April 15, 2017

次回は「風をおこす」展

次回は「風をおこす」展 8日に剪画アート&スペースでの「きいろ」展は終了しました。次回の作品展は「風をおこす」。絵の内容をテーマで括るのではなく、扇やうちわに絵付けしてもらう作品展です。
 作者さんたちには扇形をした和紙の上に剪画で絵付けをしてもらいました。この和紙を扇屋さんに送ると、舞扇に仕立てて下さるのです。普通の扇では骨の数が多すぎて、剪画のように厚みが出てしまう作品には向かないのですが、舞扇は大きく、折る数も少ないのでうまく仕立てられそう…。台紙には、桜や、模様、人形、山の風景など、様々なものが描かれています。鮮やかな色合いで、仕上がりがとても楽しみになってきました。
 「風をおこす」展にはうちわも出展され、そのまま夏に活用できそうなものが並びます。まだ少し先になりますが、是非遊びにいらして下さい。

(「風をおこす」展 2017.5.17〜6.3 於:剪画アート&スペース



この記事へのトラックバックURL