October 07, 2018

久しぶりの観劇

久しぶりの観劇 夏が戻ってきたかのような暑い日。文学座の研修科発表会『見よ、飛行機の高く飛べるを』を見に行きました。友人の娘さんが出演しているのです。
 明治の終わりの女子師範学校。良妻賢母を掲げる学校と発刊された『青鞜』に刺激を受ける女子学生たち…。時代が違うものの、女子校の雰囲気は私たちの頃と共通するものがあり、懐かしい感じがしました。
 そこで繰り広げられる会話は三河弁。セリフのために方言をマスターするのは大変だと思いますが、名古屋出身の方からもなかなか…との評価。研修科とはいえ、お芝居もとても良かったです。
 現在、次の作品のカッティングに忙しいものの、時折はいつもと違う刺激を受けるのも必要だな…と感じたのでした。