September 21, 2019

プロブディフと温泉と

プロブディフと温泉と 市街地の小さなバシリカと呼ばれる古いモザイクの保存されている施設を見てから、郊外に車で出かけました。ヒサリャと呼ばれるこの温泉地は現在市内に22ヶ所の源泉があるそうです。ここはブルガリアでも最も古い温泉地で、紀元前5世紀頃から集落があったとのこと。ローマ時代の温泉施設跡も見学できるようになっていました。今でも温泉のお湯が汲める場所があり、温かいお湯が湧き出ています。温泉好きの日本人にとっては何となく郷愁を感じる場所でもありました。
 市内に戻って考古学博物館を見学した後、メインストリートを歩きます。3連休前の金曜日とあって、たくさんの人で賑わっていました。そんな街中でもところどころにローマ時代の遺跡が無造作な感じで保存されているのが面白かったです。