January 21, 2019

ワルシャワの旧市街地を歩く

ワルシャワの旧市街地を歩く 今日はワルシャワの旧市街地に観光にでかけました。コペルニクスの像やショパンの心臓が収められている教会、公園にある兵士のお墓や大統領官邸前…そして由緒正しい教会など、多くの建物の外観を見つつ、美しい市街地を歩きます。
 第二次世界大戦で焼かれてしまっているワルシャワの街ですが、できるかぎり忠実に往時の姿を復元しているとのこと。落ち着いた街並みや石畳の道がとても素敵です。
 博物館や旧王宮もありますが、今日は中の見をせず、街の中を歩きました。が、晴れていたとはいえ屋外は氷点下。2時間も歩くと、靴の底から、ダウンの外側から寒気が滲みてきて少しずつ体が冷えてきます。カフェで温かいチョコレートと生クリームのパフェなどを食べて、ひとごこちついたのでした。