August 19, 2018

いろいろ楽しいKasaco's Card

いろいろ楽しいKasaco's Card 以前いっしょにカードイベントをやっていた友人が作ったKasaco’s Card。
 36枚がセットになっているこのカードには、可愛らしいイラストと共に、キーとなる言葉が書いてあって、占いや心理テスト、コミュニケーションカードとして使うことがきるとのこと。使い方を説明したシートも付いてきます。とにかく描かれたイラストがとても美しく、見ているだけでも飽きません。
 作り手のかさこさんと待ち合わせ、簡単なデモンストレーションも見せてもらいました。一人遊びも楽しそうですが、他の人といっしょにやると会話も広がります。久しぶりに様々な話もはずみ、楽しいひとときを過ごしたのでした。
  



August 17, 2018

旅先で買ってきた和紙

旅先で買ってきた和紙 十日市の道の駅で売っていた箱入りの和紙を購入。この井沢和紙は、50年間途絶えていたものを、地元有志が平成15年に復活させたものだそうです。網状に入った和紙の模様は何種類かありましたが、格子とクリムト渦巻きが気に入りました。後ろに濃い色を於けば、模様が綺麗に漉けて見えます。地小さな紙しかなかったのが残念ではありますけれど…。
 山形の物産館で買ってきた深山紙の方は400年の歴史があるそうです。お土産売り場だったので、やはり小さなサイズしかなかったのですが、ピンク、緑、水色のマーブル染めのものを買ってきました。
 他にも和紙工房はありましたが、お盆でお休みでした。日本では、ちょっと旅に出ると様々な和紙に出会います。休暇中に旅行しているので、お休みだったり、遠すぎたりしてなかなか訪れる機会は少ないのですけれど…。  



August 15, 2018

山頂の風

山頂の風 午前中から蔵王のお釜を目指してドライブ。お盆休みのためか、たくさんの車が坂を同じように坂を登ってゆきます。山頂近くに車を留め、さらに坂を登ってゆくと緑の水をたたえた蔵王のお釜が見えました。ちょうど日が射して、土肌の色も水の色もとても綺麗に見えます。
 そこから坂をさらに登って刈田嶺神社に参拝。ここからの眺めはさらに素晴らしく、周囲の山々や遠くの町並みも臨むことができます。山の麓はかなり蒸し暑かったのですが、さすがにここまで登ると涼しい風が吹いていました。
 久々に感じた涼やかな風。美しい風景と共にしばらく堪能してから山を降りて来たのでした。  

Posted by sengaart at 23:22Comments(0)旅の空の下 


August 14, 2018

山形大花火大会を見る

山形大花火大会を見る 新潟から山形へ。山形大花火大会のベンチ席を取ってあったので、駅前からバスで向かいます。着席した時はまだ明るく、少しずつ暗くなってゆく空がとても綺麗でした。何とも言えない贅沢な時間です。
 音楽と共に次々に打ち上げられてゆく花火。高く、低く、様々な色と形に変化しながら空を彩ります。最近混雑を避けてちゃんと花火大会を見ていなかったのですが、花火自体がとても進化しているのがわかりました。
 会場のベンチは思いの他ゆったりと配置されてあって、気持ち的にもゆったりと花火を鑑賞することができます。首都圏で見る花火とはまた違ったのんびりとした雰囲気。ゆったりと空を見上げながら花火を楽しんだひとときでした。  

Posted by sengaart at 23:54Comments(0)旅の空の下 


August 13, 2018

お天気が悪いと…

お天気が悪いと… 今日も朝から越後妻有トリエンナーレを巡りました。清津峡渓谷トンネル、現代美術館キナーレ、里山動物公園…。どのアートも作り手の工夫がいたるところに見られてとても面白かったです。
 が、今日はあまりお天気が良くなく、午前中から午後にかけては雨。昼過ぎも青空は見えなかったので、夏空の下スカッとした感じで各作品を鑑賞することはできませんでした。お天気によってずいぶん印象が変わってしまいます。もちろん写真映りも…。
 あまりにも広域なので、今回見ることができたのは、ほんの一部の作品。それでものんびりとアートを楽しんだ1日でした。
 午後に切り上げ、ゆっくりと海辺をドライブしながら北上したのでした。  

Posted by sengaart at 22:11Comments(0)Art etc … | 旅の空の下


August 12, 2018

再び大地の芸術祭へ

再び大地の芸術祭へ 3年に1度開催される越後妻有のトリエンナーレ、今年は6年ぶりに向かいました。
 最初に十日市の中核施設、キナーレを目指したのですが、駐車場が満車で入れそうにもなかったので、近くでパスポートとマップを買い、散在している周辺のアートから見ることにしました。
 すでに到着してお昼を食べた時点で2時過ぎだったので、数箇所しか見る時間はありませんでした。車で巡って、必要な時は炎天下に坂を登って、廃屋や屋外にあるアートをひとつひとつ見るのは体力がいります。それでも久しぶりにかいた汗は心地よかったです。
 訪れる方も、迎えて下さる地元の方々も、のんびりとアートを楽しんでいる様子で、時間がゆったりと流れてゆく感じです。暑い空の下、青々とした緑と共に、アートを楽しんだ午後でした。
  

Posted by sengaart at 23:02Comments(0)Art etc … | 旅の空の下


August 11, 2018

次回剪画展「便り」のハガキ作品

次回剪画展「便り」のハガキ作品 8月29日から始まる作品展「便り」の展示作品が集まってきました。手紙や季節の便りをテーマにした額装作品はもちろん、絵手紙ならぬ剪画ハガキの作品も多く出展されています。
 最近、カルチャー講座の生徒さんたちが少しずつオリジナル作品を制作するようになってきて、今回の作品展では6名の作家さんが13点のハガキ作品を出展してくれました。少しぎこちない感じの絵もありますが、どの作品もその方らしい発想と色付けがなされていて、なかなかの力作揃いです。タイトルの付け方もなかなかユニーク。もちろん、今までの出展作家さんたちのハガキ作品も展示されます。
 今年後半の作品展、ぼちぼちと準備を進めているところです。

(「便り」出展作品 2018.8.29〜9.15 於:剪画アート&スペース)  

Posted by sengaart at 22:40Comments(0)剪画ギャラリーの仕事 


August 09, 2018

鳥取でのワークショップのまとめ

鳥取でのワークショップのまとめ 鳥取での剪画ワークショップ、あおや和紙工房さんを始め、東部地区の公民館、県立博物館などで開催させて頂きました。今日参加者数の記録が来たので、足し合わせてみたら全部で162名。12日間に9ヶ所で、13回のワークショップを行いました。こんなに短い時間に多くの方に剪画を体験頂いたのは初めてです。
 これもすべて手配を整え、参加者に直接声をかけて集めてくださった各施設の方々や、様々なところへ出向いてワークショップを設定してくださった鳥取ふるさと元気塾のスタッフの方のおかげです。
 鳥取の皆様、本当にお世話になりました。今回限りのことではなく、また是非機会を作って剪画による交流を行いたいです。今後共よろしくお願いいたします。  

Posted by sengaart at 23:10Comments(0)剪画教室など 


August 08, 2018

和紙が届く

和紙が届く 鳥取では必ず和紙を漉いている施設や紙漉き職人さんの仕事場、そして和紙の問屋さんへ行って和紙を購入します。和紙には品番があるので、電話でもオーダーできるのですが、手漉き、手染めの和紙は1枚1枚の色やにじみ具合が違うのです。
 特にグラデーションやむら染めのものは、染めた時に一番上にあった和紙と一番下にあったものでは全く違った色合いになります。そのため、やはり自分で見て選んで購入してくるのが一番良いのです。
 いつもながらついつい買いすぎてかなりの分量に…。今回は何名かの作家さんと行ったので、まとめて私の家に送ってもらいました。そのうち何枚かは、うちで糊シートを貼って作品制作用に加工。これからどんな作品ができるか楽しみですね。  



August 07, 2018

洋風料理ナカムラ・8月の展示

洋風料理ナカムラ・8月の展示 7月の展示は菅谷さんの作品で、たいへんご好評いただいたようです。そして8月は剪画アート&スペース出展作家さん6名の作品。片側の壁に4枚、反対側に1枚、そして窓辺とカウンターにうちわが2枚飾られています。
 通常私が飾り付けに伺うのですが、今回は鳥取へ行っていたため、あらかじめ作品を運んでおき、ナカムラさんに展示をお願いし、菅谷さんに見て頂きました。
 百合、ひまわり、カラーなど夏らし花々が描かれた剪画は、先月とはまた違った夏らしい雰囲気を醸し出していました。これらの作品は25日まで展示されています。是非この期間においしいランチと夏の剪画をお楽しみ下さい。  

Posted by sengaart at 22:00Comments(0)剪画ギャラリーの仕事 


August 06, 2018

最終日は新温泉町でのワークショップ

最終日は新温泉町でのワークショップ 今日は新温泉町の加藤文太郎記念図書館でのワークショップ。登山家の加藤文太郎にまつわる資料が置いてあるこの図書館はそう大きくはないものの、立派で居心地の良い場所でした。
 視聴覚室には小学生からそのお母さん、おばあちゃん世代まで18名の方がお集まりくださいました。中には剪画協会時代からやりとりをしていたものの、初めてお目にかかった方も…。
 多くの麒麟獅子舞のある土地柄のためか、皆さん楽しそうに制作してくださいました。小学生が意外な集中力を見せてくれたのも嬉しい驚きです。図書館のスタッフのご協力もあって、和気あいあいとした雰囲気の中、作品を完成させることができました。
 そして今日の最終便で帰宅。12日間の鳥取滞在は、とても有意義なものとなりました。ありがとうございました。  

Posted by sengaart at 23:01Comments(0)剪画教室など 


August 05, 2018

鳥取県立博物館での3日間

鳥取県立博物館での3日間 鳥取県立博物館では先週土曜日と今週土・日の3日間ワークショップを行いました。麒麟展では、各地の麒麟獅子の頭や、写真、解説、麒麟の像の収集物が展示され、奥のコーナーでは麒麟獅子舞の映像も流しています。
 その一角にワークショップスペースがあり、麒麟の塗り絵や折り紙、麒麟獅子の折り紙や剪画を作ってもらいました。土・日は実際の麒麟獅子舞も行われ、楽の音を聞きながら制作する方も…。
 数日前に行った公民館でのワークショップに参加されて、もう一度お嬢さんと体験しに来てくださった方や、麒麟獅子が大好きな男の子、以前学校で麒麟獅子のお囃子を演奏していた方など多くの方にご参加頂き、貴重な時間を過ごすことができました。
 ご参加の皆様、ありがとうございました。  

Posted by sengaart at 21:25Comments(0)剪画教室など 


August 03, 2018

ワイン畑を見学

ワイン畑を見学 鳥取市国府町にあるワイナリー、兎ッ兎ワイナリー&ファームへ。ここでは地元産にこだわって、ブドウを育て、ワインを作っています。もともとブドウ栽培が盛んな土地でしたが、ワインを作り始めたのはつい最近のことだそうです。
 今までの経緯を写真を見せて頂きながら、ファームやワイン醸造のお話を伺った後、ぶどう畑を見学。そして数少ないボトルから1本購入して帰ってきました。
 兎ッ兎ワイナリー&ファームさんが大切にしているのが、「ぶどうとワイン作りを通じて、人がつながり、夢と未来を想像する」こと。地域内の交流や、インターンシップの受け入れなど様々な活動を行っています。その積極的な姿勢には学ぶところがたくさんありました。  

Posted by sengaart at 23:24Comments(0)旅の空の下 


August 02, 2018

麒麟獅子作品の展示とワークショップと

麒麟獅子作品の展示とワークショップと 今日はわかさ生涯学習情報館でのワークショップ。麒麟獅子の剪画作品は、現在鳥取県立博物館にほとんどが飾られていますが、小作品を中心に何点かは、こちらの玄関スペースに展示して頂いています。
 ワークショップには中学生1名を含む11名の方が参加して下さいました。説明を受けた後は、皆さんかなり集中して静かに作業を行ったため、少し早めに切り終えた方が多かったです。
 剪画(切り絵)と書いたチラシを作成しても、剪画をご覧になったことがない方には完成イメージがつかみにくいため、同時期に作品を展示して頂くのは、とても良いことだと思いました。
 ご参加の皆様、ありがとうございました。  

Posted by sengaart at 21:28Comments(0)剪画教室など 


August 01, 2018

大江の郷でビュッフェランチ

大江の郷でビュッフェランチ  今日はワークショップがないので、友人と大江の郷でランチ。大江の郷は平飼いの養鶏から始まった牧場が作ったリゾート施設です。以前にスイーツを食べに寄ったことがありますが、ここでのランチは初めてでした。
 2階の大江の郷テラスはランチに卵と野菜のビュッフェがあり、メイン料理を足したり、パンケーキを追加オーダーできます。ビュッフェには様々な野菜料理…サラダ、温野菜、ラタトゥイユ、キノコのソティ、グリルドポテト…。シンプルで野菜の味を活かしたお料理をたっぷりと堪能しました。どの品も、とてもおいしかったです。
 1階のカフェに降りて、ゆっくりとお茶を飲んでいたらあっという間に時間が過ぎてゆきました。外は真っ青な空とむせ返るような緑。私は食べられませんが、卵を使ったスイーツのカフェもあるので、ここでゆっくり過ごすのは至福の時間だと思います。  

Posted by sengaart at 22:09Comments(0)べジィな食卓 


July 31, 2018

今日もワークショップ2つ

今日もワークショップ2つ 午前中は若桜町公民館池田分館へ。ここで活動している切り絵サークルでワークショップを行いました。皆さんが集まって何年も活動をされているので、ナイフさばきはさすが。あっという間に作品を完成させてくれました。作品制作の合間には、和紙の貼り付け方や下絵についての話がはずみました。
 午後は竹林公園でのワークショップ。畳の間での開催は初めてだったのですが、なかなか良い感じです。和やかに会話を交わしながら、麒麟獅子の絵柄を思い思いに切り抜いて下さいました。
 カッティングの合間に外を見ると、うっそうとした緑と青い空と真っ白な雲。屋外はものすごい暑さでしたが…時間を忘れて制作して下さったようです。ありがとうございました。
  

Posted by sengaart at 21:56Comments(0)剪画教室など 


July 30, 2018

2つのワークショップ

2つのワークショップ 今日は午前中と午後にそれぞれ違った場所で麒麟獅子の剪画ワークショップを開催しました。
 午前中は岩倉公民館で。10人くらい…と思っていたのですが、20名以上の方々にご参加いただきました。地域にお住まいの方々だけでなく、近くの学校にも声をかけて頂き、10名の先生方に剪画体験をして頂きました。
 午後は岩美町の交流館でワークショップを開催。大人に混じって小学生の皆さんも剪画に挑戦しました。かなり細かい図案を選ばれた方が多かったにもかかわらず、集中力を発揮して、参加の皆さん全員がとても素敵な麒麟獅子の色紙を完成してくれました。
 どちらの町でも広報だけではなく、お互いに声をかけ合ってワークショップに参加して下さったのが、とても嬉しかったです。ご参加下さった皆様、ありがとうございました。  

Posted by sengaart at 22:45Comments(0)剪画教室など 


July 29, 2018

あおや和紙工房でのワークショップ

あおや和紙工房でのワークショップ 昨日から台風でお天気が荒れていてどうなることかと思いましたが、朝から晴れ間も出て、とても暑い日になりました。あおや和紙工房さんでは、午前と午後2度に分けて剪画ワークショップを開催。40名の方々にご参加いただきました。
 動物の輪郭の中に、丸や星、花々の絵を描いてもらいます。その下書きを青谷の美しいむら染めの和紙の上に重ね、デザインナイフで切り抜きます。ボコボコとしたテクスチャーの耳付き和紙の上に張り合わせると、素敵なオリジナル作品の完成。小さい子供から、お母さん、お父さん、そして学生さんと様々な方が、それぞれの個性に合わせた剪画を完成してくれました。
 また作品展初日にできなかったギャラリートークを、朝と夕方2回に分けて行いました。展示作品と作者の和紙の使い方を中心に30分ほどのトーク。少しでも多くの方に剪画や和紙に興味を持って頂けたら嬉しいです。
  

Posted by sengaart at 23:41Comments(0)剪画教室など 


July 28, 2018

「麒麟 EXHIBITIONS」へ

「麒麟 EXHIBITIONS」へ 鳥取県立博物館で開催中の麒麟 EXHIBITIONSへ。各地の神社で使われている実際の麒麟の頭と猩々とお面がズラリと展示されていて、とても迫力があります。
 頭の展示の前では高校の麒麟獅子保存研究会のメンバーによる実際の麒麟獅子舞が行われました。麒麟獅子舞のゆるやかな楽の音…華やかで典雅なひとときです。
 その奥のブースで麒麟獅子のワークショップを開催。小学生や親子連れの皆さんに剪画を楽しんでいただきました。麒麟獅子をテーマとした交流が広がった1日でした。  

Posted by sengaart at 22:41Comments(0)剪画教室など | 旅の空の下


July 27, 2018

大村地区公民館でのワークショップ

大村地区公民館でのワークショップ 鳥取の大村地区公民館で剪画のワークショップを開催。今年の文化祭での作品展示も考えているということだったので、できあがりに個性が出やすいよう、ちぎり絵を取り入れたワークショップにしました。
 午前中は小学生。低学年は動物の形をハサミで切り抜いてその上に貼り絵で装飾する作品を制作。そして高学年は自分で動物型の中に模様を描き、切り絵をした後ちぎり絵で完成させる剪画を作りました。どの作品も個性的な力作揃い。素敵な作品が完成しました。
 午後は大人の講座で、麒麟獅子を切って台紙に貼るか、黒い和紙を切り抜いてちぎり絵で仕上げる剪画を制作。皆さん、子どもたちに負けないくらい集中して、魅力的な作品を仕上げて下さいました。
 参加して下さった方々だけでなく、私たちも楽しませて頂いたワークショップでした。  

Posted by sengaart at 23:44Comments(0)剪画教室など | 旅の空の下


July 26, 2018

鳥取へ 前回は大雨で今回は…

鳥取へ 前回は大雨で今回は… 東京には台風が近づいていますが…今のところは飛行機は通常通り運行。午前中の便で無事に鳥取に到着しました。
 ギャラリーで開催した「狛犬」展で多くの作家が描いた狆の狛犬の実物を見に鷲峯山神社へ向かいます。古式ゆかしいこの神社の佇まいはとても美しく、山の中を流れる水の音や蝉の声、緑の匂いなど、すべてが別天地のようでした。鳥取の中でも最も古いこの神社には、特別な力が満ちているように感じられます。そして狆の狛犬は思った以上に存在感のある像でした。
 午後からはあおや和紙工房さんへ。現在行われている剪画展を見た後に、二人の作家さんたちと共に紙漉き体験をさせて頂きました。なかなかうまくは漉けませんが、それでも和紙を漉く時の充実感は何にも代えがたいひとときです。
 台風が近づいているのがちょっと気になりますが…明日から始まるワークショップがうまくゆくことを祈っています。  

Posted by sengaart at 23:15Comments(0)旅の空の下 


July 25, 2018

エチオピアン・コーヒーハウスさんの展示替え

エチオピアン・コーヒーハウスさんの展示替え エチオピアン・コーヒーハウスさんには、エチオピアにまつわる剪画を飾って頂いています。今まで掛けてあったカラーやコーヒーポットの絵から、Adey Abebaの花の剪画に展示替えをしました。2枚でセットになっている作品です。エチオピアの野原では、9月にこの花が咲き乱れてとても美しいそうです。
 今の時期、とても暑いのでここで香り高いアイス・ラテを飲むのはまた格別。駅から家に歩いて帰る途中、時間があるとここで冷たい飲み物をいただいてから帰ります。
 ことさら暑い今年の夏。近くにお越しの節は是非立ち寄って剪画とアイスコーヒーを楽しんで下さいませ。  

Posted by sengaart at 23:23Comments(0)剪画ギャラリーの仕事 


July 24, 2018

額がたくさん

額がたくさん 時折剪画アート&スペースに作品を出展してくださる糟谷さんが、額を持ってきて下さいました。引っ越しをされたので、使っていない額を引き取って欲しいとのこと。ギャラリーで様々な額を使用する側としては、願ってもないことです。
 どの絵にも似合うように、ギャラリーで購入する額は、黒フチの無難なものになってしまいます。が、額によって絵の雰囲気はずいぶん変わるので、できれば様々なフレームがあった方が、望ましいのです。
 かなり使い込んだものから、新品の額まで…。本当は1つ1つ確認したいのですが、一度広げてしまうと収集がつかなくなってしまうため、鳥取から帰ってくるまでこのままにしておこうと思っています。糟谷さん、ありがとうございました。  

Posted by sengaart at 23:06Comments(0)剪画ギャラリーの仕事 


July 23, 2018

いろいろ発送する

いろいろ発送する カルチャー教室は外で行うワークショップの時、何かしら忘れてゆくことが多いです。そのためリストを作って照合してはいるんですが、和紙やトレーシングペーパーなど代わる代わる忘れてしまうのです。
 今回は鳥取でいくつものワークショップがあるので、材料と用具を送りました。下絵や和紙などリストをチェックしながら…。時間をかけて用意したはずですが、それでも何か忘れていそうで不安です。
 ま、ワークショップが始まってしまえば、あるもので行うしかないのですけれども…ね。  

Posted by sengaart at 23:47Comments(0)剪画教室など 


July 22, 2018

洋風料理Nakamuraさんでのランチ会

洋風料理Nakamuraさんでのランチ会 昨日はナカムラさんでのランチ会。現在、菅谷さんの作品展が開催されています。和モダンな内装のナカムラさんの雰囲気に、「おわら風の盆」のモノトーンの絵柄はとても良く似合います。
 本当に暑い日でしたが、レストランを訪れたメンバーはステーキをがっつり。おいしいソースと共にしっかりとタンパク質を摂っていました。これならこの暑さに対抗できそう…。
 作品展の会期はあと1週間ですが、菅谷さんは何点かの作品を蓮の花の絵に替えました。花の白い部分が映えて、涼しげに見えます。静謐なレストランでのおいしいランチ。しばし暑さを忘れて楽しい時間を過ごしたのでした。