July 16, 2019

作品搬入

作品搬入 東京芸術劇場・地下1Fアトリエウエストで開催される「青枢選抜2019 SUMMER」に作品を搬入するために日野さんと行ってきました。11時に集まり、それぞれに作品を壁に沿って並べてゆきます。絵の形状や色合いを見ながら作品の位置を調整し、場所が決まったら壁に設置。絵の中心で高さを合わせながら傾きを修正しました。

 油絵にアクリル、水彩、ミクストメディア、コラージュ、半立体のオブジェと使う素材も作風もまちまち。選抜展だけあってどの作品もが力作で、見応えがあります。21日まで開催していますので、池袋方面にいらっしゃる方は是非ともお立ち寄りくださいませ。

(「青枢選抜2019 SUMMER」展 2019. 7.16〜7.21 於:東京芸術劇場・地下1Fアトリエウエスト)  

Posted by sengaart at 22:48Comments(0)

July 06, 2019

洋風料理ナカムラさんでの昼食会

洋風料理ナカムラさんでの昼食会 今月、ナカムラさんでは菅谷さんの剪画作品が展示されているので、食事会を開きました。近郊の剪画アート&スペース出展作家さんと剪画教室の生徒さんたちに声をかけます。食事会のご案内を送ったのが1週間前だったので、参加者が少ないかな…と思っていたのですが、10人のメンバーが集まりました。
 おいしい食事をいただきながら、情報交換をし、親交を深めます。普段一人で作品を制作する作家さんたちも、これから制作する作品やテーマについて話す機会があると、インスピレーションが湧くこともあるのです。
 終了後に何名かはギャラリーまで来て和紙を購入したり、作品を搬入。こうした機会はさらなる活動につながることがあるので、時折開催したいと考えています。  
Posted by sengaart at 23:59Comments(0)

July 03, 2019

作品展終了後のギャラリー

作品展終了後のギャラリー 剪画アート&スペースでは、作品展が続く時もありますが、夏と冬はお休み。6月29日に「細なが〜い!」展が終わった後は、8月後半まで展示はありません。ギャラリーの壁にはまだ作品が少し残っていますが、作家さんたちに少しずつ返却しています。
 作品を返却する時は、作品や絵葉書が売れた数を記入して、絵葉書と共にお渡ししています。それほどたくさんの絵葉書が売れる訳ではないのですが、ご来廊のお客様には絵葉書を選ぶのを楽しみにしている方もいらっしゃるので…。そして残ったものは、作家さんたちにお送りします。
 お休み中のギャラリーでは、お客様を迎えたり、和紙を広げて見ていただいたり、作品制作を行うこともあります。展示はしていなくとも、かなり便利な空間ではあるのでした。  
Posted by sengaart at 23:23Comments(0)

June 30, 2019

ナカムラさんでの剪画展示始まります

ナカムラさんでの剪画展示始まります 今日の午後は洋風料理ナカムラさんへ…。7月は菅谷さんの作品をレストランの壁面に飾っていただくので、その飾り付けのためです。今回菅谷さんは9点の花の絵と3点の風の盆の作品を用意しました。サイズは半切の額のものからはがきサイズのものまで様々です。
 壁の中央に大きな絵をならべ、徐々に小さい絵に…。蓮の花など少し色彩が入っているものもありますが、モノトーンを基調として感じの作品が多いので、静謐な感じの展示となりました。涼しげで、リラックスできる空間になっている思います。
 展示は明日から7月いっぱい開催されます。ナカムラさんでおいしいお料理を食べながら、菅谷さんの剪画作品を鑑賞していただければ幸いです。  
Posted by sengaart at 22:08Comments(0)

June 29, 2019

「細長〜い」展 雨の最終日

「細長〜い」展 雨の最終日 4週間開催していた「細長〜い」展、最終日は雨でした。今日はお客様は少なめでしたが、今月は水元公園の菖蒲が美しい時期だったので、期間中にたくさんの方にお越しいただきました。
 新聞の告知欄を見て訪ねて下さった方や、葛飾の美術家展においてあったDMを見て来て下さったお客様、久しぶりに訪れて下さったご家族もいらっしゃいました。前回の「万葉集」展に比べるとテーマが地味かな…と思っていたのですが、細長い形をテーマに作った作品は、作家さんのアイディアや着眼点が面白いと意外に評判が良かったようです。
 また、剪画の表現方法や、素材である和紙に興味の持って頂いた方も多く、ギャラリーではたくさんの会話が生まれました。そこにはまた新たな作品展のヒントも…。本当に得るところの多かった作品展。ご来場の皆様、ありがとうございました。  
Posted by sengaart at 21:45Comments(0)

June 23, 2019

マットの切れ端

マットの切れ端 剪画作品を額装する時に必要なマットは、よほど大きくない限りうちにあるマットカッターで切ります。出展作家さんたちも絵を持ってきてマットをオーダーすることもあれば、マットの色を選んで自分でカットすることもあります。マットカッターを使ってマットを着るのはは多少の力が必要ですが、慣れてしまえばそれほど大変な作業ではありません。
 そうして切ったマットの切れ端を取っておいたら膨大な量になってしまいました。今日はそれらを仕分けして整理。絵葉書用や小さな色紙用ならば使えそうなものは、必要な大きさに切って取り分けておきます。…そんな作業をしていたら、あっという間に1日が経ってしまいました。それでも作業は終わらず…。
 これらに合わせて小さな作品を作ろうかな…とも考えつつ、続ける作業を仕分けしたのでした。  
Posted by sengaart at 22:05Comments(0)

June 08, 2019

今週のギャラリー

今週のギャラリー 今週から「細なが〜い!」展がスタート。前回のクラッシクな「万葉集」展に比べると、ポップでユーモラスな感じの作品が多い作品展です。
 初日は多くのお客様がお立ち寄り下さいました。暑すぎた木曜日と雨の金曜日はお客様が少なめ。やはりこの時期の催し物は、お天気が大きく影響します。曇りながら菖蒲や紫陽花を見るのに最適な今日は、多くのお客様がお越しになりました。これから水元公園に向かう方、花々を見た後に寄って下さった方…。お散歩にも良い気候だったのだと思います。久しぶりにゆっくりと会話する時間にも恵まれ、得るところの多い1日となりました。
 来週も菖蒲は見頃だと思います。お天気をチェックしつつ…是非お散歩にどうぞ。

(「細なが〜い!」展 2019. 6.5〜6.29 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 20:37Comments(0)

June 05, 2019

「細なが〜い!」展は今日からです

「細なが〜い!」展は今日からです 剪画アート&スペース前半最後の作品展「細なが〜い!」が今日から始まりました。そろそろ梅雨展とはいうものの、今日は曇りのち晴れ。そんなお天気のおかげもあって、ボチボチとお客様がお見えになりました。
 今回の作品展は重厚な感じだった前回と全く違い、軽いタッチの作品が多いのが特徴です。日々の通勤で見かける建物、美しい花々、食べ物、動物たち…。どちらかというと生活に近いシーンが多く描かれています。
 いつもの作品よりも縦横の長さの差が大きいので、バランスを取るために絵を揃えずに、バラバラに配置してみました。今回の絵柄にはそれもマッチしているのではないかと思っています。
 水元公園の菖蒲や紫陽花を見がてら、お気軽にお立ち寄り下さいませ。皆様のお越しをお待ちしております。

(「細なが〜い!」展 2019. 6.5〜6.29 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 23:03Comments(0)

June 04, 2019

明日から始まります

明日から始まります 剪画アート&スペース6月の作品展は「細なが〜い!」。縦細長い絵や、横に長い絵、もしくは長いものを描いた作品が並びます。パスタを横取りするオウム、藤棚から下がって咲き誇る藤の花、空にかかる天の川、お蕎麦を切っている職人さん…。生活の中のあらゆるシーンから細長いものを取り出して描いた剪画作品。普段と違うポーションの絵をお楽しみいただければ幸いです。
 29日まで開催していますので、是非遊びにいらして下さい。

「細なが〜い!」展
期間:  2019年6月5日(水)〜6月29日(土)
     水・木・金・土 開廊(日・月・火曜休廊)
     PM12:00〜PM6:00
会場  :剪画アート&スペース
     〒125-0033 東京都葛飾区東水元 2-12-16
     Tel : 03-5648-7075 / Fax : 03-5648-7074  
Posted by sengaart at 22:46Comments(0)

June 03, 2019

次回の作品展の準備

次回の作品展の準備 先週「万葉集」展が終り、水曜日からは剪画展「細なが〜い!」が始まります。インターバルの期間が短いため、作業は効率よく行わなくてはなりません。
 「万葉集」展の作品はこれから旅にでるので、絵を壁から外してから名札を付けて箱詰めをしました。これから多くの方に見て頂けるといいなぁ…と願いつつ…。部屋の中は2つの作品展の額、箱、名札などでいっぱい。送り出す作品も、ギャラリーに飾り付ける作品も、きちっと揃っているか確認しないと、迷子になってしまいそうです。今日と明日で「細なが〜い!」展の作品を飾り付けます。
 剪画アート&スペースでの展示は6月5日〜29日まで開催。水元公園の菖蒲が綺麗な時期ですので、是非お散歩にいらして下さい。

(「細なが〜い!」展 2019. 6.5〜6.29 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 23:06Comments(0)

May 25, 2019

ご来廊ありがとうございました

ご来廊ありがとうございました 5月8日から始まった剪画展「万葉集」は、本日無事に最終日を迎えました。令和最初の作品展のタイトルが「万葉集」。新聞の情報欄に掲載して頂いたこともあって、通常よりも多くのお客様にお越しいただきました。まだ集計をしていませんが、ギャラリーが始まって以来、一番多かったかも知れません。
 作家さんたちも万葉集のことを良く知っている方はおらず、1月からリサーチをしてそれぞれに好きな句を選び、素敵な作品を制作して下さいました。同じ句を選んだ方がいなかったのも面白かったです。
 ご来廊のお客様は、それぞれにお気に入りの句があったようで、じっくりと絵をご覧いただきました。展示する時に添えてあった札に書かれた歌を読みながら剪画をご鑑賞下さった方も多かったです。ご来廊の皆様、ありがとうございました。
 この後「万葉集」の作品は巡回展に出かける予定でおります。今後共よろしくお願いいたします。
  
Posted by sengaart at 23:03Comments(0)

May 14, 2019

万葉集が結ぶ縁

万葉集が結ぶ縁 ある作品展でお会いした詩人の山内理恵子さんは、近所にお住まいで作品展の度にギャラリーを訪れてくださいます。今回テーマが万葉集ということで、お友達の永井ますみさんを紹介して下さいました。永井さんは「永井ますみの万葉がたり」と「古代ブロガー家持の夢」という万葉集に関する本を著作されています。これもひとつのご縁だと思い、ギャラリーに本を置かせていただきました。
 そして今日、神戸に住む永井さんがはるばるご来廊。山内さんと3人で万葉集のことなど、話がはずみます。いろいろとお話するうちに、永井さんが鳥取出身であることがわかりました。今回の「万葉集」の作品は、多くの作家さんたちが因州和紙を使っていて、巡回展も企画中。ご縁のある方はいろいろな共通点があるのだなぁ…と感心しました。
 新しい出会いに感謝。ご来廊ありがとうございました。

(「万葉集」展 2019. 5.8〜5.25 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 23:24Comments(0)

May 08, 2019

剪画展「万葉集」始まりました

剪画展「万葉集」始まりました 令和になって最初の剪画展は、奇しくも「万葉集」。一昨年から海外での展示やワークショップを行う機会が何度かあったため、年に1回は日本的なモチーフをテーマにしようと思い立ちました。その第一弾としてテーマを「万葉集」に定めたのですが、4月になって新しい年号が令和と発表されて驚きました。まさか万葉集が出典元だとは…。
 作家さんたちは年頭から万葉集に触れてそこから様々なアイディアを膨らませ、作品を制作しました。万葉のは花々や句にちなんだ人々、動物や風景…万葉集の世界がギャラリーの中に繰り広げられています。
 今回の作品展では、作品にその元となった句を添えてあります。万葉の和歌の世界を剪画と共にお楽しみいただければ幸いです。

(「万葉集」展 2019. 5.8〜5.25 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 22:25Comments(0)

May 06, 2019

連休明け すぐに始まります

連休明け すぐに始まります 連休明けてすぐ剪画展「万葉集」が始まります。ここのところ立て続けにドイツ、フランス、ポーランドで剪画の展示とワークショップを開催する機会がありました。そのため、年に1回は日本の文化を象徴するようなテーマを設定しようと思ったのです。その第一弾が「万葉集」。まさかそのテーマが新しい年号の出典元になるとは思ってもみませんでした。何とも言えない不思議な縁を感じます。
 今回は万葉集の歌と共に剪画を展示します。お散歩にも気持ちの良い時期ですので、是非ともお気軽に遊びにいらしてください。作品展は水曜日から始まります。

「万葉集」展
期間:  2019年5月8(水)〜5月25(土)
     水・木・金・土 開廊(日・月・火曜休廊)
     PM12:00〜PM6:00
会場  :剪画アート&スペース
     〒125-0033 東京都葛飾区東水元 2-12-16
     Tel : 03-5648-7075 / Fax : 03-5648-7074  
Posted by sengaart at 23:08Comments(0)

April 24, 2019

岩倉地区公民館で剪画の展示始まる

岩倉地区公民館で剪画の展示始まる 鳥取市の岩倉地区公民館で剪画の展示が始まり、その様子が現地から写真で送られてきました。
 今回展示されるのは、鳥取・佐治に伝わる話をはじめとした物語を描いた「昔話ものがたり」と、「干支 亥+豚」展に出展された作品です。昨年中に剪画アート&スペースで展示された後、鳥取の各地で巡回展を開催していただいているのです。
 岩倉地区公民館は昨年の夏、剪画のワークショップを開催して頂いたなつかしい場所。今回は展示だけですが、少しでも多くの方の目にとまるよう、作品を廊下にずらりと並べて下さいました。入り口にはご案内の看板も…。実際に伺えないのは残念ですが、近隣の皆様に剪画を楽しんでいただければ…と願っています。
 作品展は5月24日まで。お近くの方は是非ともお立ち寄り下さいませ。  
Posted by sengaart at 22:08Comments(0)

April 10, 2019

作品搬入の締切日

作品搬入の締切日 今日は次回の作品展「万葉集」の締切日。テーマはおおむねね年頭に決定し、各作家さんたちに知らせます。作家さんたちは少しずつリサーチを重ねて、テーマに合わせた作品を締切日までに制作し、搬入してくれます。
 4月に発表される新しい年号のことは全く考えていなかったのですが、令和という年号が万葉集に由来すると聞いて驚きました。令和になって最初の剪画展が「万葉集」になるのです。偶然とはいえ…。
 作家さんたちも令和に合わせて作品を制作したかったようですが、締切日が近すぎてちょっと無理だった模様。それでも万葉集の歌をもとに、素敵な作品を制作して下さいました。
 ゴールデンウィークがあるので少し早めに準備をしている次回の作品展。新しい時代の記念スべき剪画展になりそうです。

(「万葉集」展 2019. 5.8〜5.25 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 22:26Comments(0)

April 09, 2019

エチオピアンローズとキツネザル

エチオピアンローズとキツネザル 4月になったので、エチオピアンコーヒーハウスさんに飾って頂いている剪画を取り替えにいきました。昨年の5月にギャラリーで「エチオピアン・カフェ」展を開催して以来、2〜3ヶ月ごとに絵を掛け替えています。
 今回は高橋さんの作品で、バラとキツネザルの絵。どちらの絵も背景にエチオピアの地図がアレンジされて入っています。絵の中に使われている赤と緑がコントラストとなってお互いに引き立てあって良い感じ。前回飾ってあった剪画とは少し雰囲気が変わりました。
 薫り高いエチオピアンコーヒーを飲みながら、是非剪画も楽しんで下さい。今回の作品は、6月末くらいまで展示する予定です。  
Posted by sengaart at 21:01Comments(0)

April 06, 2019

桜満開の最終日

桜満開の最終日 すっきりと晴れた暖かい今日、水元公園の桜は満開でした。ギャラリーでの「Pink」展は最終日。お散歩がてらの方や、新聞の記事を見た方など、多くの方々がお立ち寄り下さいました。
 今年の桜はゆっくりと開花したため、会期は桜の時期とぴったりと重なり、例年より多くの方にご来廊いただくことができました。初めてギャラリーにお越しくださった方も多く、剪画を通じて新しいご縁が広がったのも嬉しいでき事です。ちょっとしたきっかけから話がはずみ、また新たなプロジェクトへと発展しそうな出会いもありました。
 とても春らしく、明るく、ときめきの多かった作品展。ご来廊の皆様、ありがとうございました。  
Posted by sengaart at 22:44Comments(0)

March 23, 2019

水元公園の桜:開くか開かないくらい…

水元公園の桜:開くか開かないくらい… 今週暖かくて、このまま桜が開くかな…と思ったのですが、今日はいきなり寒くなりました。昨日の朝、まだ暖かい時に水元公園の土手を散歩したところ、幹に付いている花が1輪開いていました。でも、ほとんどの花はまだ…。今日は気温が低かったので、まだ花は開くか開かないか、わからないくらいのところだと思います。
 急激に気温が下がった週末。ギャラリーには少しづつお客様が訪ねてくださって、思ったよりも多くの方に作品をご鑑賞いただくことができました。皆さん、やはり桜と共にやってくる春の訪れを心待ちにされているようです。
 来週は桜が少しずつ開き、賑やかな週になるのではないかと楽しみにしています。

(「Pink」展 2019. 3.20〜4.6 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 22:02Comments(0)

March 20, 2019

剪画展「Pink」初日

剪画展「Pink」初日 日差しが暖かい春らしい日。今日から「Pink」展が始まりました。
 テーマがピンクなので、一歩ギャラリーに入ると、明るい色が目の中に入ってきます。桜の薄いピンク色、鮮やかな芝桜のピンク、紫に近い色合いのピンク…。今まで様々な色をテーマに剪画展を開催してきましたが、一番華やかな作品展になりました。
 暖かいので、お散歩途中にに立ち寄ってくださったお客様もちらほら…。遠くの方は桜が咲いてからいらっしゃる事が多いのですが、近くの方は桜のようすを見にいらしたようです。来週あたりが、桜もお客様のご来廊もピークとなりそう…。
 剪画による華やかな春、是非ギャラリーの方にもお立ち寄り下さいませ。

(「Pink」展 2019. 3.20〜4.6 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 22:29Comments(0)

March 19, 2019

「Pink」展 明日から始まります

「Pink」展 明日から始まります 今年の予想では、桜は例年よりも早めに開くとのこと。それでも水元界隈の桜のつぼみはまだ固い感じです。今週末から少し咲き始めるかもしれませんが…。
 そして剪画アート&スペースの今年最初の作品展「Pink」は、明日から始まります。桜にちなんでPinkをテーマにした作品展。桜の花だけではなく、ピンク色の動物、人々など、ピンクにまつわる様々なテーマの剪画作品が展示されます。
 桜の様子を見がてら、是非お立ち寄り下さいませ。

「Pink」展
期間:  2019年3月20(水)〜4月6(土)
     水・木・金・土 開廊(日・月・火曜休廊)
     PM12:00〜PM6:00
会場  :剪画アート&スペース
     〒125-0033 東京都葛飾区東水元 2-12-16
     Tel : 03-5648-7075 / Fax : 03-5648-7074  
Posted by sengaart at 22:29Comments(0)

March 18, 2019

ギャラリーの準備中

ギャラリーの準備中 明後日から始まる「Pink」展のために、ギャラリーをセットアップ中です。作品は揃っているし、まだ時間は十分にあると思っていたのですが…。先日行われたセンガフェミナ展の片付けが済んでいないギャラリーには、様々なものが散乱、中にはポーランド展関係のものまであります。
 ギャラリーを飾り付けするためには、まず片付ける必要があることに気づきました。が、帰ってきた額をしまう場所も限られているし、中にある作品も作家さんたちに返却するためには、額から出しておかなくはなりません。1日かかって、ようやく作品を並べることができる状態になりました。
 まだまだ片付ける仕事はたくさんありますが…何とか初日までには飾り付けができそうです。ちょうど水元公園の桜もそろそろ開く頃。皆様、春のギャラリーでお待ちしております。

(「Pink」展 2019. 3.20〜4.6 於:剪画アート&スペース)  
Posted by sengaart at 23:32Comments(0)

March 12, 2019

エチオピアンローズとコーヒーと

エチオピアンローズとコーヒーと センガフェミナが終わって、久しぶりに教室の帰りにエチオピアン・コーヒーハウスに寄りました。2周年記念の期間で、カウンターには美しいエチオピアンのバラの花々が飾られています。ちょうど壁に飾って頂いている岡田さんの剪画「エチオピアンローズ」と色も形もそっくりで、どちらも素敵でした。
 カフェオレを入れてもらって一服。このお店ができてから、もう2年になるのか…と思いつつ…。昨年からはエチオピアをテーマにした剪画を定期的に掛け替えながら飾って頂いています。地元で生まれたご縁に感謝しながら、ゆったりとしたひとときを楽しんだのでした。
 
 
   
Posted by sengaart at 23:20Comments(0)

March 09, 2019

Senga Femina 展 終わりました

Senga Femina 展 終わりました 3月4日から一週間開催させて頂いたセンガフェミナ展、本日終了しました。16名の剪画作家が集まり、それぞれ目いっぱいの力を投入して作品を制作し、展示。会場にはバラエティあふれる作風の剪画が並び、展示する側もとても勉強になりました。
 また多くのお客様においで頂き、様々なご意見を伺いました。展示を通じで様々な交流が生まれたのも大きな収穫です。ご来場の皆様、本当にありがとうございました。
 予定通り搬出を終え、近くのレストランのビュッフェで打ち上げ。最初の1時間はそれぞれに食べるのに必死な感じではありましたが、お腹いっぱい食べた後に多くの感想を交換し、また次なるプロジェクトでの再開も約束しました。
 また次回のSenga Femina で皆様にお目にかかるのを楽しみにしております。  
Posted by sengaart at 23:22Comments(0)

March 06, 2019

Sweets Time

Sweets Time 作品展3日め。昨日よりはゆるやかな感じでお客様がご来場下さいました。
 女性の会だけあって、甘い物の差し入れがたくさん。いくつかを中欧のテーブルに並べています。多くの方にお目にかかって話しているととても楽しいのですが、夕方になると少し疲れが出てくるのです。そんな時に頂いた甘いものを頂くと…体に染みわたってくるような気がします。
 ちょうどお客様も少なくなってくる夕方は、おやつと情報交換の時間。見た目も美しく、春らしいおやつを前に会話にも花が咲きます。お客様も交えて、剪画の話話がはずむことも…。そんな時間も、この会の大切な部分なのでした。

(「Senga Femina 2019」展 2019.3.5〜3.9 於:ギャラリー暁)  
Posted by sengaart at 23:09Comments(0)