January 18, 2019

ギャラリーへ作品を搬入

ギャラリーへ作品を搬入 午前中のうちに移動し、お昼すぎに再びワルシャワに到着しました。バスと地下鉄を乗り継ぎ、街の中心地を通りつつ一旦帰宅。夕方になってからギャラリーに作品の納入に行きます。
 ワルシャワは冬になると早く暗くなるので、仕事を始めるのも終えるのも早めだそうです。そのためかなり早い時間にラッシュがあり、そう遅くない時間に道の混雑は落ち着きます。
 ギャラリーの壁は打ちっぱなしのコンクリート状。壁の合間に釘が打ち込めるような溝があって、うまく調整すれば良い感じに絵を並べることができそうです。飾り付けは明日になるので、ギャラリーの全体の感じを見て、今日の作業は終了しました。  

Posted by sengaart at 04:59Comments(0)剪画ギャラリーの仕事 


January 17, 2019

2年ぶりのフランクフルト

2年ぶりのフランクフルト ワルシャワから2時間のフライトでフランクフルトへ。そのまま地下鉄を使って中央駅に出ました。2017年の2この鉄道駅の近くのホテルに泊まったので、ちょうど2年ぶりです。
 その時にお世話になった友人と落ち合って食事し、郊外のコンサートホールに向かいます。中央駅から地下鉄で3駅、バスで3つめの停留所なのですが、周囲は広々としていて、パーキングもたくさんある大きなホール。ここには、たくさんの人が集まっています。
 フランクフルトで、作品展が始まるまでの束の間の休日を楽しんだ夜でした。  

Posted by sengaart at 13:22Comments(0)旅の空の下 


January 16, 2019

ワルシャワ市街地を歩く

ワルシャワ市街地を歩く 今日はここ1年の展示の打ち合わせをして、午後からワルシャワの市街地へ…。切符の買い方や地下鉄の乗り方を教わりつつ、開催予定地であるギャラリーへ向かいました。ギャラリーは昔の酒造所跡を新しく開発しているコンプレックスの中にあります。
 新しい住居塔やオフィス、ショッピングセンター、バーやレストランが並んでいるこの一帯は、まだところどころ開発中ながら、とてもお洒落な雰囲気でした。ギャラリーのオープニングのすぐ後に新しく紙屋さんがオープンするという話も聞きました。
 もっとも今日はギャラリーはお休みなので、外から見ただけなのですが…。この素敵なギャラリーに展示できるのは、とても楽しみです。
  

Posted by sengaart at 06:48Comments(0)旅の空の下 


January 15, 2019

ワルシャワへ

ワルシャワへ 成田からワルシャワへ。到着時は14時過ぎだったので、着陸前の飛行機からは日に当たる地面が見えていたのですが、到着した時はどんよりとした曇り空。迎えに来てくれた友人の車に乗っているうちに吹雪いてきました。しばらくすると降り止みましたけれど…。緯度が高いせいか、16時をすぎるともう暗くなってくるのだそうです。思ったほど寒くはないものの、道端には数日前に降った雪が残っていて何となく冬のワルシャワに来た…という実感がわきました。
 ここ数日で準備をして、剪画の展示とワークショップをワルシャワで行います。友人の周囲には日本の文化が大好きな方たちが集まっているそうで、どんな感想を伺うことができるかとても楽しみです。  

Posted by sengaart at 04:34Comments(0)旅の空の下 


January 13, 2019

お蕎麦屋さんでの至福

お蕎麦屋さんでの至福 久しぶりに松戸の仁水さんへ…。前の日の夜遅かったのですが、連絡してベジ出汁のものを用意して頂くことができました。
 歯ごたえが良く、とてもおいしいお蕎麦とアツアツの天麩羅。蕎麦汁はしいたけを使い甘めに仕上げてあるので、お蕎麦にぴったり。卵の代わりにそば粉を使った天麩羅はカラッと揚がっていました。
 おいしい出汁を残したくなくて蕎麦湯をガブガブと飲んでいたら、かなりお腹が張ってきてしまいましたが…家族で至福の時を過ごしたのでした。  

Posted by sengaart at 21:29Comments(0)べジィな食卓 


January 12, 2019

鳥取市立中央図書館での展示始まる

鳥取市立中央図書館での展示始まる 今日から鳥取市立中央図書館で、剪画展が始まりました。「昔話 ものがたり」展から24点、新年なので「干支展」から13点、合わせて39点の作品です。
 図書館では昨年暮れ、佐治谷ばなしの語りのイベントがあり、その時に会場に剪画を飾って頂きました。今回は佐治谷はなしだけでなく、浦島太郎やくるみ割り人形など様々な昔話の作品も加わっています。考えてみると、図書館にふさわしい内容ですね。
 ふと図書館に立ち寄った方に鑑賞して頂けるのは、とても嬉しいです。展示を進めて下さった皆様、本当にありがとうございます。
 展示は20日まで開催しています。お近くの方は是非お立ち寄り下さいませ。  

Posted by sengaart at 21:58Comments(0)剪画ギャラリーの仕事 


January 10, 2019

エチオピアン・コーヒーハウスの展示替え

エチオピアン・コーヒーハウスの展示替え 新年も明けたので、エチオピアン・コーヒーハウスさんに飾ってあった絵を取り替えに行きました。少し離れたところに2点掛けられるようになっているので、前回と少し大きさは違うものの、そのまま飾ることができました。
 1枚はエチオピアン・ローズの華やかな絵。エチオピアでは女性たちの職業としてバラ栽培の振興につとめ、ヨーロッパなどに輸出しているそうです。もう一枚はコーヒーの香りをテーマにしたアロマ。剪画というよりも和紙のオブジェといった感じのこの作品は、大人っぽい雰囲気でこのお店にぴったりだと思います。
 春まではこの2枚の絵を飾って頂く予定。是非こちらで、コーヒーと共に剪画も楽しんで下さい。  

Posted by sengaart at 20:59Comments(0)剪画ギャラリーの仕事 


January 08, 2019

教室はじめ

教室はじめ 今日からカルチャー教室が始まりました。1週目の教室の振替があり、午前と午後2つのクラス。両方共少しずつオリジナル作品を作り始めた生徒さんたちの講座なので、先日あおや和紙工房展のために作った大きな作品の解説をした後、次回の作品展のテーマを説明しました。
 作品制作のヒントの話から、日常の話、テーマにつながる昔の体験談…そんなふうに話をしながら、少しずつ制作のアイディアが湧いて来るようです。
 カルチャーの生徒さんたちには、時折ギャラリーの作品展に参加して頂いています。急にたくさんの作品を作るのは無理がありますが、年に1、2回ならば良い刺激に…。今年はどんな作品が仕上がるのか、とても楽しみです。  

Posted by sengaart at 23:00Comments(0)剪画教室など 


January 07, 2019

お気に入りのマグでスティック紅茶

お気に入りのマグでスティック紅茶 パリのマルシェでちょっと変わった紅茶パックを見つけました。パッケージも美しかったので購入。
 熱いお湯をマグカップの中に入れ、スティック状の紅茶パックをその中で振ります。この包みには小さな穴がたくさんあって、程なく紅茶が入りました。とても入れやすいし、おしゃれで良い感じです。
 カップは姪っ子がモントリオールで絵付けしてクリスマスにプレゼントしてくれたもの。青い色味に白いラインのイラストがキュートで、とても気に入っています。
 寒い冬にお気に入りのカップで温かい紅茶を飲むのは、幸せな瞬間ですね。  

Posted by sengaart at 23:25Comments(0)べジィな食卓 


January 06, 2019

キッチンの蛇口が壊れる

キッチンの蛇口が壊れる 年の暮れは忙しいのでここ数年大掃除は放棄しています。昨年から今年にかけては特にバタバタとしていて、考えもしませんでした。が、一昨日主人がキッチンの敷物がかなり濡れているのに気づき、シンクの下を調べてみたら、水漏れしていました。
 週明けに修理をお願いしなくてはいけないかな…と思っていたのですが、主人がチェックして、ホースがセットされている蛇口部分をアマゾンにオーダー、今日届いたパーツを無事取り付けることができました。
 が、シンクの下の引き出しに入っていたものは、設置前に部屋中に散乱。図らずもキッチンの一部を掃除することになったのでした。  

Posted by sengaart at 22:52Comments(0)日々のつれづれ 


January 05, 2019

いろいろ食べ過ぎ

いろいろ食べ過ぎ お正月期間は人が集まったり、移動したり、いつもと違うスケジュールで食生活も乱れがち。そしてお菓子を頂いたりするので、つい食べてしまうことも…。今年はお休みの期間が長いだけに、胃も疲れてきているかも知れません。
 頂いたお正月仕様の和菓子に、スナック類、ピーナッツクリームをかけたソフトクリーム、妹が焼いたマフィンやクッキー…。どれもおいしいのですが、やっぱり食べ過ぎですね。
 毎年のことではありますが、今年も反省中です。  

Posted by sengaart at 22:42Comments(0)べジィな食卓 


January 02, 2019

浜松でお参り

浜松でお参り 名古屋から地道を通って浜松へ。今年の初詣はもう除夜の鐘が鳴った後に済ませましたが、引き続きお正月参りに龍雲寺と五社神社・諏訪神社に行きました。
 龍雲寺は佐鳴湖湖畔に建つお寺。お参りして大きな般若心経の書が飾ってある院内や、湖が見える境内を一周し、静かなひとときを過ごしました。樹木葬や納骨堂などシンプルで合理的な永代供養を行っているのが印象深かったです。
 五社神社・諏訪神社は浜松の駅近くにあり、たくさんの方がお参りに来ていました。祈願をお願いしている方も多く、お正月らしい風景。ふだんあまり寺社にお参りをしていませんが、毎年名古屋への行き帰りに行く初詣は、恒例となっています。  

Posted by sengaart at 22:33Comments(0)日々のつれづれ | 旅の空の下


January 01, 2019

お正月の富士と宴会と

お正月の富士と宴会と 1日のお雑煮を食べた後、一路名古屋へ。さすがに1日は道路の混雑が少なく、ドライブ日和となりました。お天気も良かったので、富士山はくっきりととても綺麗に見えます。眼の前に美しい富士山は広がっているものの、車の中からシャッターを切ろうとすると、電線や柵など意外に障害物が多いのですけれど…。
 夜は家族が揃って宴会。おじいちゃんからひ孫まで、4世代が集まってワイワイガヤガヤ…。大人だけのうちと違って、様々な世代が揃うと、年ごとに成長が見られてとてもおもしろいです。
 毎年のことではありますが、賑やかな年明けとなりました。  

Posted by sengaart at 23:59Comments(0)日々のつれづれ | 旅の空の下


December 31, 2018

大晦日の夜

大晦日の夜 家族で集まって野菜中心の食事プラス蕎麦。昨年は同じメンバーでうどんを食べていました。
 今年ももうあと少し。早かったようでもあり、今までになかった体験がたくさんあった1年でもありました。様々な種が芽吹き始めた1年だったと言えるでしょう。
 たくさんの出会いと、体験と。そうしたものが少しずつ積み重なって、層をなしてきました。本当に少しずつ、少しずつ進んでいっている感じです。今年お世話になったすべての方々に感謝しつつ、また新しい年に向かってゆきたいと思います。
 どうか皆様、良いお年をお迎え下さいませ。  

Posted by sengaart at 23:12Comments(0)日々のつれづれ 


December 30, 2018

餃子の日

餃子の日 年末に家族が集まったので、餃子を作りました。色々材料をみじん切りにして焼餃子2種(肉餃子とベジ餃子)。主人が手ごねして作った皮で水餃子2種(海鮮餃子とベジ餃子)。
 ベジ焼餃子は肉の代わりに豆腐としらたきを入れて作り、水っぽくならないように片栗粉とがごめ昆布を入れて粘りを出しました。ベジ水餃子の方はナスと厚揚げを味噌で味付けして入れてあります。久々の餃子だったので、ついつい食べすぎてしまいました。
 さらに妹と姪っ子が作ったブラックフォーレストとアップルクランブル。どちらもベジ仕様とは思えないほど、パーフェクトなデザートでした。  

Posted by sengaart at 23:14Comments(0)べジィな食卓 


December 29, 2018

年末のいろいろ

年末のいろいろ いろいろな食べものが届きました。主人が収めたふるさと納税の返礼品。ハンバーグ、ヨーグルト、牛乳、アイス…。私達にとっていろいろとご縁がある鳥取からです。
 実際には私が食べられないものが多いものの、年末は人が集まるのでちょうど良いかも。ふるさと納税は考えてみると不思議なシステムだなぁ…とは思うのですが、どこかを応援できて、ちょっと美味しい思いができるのは楽しいことではあります。
 大掃除も年賀状も、年末らしいことは何一つできず…それでもボチボチ新年のためのものが集まってきています。  

Posted by sengaart at 21:38Comments(0)べジィな食卓 


December 28, 2018

アドミュージアムを観る

アドミュージアムを観る 昨日忘年会をする前に汐留のアドミュージアムに寄りました。ミュージアムとはいえ、ブティックのような明るくポップな空間。広告の歴史が江戸時代から簡潔に展示されています。
 そう広くないミュージアムなのでサッと観ることができますが、ゆっくりと座ってひとつひとつの映像を見れば、時間をかけて楽しむことも…。多くの人々が行き交い、ノートを持った学生さんたちや、小学生の子供たちまでが映像を見て楽しんでいました。無料で見られるのも嬉しいところです。
 ミュージアムを出ると青い光のイルミネーション。クリスマスは終わりましたが、年末らしい賑やかな風景が目の前に広がっていました。  

Posted by sengaart at 23:21Comments(0)Art etc … 


December 25, 2018

クリスマスに黒糖きなこ

クリスマスに黒糖きなこ 今日はクリスマスですが…通常と同じように事務仕事。で、お土産にもらったのが黒糖きなこのおたべです。
 最近は色々なバリエーションがあるのですね。黒糖もきなこも大好きな私としては、普通のおたべより嬉しいかも…。ニッキの香りもしっかりあって、その上に黒糖の甘みときなこの味。期待していた通りおいしいです。
 クリスマス感はありませんでしたが、それなりにスイーツを楽しんだクリスマスの夜でした。  

Posted by sengaart at 23:44Comments(0)べジィな食卓 


December 24, 2018

あると便利な色紙たて

あると便利な色紙たて 菅谷さんが色紙たてを持ってきてくれました。3枚の白木のパーツを組み合わせて作るものです。が、前の小さい部分はない方が色紙が綺麗に見えました。
 イベントなどで作品展を開催する時に、なるべく荷物を少なくしたいことがあります。また、壁に額を掛けることができないような場所も…。そんな時にこの色紙掛けがあれば、簡単に色紙を飾ることができます。
 デザインがシンプルなだけに和風の作品も、ちょっとモダンな作品も似合いそう。こうした展示用品はいくつか揃えておきたいですね。  

Posted by sengaart at 21:54Comments(0)グッズいろいろ 


December 23, 2018

今年のクリスマス会

今年のクリスマス会 毎年恒例となった大人のクリスマス会。出展アーティストさんや剪画教室の生徒さんたちに声をかけて開催しています。
 いつもは数日前から準備するのですが、今年はバタバタしてあまり時間が取れず…かなり準備に手を抜いた感じ。それでも参加者の方がお菓子やフルーツなどを持ち寄って下さったので、クリスマスらしい雰囲気となりました。女性が多いので、お酒よりはお菓子…な感じです。
 リラックスした雰囲気の中で今年の仕上げとなる会。皆さん、お疲れ様でした。来年もよろしくお願いいたします。  

Posted by sengaart at 12:50Comments(0)日々のつれづれ 


December 22, 2018

鳥取市立図書館での剪画展示

1鳥取市立図書館での剪画展示 おかげさまでかみんぐさじでの剪画展「昔話 ものがたり」は20日に無事終了しました。ご協力くださった皆様、ありがとうございました。
 引き続き1月12日から鳥取市立図書館で展示されますが、それに先駆けてのイベントで、参加者の方に見て頂いたそうです。図書館で開催された「佐治谷話といなばの民話を聞く会」。今日届いた写真には、会場にの壁に剪画作品が飾られている様子か写っていました。民話と共に皆様に楽しんでいただけて嬉しいです。
 来年もよろしくお願いいたします。  

Posted by sengaart at 23:58Comments(0)剪画ギャラリーの仕事 


December 21, 2018

ナースサンダルを履く

ナースサンダルを履く 家の中をパタパタと動き回るので、いつからかナースサンダルを履いています。スリッパだと階段を上り下りする時にパタパタして危ない感じがしますし、散らかった部屋の中では何かをまたぐ時に脱げやすいのです。
 前のサンダルがボロボロになって、そこが剥がれてしまったので、新しいのを購入しました。履き心地がちょっと違うのでまだ違和感がありますけれど…そのうちに慣れてくることでしょう。
 もっとも、もう少し寒くなってきたら、モコモコスリッパが履きたくなるんですけれども…ね。  

Posted by sengaart at 23:40Comments(0)グッズいろいろ 


December 19, 2018

12〜1月の教室:雪うさぎ

12〜1月の教室:雪うさぎ 今の時期からお正月を過ぎても飾れるもの…と考えて、教室用の絵柄は雪うさぎに。お正月の雰囲気にも馴染むように南天を入れた作品を1点、そして冬らしい風景の中に描いたものをもう1作作りました。
 が、南天は少し細かすぎたよう…。1日で作品を制作する教室の場合、この南天を切り抜いて色を入れるには、時間が足りないのです。生徒さんたちの中には、手早く作る人と、ゆっくり制作する人がいます。マイペースで制作して下さい…というものの、やはり帰るまでに作品は完成させたいですものね。
 サンプルは水色の色紙で制作しましたが、ピンクや黄緑のグラデーションを使った生徒さんたちの作品も可愛らしかったです。(写真を取り忘れたのが残念。)  

Posted by sengaart at 23:05Comments(0)剪画教室など 


December 18, 2018

事務局ぐせ?

事務局ぐせ? 葛飾区美術会の来年の総会のお知らせを送る準備をしています。ラベルと手紙を出力し、封筒を用意。さらに、出すのが遅くなってしまった会報紙をレイアウトして、同封予定。
 …ふと気づくとまた事務局作業をしていることに気づきます。整理整頓は苦手だし、書類の保存もずさん。きっちりとした事務作業はあまり得意ではないはずなのに…。ギャラリーの仕事自体が事務局のようなものなので、これ以上雑用を増やすまいと、以前に思ったのではなかったかしら?
 これはもう事務局ぐせ…というべきかも知れませんね。  

Posted by sengaart at 22:58Comments(0)日々のつれづれ 


December 17, 2018

冬の和菓子

冬の和菓子 先日おみやげにもらった鶴屋吉信の生菓子。十両やゆず、姫椿をかたどった美しいお菓子です。食べてしまうのがもったいくらいでしたが、生菓子ですから、お茶とともにその日のうちに頂きました。
 和菓子は季節感を大切にして作られるので、教室で作る作品の参考になります。この時期に飾りたいものと、食べたいものの絵柄が同じ…というのは、ちょっと面白いですね。
 数日後にちょうど日本橋のこのお店でお茶を飲む機会がありました。季節ごとにゆっくりとお茶を飲みに来られたらいいなぁ…と思いつつ、おいしいおしるこをいただいたのでした。  

Posted by sengaart at 23:18Comments(0)べジィな食卓