着しました。バスと地下鉄を乗り継ぎ、街の中心地を通りつつ一旦帰宅。夕方になってからギャラリーに作品の納入に行きます。
 ワルシャワは冬になると早く暗くなるので、仕事を始めるのも終えるのも早めだそうです。そのためかなり早い時間にラッシュがあり、そう遅くない時間に道の混雑は落ち着きます。
 ギャラリーの壁は打ちっぱなしのコンクリート状。壁の合間に釘が打ち込めるような溝があって、うまく調整すれば良い感じに絵を並べることができそうです。飾り付けは明日になるので、ギャラリーの全体の感じを見て、今日の作業は終了しました。  

Posted by sengaart at 04:59Comments(0)

January 12, 2019

鳥取市立中央図書館での展示始まる

鳥取市立中央図書館での展示始まる 今日から鳥取市立中央図書館で、剪画展が始まりました。「昔話 ものがたり」展から24点、新年なので「干支展」から13点、合わせて39点の作品です。
 図書館では昨年暮れ、佐治谷ばなしの語りのイベントがあり、その時に会場に剪画を飾って頂きました。今回は佐治谷はなしだけでなく、浦島太郎やくるみ割り人形など様々な昔話の作品も加わっています。考えてみると、図書館にふさわしい内容ですね。
 ふと図書館に立ち寄った方に鑑賞して頂けるのは、とても嬉しいです。展示を進めて下さった皆様、本当にありがとうございます。
 展示は20日まで開催しています。お近くの方は是非お立ち寄り下さいませ。  
Posted by sengaart at 21:58Comments(0)

January 10, 2019

エチオピアン・コーヒーハウスの展示替え

エチオピアン・コーヒーハウスの展示替え 新年も明けたので、エチオピアン・コーヒーハウスさんに飾ってあった絵を取り替えに行きました。少し離れたところに2点掛けられるようになっているので、前回と少し大きさは違うものの、そのまま飾ることができました。
 1枚はエチオピアン・ローズの華やかな絵。エチオピアでは女性たちの職業としてバラ栽培の振興につとめ、ヨーロッパなどに輸出しているそうです。もう一枚はコーヒーの香りをテーマにしたアロマ。剪画というよりも和紙のオブジェといった感じのこの作品は、大人っぽい雰囲気でこのお店にぴったりだと思います。
 春まではこの2枚の絵を飾って頂く予定。是非こちらで、コーヒーと共に剪画も楽しんで下さい。  
Posted by sengaart at 20:59Comments(0)

December 22, 2018

鳥取市立図書館での剪画展示

1鳥取市立図書館での剪画展示 おかげさまでかみんぐさじでの剪画展「昔話 ものがたり」は20日に無事終了しました。ご協力くださった皆様、ありがとうございました。
 引き続き1月12日から鳥取市立図書館で展示されますが、それに先駆けてのイベントで、参加者の方に見て頂いたそうです。図書館で開催された「佐治谷話といなばの民話を聞く会」。今日届いた写真には、会場にの壁に剪画作品が飾られている様子か写っていました。民話と共に皆様に楽しんでいただけて嬉しいです。
 来年もよろしくお願いいたします。  
Posted by sengaart at 23:58Comments(0)

December 15, 2018

因州和紙 伝統工芸士二人展 最終日

因州和紙 伝統工芸士二人展 最終日 小津和紙さんで開催されていた「因州和紙 伝統工芸士二人展」の最終日だったので、剪画の搬出にでかけました。
 16時になって5人で箱詰めを開始。普段の剪画の要領ですぐに終わると思ったのですが…。大きな作品あり、照明作品あり、額装作品、絵画、写真と種類が多く、箱詰めに苦戦。思ったより時間がかかりました。
 それでも終了18時間際にすべての箱を包み終わり、鳥取組も無事空港に向けて出発。バタバタとした作業の後で、東京組は甘味処に寄っておしるこやあんみつを頂き、ほっと一息つきました。すべてが無事に終了して良かったです。
 ご来場の皆様、ありがとうございました。  
Posted by sengaart at 22:10Comments(0)

December 10, 2018

因州和紙 伝統工芸士二人展での展示

因州和紙 伝統工芸士二人展での展示 因州和紙の漉き手、中原剛氏・長谷川憲人氏の和紙展が、今日から土曜日まで小津和紙にて開催されています。
 因州和紙を用いた写真、絵画、傘、照明、アクセサリーなど他分野にわたる作品がズラリと並ぶ様子は壮観。その一角に剪画を展示させて頂けるのは、とても光栄です。6名の作家が制作したバナー作品「因幡の白うさぎ」、吉田健嗣さんによる「朝顔」そして私の作品「海の記憶」の3点を飾っています。
 午前中から展示を始め、午後1時にオープン。初日の今日はたくさんの方がお見えになり、和紙を中心とした写真や素材の話を伺うことができました。お時間のある方は是非お出かけ下さいませ。

因州和紙 伝統工芸士二人展 中原 剛・長谷川 憲人
場所:小津和紙 2階ギャラリー
会期:2018年12月10日〜12月15日
時間:10:00〜18:00
(初日/開始時間 13:00〜 最終日/終了時間 16:00まで)  
Posted by sengaart at 23:35Comments(0)

December 08, 2018

「干支 亥+豚 2019」展 終了

「干支 亥+豚 2019」展 終了 本日剪画展「干支 亥+豚 2019」が無事終了いたしました。ご来廊くださった皆様、出展くださった作家さんたちに心よりお礼を申し上げます。
 この干支展は作品数を少し絞って、鳥取でも巡回展を開催する予定です。年末から年始にかけて、少しでも多くの方に見ていただけると嬉しいです。
 干支の最後となる猪年、再来年からはまた一巡して子年が始まります。来年は年号も変わることですし、また新たなめぐり合わせが始まりそうな気がします。そんな予感を抱きつつ…また新たな年の計画を練り始めたところです。
 来年もよろしくお願いいたします。  
Posted by sengaart at 21:44Comments(0)

December 05, 2018

干支展 最終週に入りました

干支展 最終週に入りました 11月半ばに始まった「干支 亥+豚 2019」展、いよいよ最終週に入りました。今年は比較的温かい日が続いているためか、お客様の数が多いような気がします。今日も多くの方にご来廊頂きました。
 グループでいらしたのは剪画を制作している方々で、様々な色の和紙をご購入下さいました。来月開催予定の作品展のために作品を搬入してくださった作家さんたち、もうすぐ終わるので…と駆けつけてくださった方…。今日もとても賑やかな1日でした。
 今年最後の剪画展、土曜日まで開催中です。

(「干支 亥+豚」展 2018. 11.14〜12.8 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 23:30Comments(0)

November 30, 2018

2019年のカレンダーをセットする

2019年のカレンダーをセットする 来年の卓上カレンダーの印刷が上がってきました。教室用に制作した図案を、訪れた場所の風景と組み合わせてコラージュしたもの。今年お世話になった方や、教室の生徒さんに使っていただけるように毎年作っています。
 届いたはがきサイズのカレンダーを組み合わせてプラスチックの箱の中にセット、袋の中に入れて封をします。地道な単純作業なので、隙間時間を見て、ぼちぼちと…。本当は今年最後の干支展が始まる前にちゃんと作って、ギャラリーに置きたかったのですが、いつもこの時期にずれこんでしまうのです。
 さて、これから頑張って発送の準備に励みます。  
Posted by sengaart at 23:54Comments(0)

November 17, 2018

佐治町民話の館での展示

佐治町民話の館での展示 9月〜10月に剪画アート&スペースで開催された「昔話 ものがたり」展、現在はかみんぐさじさんで展示されています。そして今日は佐治町の民話の館で行われた民話会に特別展示をしていただきました。
 囲炉裏を設置した雰囲気たっぷりの民話の館で、民話会の方々による「さじだにばなし」の語りが行われ、多くの方が参加されたそうです。その際に剪画も展示され、お話と共に楽しんで頂いたとのこと。
 作品がギャラリーを飛び出して、様々な機会に、多くの方にご鑑賞いただけるのはとても嬉しいことです。ご協力くださった方々に感謝。本当にありがとうございました。
 なおかみんぐさじでの展示は引き続き12月20日まで行われています。お近くの方は是非おでかけ下さいませ。  
Posted by sengaart at 22:19Comments(0)

November 14, 2018

始まりました「干支 亥+豚 2019」展

始まりました「干支 亥+豚 2019」展 毎年恒例の干支展、今日から始まりました。結局豚さんの絵は2枚しか集まらなかったのですけれど…猪さんは思ったよりもバラエティに富んだ様子でギャラリーの壁に並んでいます。
 今日はお天気が良かったこともあり、多くのお客様がお越し下さいました。教室もあったため、バタバタとアトリエとギャラリーの間を行ったり来たり…。が、そのためにお客様同士で様々な話がはずみ、思わぬ出会いと交流の場となったようです。
 本当に慌ただしくも楽しい1日…初日からご来廊の皆様、ありがとうございました。作品展は来月の8日まで開催しています。


(「干支 亥+豚」展 2018. 11.14〜12.8 於:剪画アート&スペース
  
Posted by sengaart at 22:49Comments(0)

November 13, 2018

剪画展「干支 亥+豚」準備中

剪画展「干支 亥+豚」準備中 明日からの展示に備えて剪画作品を壁に掛けました。毎年のことではありますが、干支展はその年で一番作品数が多い展覧会です。額装作品も多くありますが、色紙作品、はがき作品と様々な大きさの作品が揃うので、全部で40点以上の作品が並びます。
 来年の干支・猪の絵柄は、形的にはあまり多様性がありません。走っているかウリ坊を従えているか…ほとんどが横向きの姿です。それでも渋めの猪、可愛らしい猪とそれぞれに表情があるので、是非見比べて下さい。
 皆様のお越しを心からお待ち申し上げております。

(「干支 亥+豚」展 2018. 11.14〜12.8 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 22:53Comments(0)

November 12, 2018

額装のためのマットを切る

額装のためのマットを切る 明後日から始まる「干支 亥+豚」展の準備中。通常作品は作家さんたちから額装された状態で送られて来ますが、色紙作品や、はがき作品はそのまま届きます。
 その他に、今回はカルチャー教室の生徒さんたちも出展するので、それらの作品も額装しました。額と作品サイズを測って必要サイズにマットをカット。きちっと額に入れると作品たちは生き生きとしてきます。
 はがき作品は数が多いのと、年賀状の形式のものがほとんどなので、はがき掛けに設置しました。額に入れた方が立派に見えるとは思うのですが、年賀状は身近に感じて頂けるように…。
 干支展は水曜日から始まります。

(「干支 亥+豚」展 2018. 11.14〜12.8 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 23:13Comments(0)

October 30, 2018

佐治での展示準備

佐治での展示準備 9月に剪画アート&スペースで開催されていた剪画展「昔話 ものがたり」は、11月1日から鳥取の佐治で開催されます。今日はその展示の様子が送られてきました。以下、かみんぐさじさんからの引用です。
  『展示準備をしていたら、地元の方が声をかけてくださり、「なんだあちーとさびしいなぁ、猝遒里發鶚瓩要るじゃあないか、山からとってくるけえ!」と、野ばらや、葛(つる)などなど、可愛い子たちを連れてきてくれました。』
 なんて素敵!佐治谷話の地元ならではの展示…東京では決してできない飾り付けです。まだ最終的な仕上がりは当日になるとのこと。どんな風に作品を並べていただけるのか、楽しみにしています。
 かみんぐさじでの展示は12月20日まで。お時間のある方は是非お立ち寄り下さいませ。  
Posted by sengaart at 21:22Comments(0)

October 14, 2018

作品の発送準備

作品の発送準備 土曜日に終了した「昔話 ものがたり」展の作品は、引き続き鳥取で展示していただきます。今日はそのための発送準備。作品額とその箱の裏に作品タイトルを貼り付け、ダンボールに入れてゆきます。
 ここのところいくつかの作品展が重なっていたため、箱もあちらこちらに収納場所されていてなかなか見つからず…。箱がないものはダンボール板で簡単に囲み、2つのダンボール箱の中に収めました。
 タイトル札とコメント、パンフレットを詰めて…明日は出荷できそう…。次の場所での展示が楽しみです。  
Posted by sengaart at 22:10Comments(0)

October 13, 2018

「昔話 ものがたり」展 ご来場ありがとうございました

「昔話 ものがたり」展 ご来場ありがとうございました 会期中、台風が通過したり、雨が多かったり…あまりお天気のよくない日々が続きました。そんな訳で今回の作品展の前半はお客様が少なかったのですが、後半の雨のない日に多くの方にお越しいただきました。
 ストーリーに基づいて描かれた剪画は、わかりやすくとても楽しいとお客様からの評判がとても良かったです。絵の下に付けられている作者からの解説を丁寧に読んでいる方もいらっしゃいました。
 今回描かれている絵柄には佐治谷ばなしも多く含まれているため、これらの作品はこれからかみんぐさじや鳥取市内の図書館でも展示して頂く予定です。色々な方に昔話の剪画を楽しんでいただければ嬉しいです。
 ご来場下さった皆様、ありがとうございました。  
Posted by sengaart at 20:16Comments(0)

October 10, 2018

エチオピアン・コーヒーハウスさんの展示替え

エチオピアン・コーヒーハウスさんの展示替え 5月にギャラリーで「エチオピアン・カフェ」展を開催して以来、交代でその出展作品をカフェに飾って頂いています。
 今月からの展示は、菅谷さんの「リリーオブザナイル」と結城さんの「エチオピアから愛を込めて…」。今日の午前中に伺って壁にかけさせていただきました。両作品とも黒い和紙を切り抜いたキリリとした剪画らしい作風。秋らしくなってきたこの季節にも似合います。
 それでも今日はまだ少し日差しが強かったので、冷たいアイスラテを頂きつつ、コーヒーハウスでのゆったりとしたひとときを楽しませて頂いたのでした。  
Posted by sengaart at 22:58Comments(0)

September 30, 2018

「エチオピア+日本 アート&カルチャー交流」充実の一日

「エチオピア+日本 アート&カルチャー交流」充実の一日 エチオピア大使館で「エチオピア+日本 アート&カルチャー交流」というイベントを開催。壁面にエチオピアと日本の文化を描いた剪画を飾り、コーヒー・セレモニーと日本の茶道のお点前を見ながら、両国の文化を楽しむ会です。あいにくの台風で2回開催する予定だったセレモニーは11時から1回にくりあげ、参加者のキャンセルも多かったのですが、会は和気あいあいとした雰囲気で、とても良い感じに盛り上がりました。
 コーヒー・セレモニーには何度か参加したことがあるものの、今日は参加人数が多かったので、今までにない質問が出たりして、新たな発見がありました。
 続いて行われた日本のティー・セレモニー。初心者用の説明をして頂き、様々な角度からお点前を見て、とても勉強になりました。改めて自国の文化を知らなかったことに驚きます。
 剪画展示は今日1日だけですが、ご参加頂いた方に楽しんで頂けたようで、とても充実した日となったのでした。  
Posted by sengaart at 21:30Comments(0)

September 27, 2018

エチオピア大使館での展示準備

エチオピア大使館での展示準備 30日にエチオピア大使館でイベントを行います。エチオピアをモチーフにした剪画を飾り、コーヒー・セレモニーと茶道のお点前が行われる交流イベントです。
 大使館に飾らせて頂くのは、27点のエチオピアと日本の花々や動物、週間などを描いた剪画。全部飾りきれるかどうかは不明ですが、万全の準備を整えておかなくてはなりません。
 今回は日野さんも手伝ってくれたので作業はとてもはかどりました。作品と箱に札を付けたり、マットを切って額に入れたり…。1つ1つの作業は意外に時間がかかりました。おかげさまで作業はほぼ完了。
 あとは当日台風がひどくならないことを祈るばかりなのですけれど…。  
Posted by sengaart at 23:29Comments(2)

September 26, 2018

「昔話 ものがたり」展 始まりました

「昔話 ものがたり」展 始まりました 「便り」展が終わって、1週おいて始まった「昔話 ものがたり」展、準備段階ではバタバタしましたが、無事に幕を開けました。お彼岸を間に挟んだこともあって、すっかり涼しくなって周囲は秋の気配です。
 今回の作品展ではあらゆる「昔話」がテーマ。アンデルセンの人魚姫から日本の浦島太郎や鶴の恩返し、そして佐治谷ばなしなどの笑い話まで…。作家が選んだ場面が剪画で描かれています。
 お天気はあまりすぐれませんでしたが、常連のお客様が早速ご来廊下さいした。絵を前にストーリーの話をしたり、好きだった昔話を思い出したり…ちょっとしたコミュニケーションの場ともなっています。
 作品展は10月13日まで。お散歩に良い季節ですので、お気軽にお立ち寄り下さい。

(「昔話 ものがたり」出展作品 2018.9.26〜10.13 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 22:22Comments(0)

September 25, 2018

「昔話 ものがたり」展の準備

「昔話 ものがたり」展の準備 明日から始まる剪画展「昔話 ものがたり」の準備中です。絵を壁にかけて、タイトル札を作って、絵葉書をプリントして…いつも通りの手順で準備しつつも、始まるまではやはり落ち着きません。
 明日、明後日はお天気が悪そうなので、お客様の出足はあまり良くないでしょう。あわてなくてもゆっくり準備すれば良いのですけれど…。
 作品展は10月の13日まで開催します。お天気が良くなったら、是非お散歩にいらして下さい。まだしばらくは水元公園の曼珠沙華も咲いていると思います。

「昔話 ものがたり」展
期間:  2018年9月26(水)〜10月13(土)
     水・木・金・土 開廊(日・月・火曜休廊)
     PM12:00〜PM6:00
会場  ::剪画アート&スペース
     〒125-0033 東京都葛飾区東水元 2-12-16
     Tel : 03-5648-7075 / Fax : 03-5648-7074  
Posted by sengaart at 23:19Comments(0)

September 17, 2018

展示替えの時期

展示替えの時期 15日に終了した「便り」展から、26日に始まる「昔話 ものがたり」展までの間は1週間とちょっと。例年だと次回の作品展までもう少し余裕があるのですが、今年はかなり前倒しの日程になっています。
 そのため、ギャラリーにはまだ壁にかかっている作品と、これから展示するために立てかけてある作品とが置いてあります。そしてアトリエにはまだ額装されていない色紙作品や、マットを切るために待機している作品が…。なんとも混沌とした状況なのです。
 さらに30日にはエチオピア大使館での展示。それぞれにちゃんとセットアップし、多くの方に作品を見ていただけるように頑張りたいと思っています。

(「昔話 ものがたり」展 22018.9.26〜10.13 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 23:04Comments(0)

September 15, 2018

剪画展「便り」最終日

剪画展「便り」最終日 とても暑かった8月の末からだいぶ涼しくなってきた今日まで、気候の変動がある時期に開催された「便り」展、おかげさまで無事に終了いたしました。
 今日は午前中から雨だったのでお客様が少ないだろうと思っていたのですが、夕方になって雨がやむと、「最終日なので…」ということで、訪ねて下さった常連のお客様も何名かいらっしゃいました。とてもありがたいことです。
 今回の作品展は、入口近くにハガキをずらりと並べるなど、少しいつもと違った展示も行いました。そうした展示に頂いた様々なご感想を活かしながら、また次回の作品展へとつなげてゆきたいと思っています。ご来廊、ありがとうございました。  
Posted by sengaart at 23:10Comments(0)

September 10, 2018

戻ってきた作品たち

戻ってきた作品たち 鳥取のあおや和紙工房さんで開催して頂いた「因州和紙剪画展」が9月2日に終了し、出展作品が戻ってきました。全部で40数点。それでも一番大きな作品は、別の作品展のために残して来ているのですけれど…。
 到着した9個の箱は、完全に玄関を塞いでしまいました。作品を集めて鳥取に発送する時は、ギャラリーが夏休みになっていたので、そのスペースで準備して箱を並べることができたのです。
 が、今はギャラリーは作品展を開催中で、おまけに次回の作品展「昔話 ものがたり」展と、エチオピア大使館で展示する剪画たちが、あちらこちらに置いてあります。少しずつ箱を開けて作品の置き場を作らなくては…。夏が終わったギャラリーは、作品たちがひしめいています。  
Posted by sengaart at 21:53Comments(0)

September 05, 2018

今日のギャラリー:「便り」展

今日のギャラリー:「便り」展 台風が去って暑くなった今日ですが、多くのお客様がご来廊下さいました。お客様同士で話がはずんだり、作品についての意見を交換したり、思わぬところに会話が進んで作品制作のヒントになることも…。何度かギャラリーで居合わせると、自然と交流が深まってゆきます。
 初めてハガキ作品を出展し、ギャラリーを訪れたついでに縛られ地蔵にお参りに向かった教室の生徒さん。ギャラリーだけではなく、周辺も楽しんでいただけるのは嬉しいです。
 閉廊間際には昨日ご紹介した郵便ポストの剪画をインターネットで見て、久しぶりに訪ねて下さったお客様も…。鳴子のお友達に今回展示されている郵便ポストの絵葉書を送って下さるそうです。
 思いもかけない方向に交流の輪が広がってゆく…そんなことを実感した1日でした。

(「便り」展 2018.8.29〜9.15 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 23:39Comments(0)