May 13, 2019

NIPPON

NIPPON結城 公子 作 415×305mm

 今回の作品展の出展作品では、それぞれの作家が万葉集の中から句を選んで、その句についての作品を制作しています。が、結城さんのこの作品だけは特定の句を元に描かれたものではありません。万葉集の中に出てくる花を、来年のオリンピックにちなんで五輪の輪の中にレイアウトしたものです。
 描かれている花は、ももよぐさ(野路菊)おみなえし(女郎花)おもいぐさ(南蛮煙管)からあい(鶏頭)しののめぐさ(朝顔)おかととき(桔梗)ひかりぐさ(姫百合)はなな(菜の花)あせび(馬酔木)。どの花も野の花らしく、慎ましく、愛らしい花々です。
 デザイン的に配置されている万葉の美しい花々をお楽しみいただければ…と思います。

(「万葉集」出展作品 2019. 5.8〜5.25 於:剪画アート&スペース