October 20, 2020

愉みな時間

愉みな時間日野 晴美 作 297×420mm

 テーブルの上に紅茶のポットとカップ。周囲にはカモミールなど香りに使われるハーブが配されていて、優雅なティータイムがこれから行われる予感がします。
 日野さんはこの作品を色違いで2枚制作。1枚はくっきりとした黒のアウトラインに薄い彩色を施し、背後に和紙の風合いを生かした生成りの紙を配しました。しっとりとおちついた色合いです。もう一方は緑のアウトラインに、ピンクやオレンジの華やかな色を飛ばした背景。華やかで楽しげな様子を描きました。しかも赤いマットを使って額装されているので、ギャラリーで見て頂く時は、さらに鮮やかで、絵本の中から飛び出してきたようなストーリー性も感じることと思います。
 2作を比べてご覧いただけば、配色によって表現する時間も違って見えるのがわかります。いずれにしても楽しいティタイム。その優雅な雰囲気を表現した作品です。

(「Tea Time」出展作品 2020. 10.14〜10.31 於:剪画アート&スペース