October 04, 2018

つばめのおんがえし

つばめのおんがえし菅谷 順啓 作 242×272mm

 千葉県木更津の成就寺の本堂の軒に巣を作っていたツバメたちが、そのお礼にお寺の周囲のマムシを退治した…という話に基づいて制作した作品。和尚さんはツバメたちに感謝をしつつ、駆逐された蛇たちの供養も行ったそうです。
 今は穏やかな毎日を過ごす和尚さんと、元気に飛び回るツバメの姿。シャープな線で描かれたツバメたちと、和尚さんの姿はほぼモノトーンですが、背景の色合いに温い色味を使って、良い雰囲気を出しています。
 この物語の最後のシーンを見るだけで温かい気持ちになれる、素敵な作品です。

(「昔話 ものがたり」出展作品 2018.9.26〜10.13 於:剪画アート&スペース