May 19, 2020

初夏の教室:孔雀

初夏の教室:孔雀 剪画教用に制作する作品は、だいたい1ヶ月後くらい先まで飾れるような季節の絵柄が多いです。が、現在ほとんどの教室はお休みで、クラスによっていつ再開するかはわかりません。そのため、次の教室用には季節感があまりない孔雀を題材にしました。
 孔雀はその優雅でゴージャスな姿から、とても人気のあるモチーフです。デティールを作り込むほど魅力的に見えるのですが、教室の時間内に制作できるよう、下絵はなるべくシンプルに描くように気をつけました。…が…それでもだんだん複雑になっていきます。
 完成した下絵を自分で切ってみたら、やはり1回のクラスでは終わらなそう…。丁寧に彩色すればさらに時間がかかるでしょう。非常事態宣言が終わってもしばらくはステイホームだと思うので、残りは宿題でやってもらいましょうか。