May 16, 2019

秋の七草

秋の七草日野 晴美 作 420×297mm

秋の野に 咲きたる花を 指(および)折り かき数ふれば 七種(ななくさ)の花
秋の野に咲いている花を指を折って数えると次の七種類の花が美しい。
(万葉集 全訳注原文付 講談社文庫 中西進著 より抜粋)

 万葉集には恋の歌や別れの歌が多く詠まれていますが、古人の想いをそのまま絵にするのは難しいもの。そこでどんな絵を描いたら良いか迷っている作家さんには、万葉の花を探してみることをおすすめしました。が、万葉集の歌の中に詠まれている花は野の花で、小さなものが多いのです。日野さんが選んだ秋の七草も、かなり繊細な植物です。
 描かれている草花は、萩、すすき、なでしこ、おみなえし、ふじばかま、朝顔…。その一つ一つを丁寧に描写し、色和紙で彩色してあります。奥ゆかしく優美な秋の七草をお楽しみ下さい。

(「万葉集」出展作品 2019. 5.8〜5.25 於:剪画アート&スペース