December 26, 2010

チョコレートと価格

チョコレートと価格 パサデナで夕食を食べた帰りに、通り沿いに見つけたチョコレート屋さんで4種類のチョコを買ってきました。1つぶ約1ドル20セントほど…。ちょっと甘めではありますが、リッチな感じでなかなかおいしいチョコレートでした。
 日本と同じようにアメリカでも、スーパーに売っている板チョコから1つぶづつ購入する高級チョコまで様々な種類のものがあります。生クリームの入ったもの、リキュールが効いたもの、ドライフルーツ、ナッツやミントを使ったもの…。全体的に、日本のものよりもコッテリとして甘めのものが多いようです。多分、甘いと感じる基準がすでにもう違うのでしょう。
 それでも感心するのは、だいたい価格と比例した味をしている…という事です。安いチョコレートは安いなりの、高いチョコレートはそれなりのグレードの…。価格の上下の差はとても激しいのですが、たいがいその値段に見合ったレベルを維持しているのです。
安くても比較的クォリティの高いチョコを食べ慣れている日本人は、それなりの値段のものを買った方が失望しないで済むかも知れませんね。


この記事へのトラックバックURL