March 24, 2020

香りほのかに…

香りほのかに…日野 晴美 作 140×320mm

 今回の作品展「春の香り」では、3名の作家がイチゴを描きました。それぞれに視点が違っていてとてもおもしろいので、ギャラリーでぜひ確認して見て下さい。
 この「香りほのかに…」は、イチゴの実そのものに一番フォーカスした形で描かれています。周囲にイチゴの茂み重ね、その中にイチゴの房を配置しました。背景の淡い葉の色とイチゴの房に使った黒、そして真っ赤なイチゴ…そのコントラストが美しく映えています。イチゴを摘みに行ったことがある人は、この絵を見るだけで摘みたてのイチゴの放つ香りを思い浮かべることでしょう。
 背景、イチゴの葉、イチゴの実それぞれに合ったムラ染めの和紙を使っています。その豊かな色味を細長い空間を生かして配置したあたりに、日野さんの手腕を感じました。素材を活かして瑞々しい春の息吹を描いた秀作です。

(「春の香り」出展作品 2020. 3.25〜4.11 於:剪画アート&スペース