November 20, 2018

赤の時

赤の時六郷 もと 作 275×395mm

 朝日が昇る時…か地平線の無効に沈む時、家族で静かなこのひとときを楽しむ猪たちの姿。美しい赤いグラデーションの色合いと山並みの姿がぴったりと合った、幻想的な作品です。
 実はこの作品は「青の時」と対になっています。左右が反転した青の作品は、雪が降っているかのような静寂を感じさせる風景。同じ絵柄ながら、全く違った世界が広がっているのです。
 両方共、猪の姿を克明に描いた作品ではありませんが、その家族が睦み合う世界を描いた素敵な作品となっています。

(「干支 亥+豚」出展作品 2018. 11.14〜12.8 於:剪画アート&スペース)  

Posted by sengaart at 23:50Comments(0)剪画作品紹介 


November 19, 2018

ねぶた 金毘羅大権現

ねぶた 金毘羅大権現高橋 隆 作 830×265mm

 青森のねぶたに表現される猪を描いた作品です。海上の守護神として古くから漁師たちから信仰を集めていた金毘羅権現は、薬師十二神将のうちの亥の神でもあるそうです。このねぶたは、分身である黄金色の猪と共に海上に現れ、荒波を沈めた…という場面を描いています。
 高橋さんはねぶたの光に照らし出されている姿を描くため、ごく薄い和紙を部分的に重ね、猪の濃淡を出しました。実際のねぶたでは白い和紙が使われているところは、赤に変えて全体の力強さを演出しています。主役の猪が前にせり出しているような構図もとても迫力があります。
 鮮やかで力強いねぶたの猪、是非実物を御覧ください。

(「干支 亥+豚」出展作品 2018. 11.14〜12.8 於:剪画アート&スペース
  

Posted by sengaart at 23:45Comments(0)剪画作品紹介 


November 18, 2018

カードを囲む会

カードを囲む会 数年前にタロットカードやオラクルカードなどのカード好きが集まってカードの会を開きました。ここのところそれぞれに忙しくて集まっていなかったのですが、かさこさんがオリジナルカードを制作したのを機に久しぶりにカードを囲む会を開催することに…。
 参加者はカードを持ち寄って、テーブルの上に並べました。色合いがとても綺麗で、見ているだけで楽しくなります。お茶を飲みながら好きなカードについて話したり、1枚引いて感じたことを話したり…。美しいカードから作品のインスピレーションを受けることも…。
 くつろぎながら様々なカードを囲んで過ごす一時は、かけがいのない一時でした。  

Posted by sengaart at 20:34Comments(0)日々のつれづれ 


November 17, 2018

佐治町民話の館での展示

佐治町民話の館での展示 9月〜10月に剪画アート&スペースで開催された「昔話 ものがたり」展、現在はかみんぐさじさんで展示されています。そして今日は佐治町の民話の館で行われた民話会に特別展示をしていただきました。
 囲炉裏を設置した雰囲気たっぷりの民話の館で、民話会の方々による「さじだにばなし」の語りが行われ、多くの方が参加されたそうです。その際に剪画も展示され、お話と共に楽しんで頂いたとのこと。
 作品がギャラリーを飛び出して、様々な機会に、多くの方にご鑑賞いただけるのはとても嬉しいことです。ご協力くださった方々に感謝。本当にありがとうございました。
 なおかみんぐさじでの展示は引き続き12月20日まで行われています。お近くの方は是非おでかけ下さいませ。  



November 16, 2018

亥 #1

亥 #1南舘 千晶 作 205×300mm

 花札のデザインをお正月用にアレンジした作品です。実際の猪の札は7月で萩と共に描かれていますが、この絵の中には梅や松、日の出などが取り込まれ、お正月らしい雰囲気が演出されています。
 作品には赤系の色が多く使われていますが、新年らしい真っ赤な色ではなく、えび茶色に近い赤や、落ち着いたピンク、薄い茶色など渋めの色をバランスよく配置。南館さんらしいセンスの良さを感じさせてくれます。
 猪の柄には細かいタッチを用い、雲や梅の花には安定して美しい線をカッティング。隅々まで配慮の行き届いた秀作だと思います。

(「干支 亥+豚」出展作品 2018. 11.14〜12.8 於:剪画アート&スペース)  

Posted by sengaart at 22:29Comments(0)剪画作品紹介 


November 15, 2018

猪の目に福

猪の目に福猪の目に福

日野 晴美 作 270×326mm

 竹の装飾を背後に猪が走っている姿を描いた作品。
 この装飾については作者の日野さんが説明しているので、引用します。「可愛いハートの形ではありますがハートではありません。猪の目(いのめ)=イノシシの目に似ている所からという一説=というもので神社やお寺のいろいろな所の装飾に施されている形です。水を守護するイノシシの目という事で火除けのお守り そして獣の目力には魔除け 厄除けの意味があるとか…。福を招く護符の意味合いもあるそうで そういえば鈴の穴の部分にもこの形を見る事があります。」
 色合いも美しく、新年を寿ぐにふさわしい作品だと思います。

(「干支 亥+豚」出展作品 2018. 11.14〜12.8 於:剪画アート&スペース
  

Posted by sengaart at 23:00Comments(0)剪画作品紹介 


November 14, 2018

始まりました「干支 亥+豚 2019」展

始まりました「干支 亥+豚 2019」展 毎年恒例の干支展、今日から始まりました。結局豚さんの絵は2枚しか集まらなかったのですけれど…猪さんは思ったよりもバラエティに富んだ様子でギャラリーの壁に並んでいます。
 今日はお天気が良かったこともあり、多くのお客様がお越し下さいました。教室もあったため、バタバタとアトリエとギャラリーの間を行ったり来たり…。が、そのためにお客様同士で様々な話がはずみ、思わぬ出会いと交流の場となったようです。
 本当に慌ただしくも楽しい1日…初日からご来廊の皆様、ありがとうございました。作品展は来月の8日まで開催しています。


(「干支 亥+豚」展 2018. 11.14〜12.8 於:剪画アート&スペース
  

Posted by sengaart at 22:49Comments(0)剪画ギャラリーの仕事 


November 13, 2018

剪画展「干支 亥+豚」準備中

剪画展「干支 亥+豚」準備中 明日からの展示に備えて剪画作品を壁に掛けました。毎年のことではありますが、干支展はその年で一番作品数が多い展覧会です。額装作品も多くありますが、色紙作品、はがき作品と様々な大きさの作品が揃うので、全部で40点以上の作品が並びます。
 来年の干支・猪の絵柄は、形的にはあまり多様性がありません。走っているかウリ坊を従えているか…ほとんどが横向きの姿です。それでも渋めの猪、可愛らしい猪とそれぞれに表情があるので、是非見比べて下さい。
 皆様のお越しを心からお待ち申し上げております。

(「干支 亥+豚」展 2018. 11.14〜12.8 於:剪画アート&スペース)  

Posted by sengaart at 22:53Comments(0)剪画ギャラリーの仕事 


November 12, 2018

額装のためのマットを切る

額装のためのマットを切る 明後日から始まる「干支 亥+豚」展の準備中。通常作品は作家さんたちから額装された状態で送られて来ますが、色紙作品や、はがき作品はそのまま届きます。
 その他に、今回はカルチャー教室の生徒さんたちも出展するので、それらの作品も額装しました。額と作品サイズを測って必要サイズにマットをカット。きちっと額に入れると作品たちは生き生きとしてきます。
 はがき作品は数が多いのと、年賀状の形式のものがほとんどなので、はがき掛けに設置しました。額に入れた方が立派に見えるとは思うのですが、年賀状は身近に感じて頂けるように…。
 干支展は水曜日から始まります。

(「干支 亥+豚」展 2018. 11.14〜12.8 於:剪画アート&スペース)  

Posted by sengaart at 23:13Comments(0)剪画ギャラリーの仕事 


November 09, 2018

エチオピア料理で女子会

エチオピア料理で女子会 久々に地元ネット仲間と女子会。四つ木のリトル・エチオピアに集合しました。3名共エチオピア料理は初めて。それでもベジタリアンも食べられるお料理があると聞いていたので、とても楽しみにしていました。
 インジェラというイネ科の穀物を水で溶いて発酵させて焼いたパンは、癖が強いと聞いていたのですが、柔らかくとても美味でした。豆や野菜を使って作ったカレーは濃厚で、ふわふわしたインジェラと良く合います。最後にゆっくりとコーヒーを入れてもらい、その香りも楽しみました。
 おいしいお料理を楽しみ、久しぶりに顔を合わせた友人たちとおしゃべりを楽しんだ夜でした。  

Posted by sengaart at 23:46Comments(0)べジィな食卓 


November 07, 2018

年賀状用ステンシルを準備

年賀状用ステンシルを準備 11月になると年賀状が発売されます。中には小さな剪画をはがきに貼り付ける方もいらっしゃいますが、さすがに人数分作るのは大変なので、教室ではステンシルを用意します。
 今日はそのためのサンプル作り。来年の干支の猪は色が濃いため、あまりしっかりと色を塗ってしまうと他の色がのらなくなってしまいます。スポンジ筆で軽く彩色して、中心をぼかしました。
 赤、緑、黄緑、金…お正月らしい色を使って3種類の年賀状サンプルを制作。これから年末に向けての教室は、華やかなプリントが机いっぱいに広がることでしょう。  

Posted by sengaart at 23:12Comments(0)剪画教室など 


November 06, 2018

今日の教室:カレンダー制作

今日の教室:カレンダー制作 10月〜11月はカレンダーを制作します。教室の方でも3つの干支図案を用意していますが、このクラスでは自分で絵を描いて作品を制作しました。オリジナルはそのまま14日から始まる干支展に出展、そしてカレンダー用にはスキャンしてプリントアウトしたものを使います。干支の剪画にはそれぞれの個性が出ていて、素敵なカレンダーに仕上がりました。
 一方まだ教室を始めたばかりの方はクリスマスツリーを制作。飾りは少し細かい部分もありますが、きっちりと色和紙を張り込んでいます。来月には完成の予定です。
 カレンダーづくりが終わったら、来月からは年賀状作り。1年が経つのが早いなぁ…と感じるこの頃です。  

Posted by sengaart at 21:02Comments(0)剪画教室など 


November 04, 2018

青枢展 講評会へ

青枢展 講評会へ 午後から始まった青枢展の講評会へ。作品を前に作者のコメントや美術評論家の先生の評を伺います。
 公募展ではたくさんの力作が展示されるため、それらを一度に見て全体に圧倒されて作品の印象が残らないことが多いのです。が、こうして1つ1つ話を伺いながら見てゆくと、それぞれの作品の印象が深まってゆきます。
 絵に対する新たな視点を発見したり、描き手の語る背景から連想が膨らんだり…。同じ絵でも見方が変わってくるのがわかります。とても勉強になった2時間でした。
  



November 02, 2018

第45回 青枢展開催中

第45回 青枢展開催中 昨日から始まった青枢展を見に行ってきました。青枢展は現代絵画の公募展ですが、応募作品が多様で、絵画、版画、コラージュなど様々なジャンルの作品が並んでいます。
 今回私は90✕90cmの剪画作品4点を出展ました。剪画としてはかなり大きな作品を制作したつもりなのですが、巨大な作品が並ぶこの会場ではやや小さ目に見えます。
 この作品は準会員奨励賞を、そして剪画の小品を出展した日野さんは小作品優秀賞をいただきました。いつもはギャラリーで展示している剪画ですが、剪画意外の絵画と並べて展示するとまた新たな発見があります。
 青枢展は8日まで開催しています(最終日は14:00まで)。都美術館にいらっしゃる機会がありましたら、是非お立ち寄り下さいませ。  



November 01, 2018

ワークショップ:和紙のクリスマスツリー

ワークショップ:和紙のクリスマスツリー 今日はあるおフィルのお客様のためのワークショップ。和紙のクリスマスツリーを作っていただきました。25cmくらいのクリスマスツリーの形をした台紙に、剪画のオーナメントを飾ってゆきます。
 初めて剪画をする方にはちょっと細かすぎるかな…と思ったのですが、飾りは色々あるので、その中からそれぞれにできそうなものを選んで切って下さいました。
 約2時間ほどでクリスマスツリーは完成。皆さんステキなツリーを仕上げて下さいました。プラスチックの台に立てかければ、玄関や、窓辺などちょっとしたスペースに飾っていただけます。
 皆様、お疲れ様でした〜!
  

Posted by sengaart at 22:19Comments(0)剪画教室など 


October 31, 2018

果物な季節

果物な季節 フルーツの詰め合わせの箱をいただきました。みかん、メロン、マスカット、りんご、柿…中には秋のフルーツがいっぱい。まず冷やさなくても良いみかんを食べてみたら…甘〜い!フルーツのおいしい季節です。
 同じ甘いものを食べるならばお菓子よりもフルーツの方がビタミンも摂れるし健康的。おいしそうな果物を見るとそう思います。あまりマメな方ではないので、普段から果物を欠かさず食べる…というタイプではないのですけれど…。
 ここしばらくは、秋の味覚を果物で楽しませていただこうと思っています。  

Posted by sengaart at 22:15Comments(0)べジィな食卓 


October 30, 2018

佐治での展示準備

佐治での展示準備 9月に剪画アート&スペースで開催されていた剪画展「昔話 ものがたり」は、11月1日から鳥取の佐治で開催されます。今日はその展示の様子が送られてきました。以下、かみんぐさじさんからの引用です。
  『展示準備をしていたら、地元の方が声をかけてくださり、「なんだあちーとさびしいなぁ、猝遒里發鶚瓩要るじゃあないか、山からとってくるけえ!」と、野ばらや、葛(つる)などなど、可愛い子たちを連れてきてくれました。』
 なんて素敵!佐治谷話の地元ならではの展示…東京では決してできない飾り付けです。まだ最終的な仕上がりは当日になるとのこと。どんな風に作品を並べていただけるのか、楽しみにしています。
 かみんぐさじでの展示は12月20日まで。お時間のある方は是非お立ち寄り下さいませ。  

Posted by sengaart at 21:22Comments(0)剪画ギャラリーの仕事 


October 29, 2018

都美術館に搬入

都美術館に搬入 11月1日から始まる青枢展のための作品搬入。地下の大きな準備室にどんどん作品が運び込まれてきます。こんな感じで同時期にいくつもの作品が搬入されると思うとちょっと不思議な感じです。1週間でこの美術館だけでもどれくらいの数の作品が展示されるのだろう…かと…。
 作品を受け付けて、出展料を受け取り、写真の撮影を行い作品を部門別に審査。さらに審査は明日まで続きます。受付のお手伝いをしつつ、午後になって人気が少なくなると眠気が…。作品をとりあえず搬入して安心したためでしょうか。
 さて、明日からは剪画アート&スペースで開催される「干支 亥+豚」展の準備に入りたいと思います。
  



October 28, 2018

パネル作品を制作

パネル作品を制作 90✕90cmの大きさのパネル4枚を並べて、作品を制作。昨年使ったパネルの和紙を剥がして、新しい台紙を貼ります。その上に今まで切ったパーツを並べてレイアウト。様子を見ながら位置を決めます。
 それぞれを貼り付ける場所が決まったら、1つ1つをアイロンで貼り付けていきました。一度貼ってしまえばはがすことができないので慎重に…。とはいえ、大きい作品は全体のバランスが大事なので、あまり細部を見ないようにする方が大事なのかも知れません。
 2日がかりで貼り付け完了。明日は搬入に向かいます。  



October 27, 2018

買ってきたバター

買ってきたバター パリで買ってきたバター。それほど詳しいわけではないので、いっしょに行った南館さんが買っているバターと同じものを横から見て買ってきました。
 日本で買うとそれなりに高価なものも、フランスではそれほど高くありません。持って帰るのが少し心配だったのですが、季節的にそれほど危険な時期ではないと思い、厳重にビニールに包んで持って帰ってきました。
 少し柔らかくなったものの形は変わらず、今は無事にうちの冷蔵庫に入っています。今朝パンに付けて食べたらとてもおいしかったです。香りが良くて、こってりとしたバター。パンを買って帰れなかったのは少し残念でしたけれど…。  

Posted by sengaart at 22:31Comments(0)べジィな食卓 


October 26, 2018

ちょっとお買い物をして帰国

ちょっとお買い物をして帰国 3泊のパリ滞在。あまり自由時間がなかったのですが、それでも合間を見てショッピングにでかけました。町の路地のマルシェではぶどうを買い食い。1ユーロでびっくりするほどの量がありました。
 帰りの日は世界中の食材が集まっているちょっと高級なマルシェへ。野菜や肉類は買えませんが、チョコやチーズ、紅茶やコーヒーなど、食材の種類が多くて、見ているだけでも楽しかったです。
 細々としたチョコやバターを買って、夜の便で帰国。短い滞在でしたが、とても楽しく有意義なパリでの4日間でした。  

Posted by sengaart at 22:34Comments(0)旅の空の下 


October 25, 2018

ワークショップ2日目

ワークショップ2日目 今日も夕方からパリ日本文化会館で因州和紙ワークショップ。昨日の反省を踏まえ、今日は希望する方に先に紙漉きを体験していただきました。たくさんの方がいっぺんに体験できる訳ではないので、その方が全体の流れが良くなります。
 今日もほぼ30名参加で満員状態。それぞれにマイペースで作品を仕上げてゆきます。多くの方が和紙の鮮やかな色合いや、むら染の和紙が生み出す効果に感激して下さったようでした。中にはかなり集中して美しい作品を作って下さった方も…。
 ワークショップ終了後、展示やワークショップ用具を片付けてパッキング。あっという間の2日間でしたが、色々と得るところが多かったです。また次なる課題も考えています。
 ご協力下さったすべての皆様とご参加いただいた方々に感謝。ありがとうございました。  

Posted by sengaart at 06:49Comments(0)剪画教室など | 旅の空の下


October 24, 2018

パリでの和紙ワークショップ

パリでの和紙ワークショップ 今日の夕方、パリ日本文化会館で和紙ワークショップを開催しました。参加者は全部で29名。最初に手順を説明した後、剪画ワークショップを行い、作品が完成した方から紙漉きを体験していただきます。
 学校が秋休み中ということもあって、多くのお子さんが参加して下さいました。大人顔負けの集中力にはびっくり。短い時間で2つの体験をして頂いたのでうまくさばけるか心配だったのですが、会館のスタッフの方々や通訳の方が手際良くお手伝い下さって、無事に終了することができました。
 かなり盛りだくさんの内容だったと思いますが、参加者の方には満足して頂けたようです。今日の手順の反省をしつつ…明日のワークショプも楽しみたいと思っています。  

Posted by sengaart at 07:00Comments(0)剪画教室など | 旅の空の下


October 23, 2018

パリへ

パリへ パリで開催されている日本文化を紹介するイベント「ジャポニズム2018」。この中の「地方の魅力週間」でワークショップを開催するためにパリへやってきました。
 シャルル・ド・ゴールに夕方到着してラッシュ・アワーの混雑の中、車を走らせてホテルへ。この混雑はバンコクを思い出させます。この時期パリでは地方の踊りなども紹介されているので、ホテルのロビーは着物を着た踊り子さんたちがゾロゾロ…。あまりパリにやってきたという実感のないままチェックインし、夕食を摂りました。
 明日から2回のワークショップ開催で、3泊の滞在。短い期間ですが、楽しみたいと思っています。  

Posted by sengaart at 05:40Comments(0)旅の空の下 | 剪画教室など


October 21, 2018

紙の真ん中をホチキスで留める

紙の真ん中をホチキスで留める 剪画を切る時に下絵をどうするか、作家さんによって違います。私は下絵のコピーをホチキスで和紙の上に留めます。それほど細かい絵柄を切り抜く訳ではないので、これで十分。とは言え、絵が大きい時には紙の真ん中を留められるといいのに…と思うこともあります。
 これを解決してくれたのが、ダイソーで200円で売っていた「どこからでもとめられるホッチキス」です。紙の中心にホチキスを置いて、台座の2つのパーツにについている磁石で場所合わせをし、押すだけ。結構良くできています。
 ホチキスの芯が普通のが使えればもっと良かったのですけれど…少し大きめの10号針仕様。それでも私にとってはかなり便利なグッズです。  

Posted by sengaart at 22:00Comments(0)グッズいろいろ