December 24, 2010

クリスマス・ショッピング、最終戦

クリスマス・ショッピング、最終戦 今日は23日。平日ですが、アウトレットのショッピング・センターはものすごく混んでいました。クリスマスに子供たちはいくつもプレゼントをもらうし、いつもは離れている家族が集まってお互いにプレゼントを交換するので、一家の買い物の量はものすごいのです。お店では3割~4割はこの1ヶ月間で売り上げるそうです。
 駐車場は混雑するし、モール内では人とぶつかりそうになるし、レジの列は長いし…できる事ならば出かけたくないこの時期。それでも大掛かりなセールをしていてとても安いのと、そろそろ引越準備をするため今のうちにお土産をゲットする必要があるのとで、我が家も参戦。…買い物の方はあまり成果は上がりませんでしたが、クリスマスの装飾やショッピング・センターの様子を見るのはなかなか楽しかったです。
 …しかし毎年この時期になると、やはりアメリカはかなり強力な消費社会だなぁ…とつくづく思います。欲望を刺激するような魅力的な商品はたくさんあって、それが必ずしも必要なものとは思えないのです。それでも親しい人たちの間でコミュニケーション・ツールともなるプレゼント。24日の夕方ギリギリまでは、それぞれに必死の買い物が続くようです。


この記事へのトラックバックURL