February 08, 2021

教室と作品の仕上がりと…

教室と作品の仕上がりと… いつも3〜5名のグループで教室に参加してくださる方たち。とても意欲的で様々なアレンジを加えながら作品を制作して下さいます。今日の作品が仕上がった後、作品を並べて撮影。毎回こうして写真を撮った後、共通のお友達に見せて、誰がどの作品を作ったか当ててもらうのだそうです。
 それぞれに色の使い方やアレンジの仕方が個性的なので、正解されることも多いとのこと。それでも皆さん工夫して作品を仕上げているので、お友達が間違うこともあるそうです。今日は2名の方が春の作品を制作し、1名の方が、家で描いてきた図案を元にオリジナルを作成、そしてもう1人は図案集から七福神の作品を作りました。
 仕上がった色紙をお互いに比べるのも励みになりますが、さらにそれを鑑賞してくださる方がいる…というのは、さらに楽しそう。剪画を中心にしたこうした輪は大切にしたいですね。