September 29, 2009

年賀状展用の作品を制作する

年賀状展用の作品を制作する 毎年日本剪画協会では、年賀状展を開催しています。11月のはじめくらいから関西と東京でそれぞれいくつかの会場を巡回するのです。
 10月の上旬が締め切りで、主に剪画協会の会員が作品を制作、同じ作品を2点づつ作って応募します。私の場合は、日本への郵送に5日間くらいかかってしまうので、引っ越しの前に…と思うと、早めに仕上げる必要があります。
 今回は黒い紙を中心に、金色と銅色の紙を使いました。年賀状はそれほど大きくないので、なるべく単純に…と思っていたのですが、下絵を描いているうちにだんだん装飾的になってゆきます。金色と銅色がちょっと近い感じだったので、思ったより地味な感じに仕上がりました。
 本来ならここに年賀状らしく、年度や賀正などの文字を入れて完成するのですが…今回の柄にはあまり文字が似合わなかったので、このまま提出してしまおうかな…と考えています。


この記事へのトラックバックURL