May 24, 2018

ねじれ (1)

ねじれ (1)石川 孝 作 242×272mm

 マウンテンニアラは偶蹄目ウシ科の動物で、エチオピアの固有種だそうです。体には白いストライプと斑点、そして雄の角は外側に向かってねじれています。写真で見ると様々なねじれ方をしたマウンテンニアラの写真を見ることができます。
 石川さんはその毛並みの表現に苦労したようですが、毛の流れや斑点を省略しながら描き、網ブラシで灰色の陰影をつけました。全体にキリリとまとまった作品になっていると思います。
 作品は2点が組みになっていて、1点は体全体を、もう1点は拡大した頭部を正面から描いています。2組を並べて見ると、まだ見たことがないマウンテンニアラのイメージがよりクリアに湧いてくるような気がします。
 はるか遠くを眺めるように佇むマウンテンニアラ。是非エチオピアの大地で見てみたいですね。

(「エチオピアン・カフェ」出展作品 2018.5.16〜6.2 於:剪画アート&スペース