August 18, 2017

緑の餡が美しいずんだ餅

784c711a.jpg 子供の頃、枝豆は塩で食べるものと思っていたので、初めてずんだ餅を頂いた時はちょっと不思議な感じがしたものです。考えてみればきな粉は大豆からできている訳ですし、枝豆が甘くても不思議はないのですけれど…。
 仙台のスイーツといえばもちろんずんだ餅。街に着いて、早速玉澤総本店に行き、ずんだ餅と抹茶のセットを頂きました。1階でお菓子を売っているこのお店は、2回に席があって、ずんだ餅をゆっくり頂くことができるのです。あっさりとした甘みと、枝豆の香ばしさ、そしてしっとりしたお餅…上品で、食べごたえのあるずんだ餅で、旅の疲れも吹っ飛びました。
 道の駅では、ずんだ味のジェラートも…。こちらも豆の味がしっかりとして、とてもおいしかったです。枝豆好きの私にとってはどちらも嬉しいスイーツです。
   

Posted by sengaart at 23:10Comments(0)べジィな食卓 | 旅の空の下


August 17, 2017

ピッツァとチャップリンと…

ピッツァとチャップリンと… 友人が日本で一番ピッツアがおいしいというアンティーカ ピッツアリア ダ ミケーレへ…。私がオーダーしたマリネラは大きくて美味〜!パリッと焼き上げられた生地、シンプルながら旨味たっぷりのトマトソース、ガーリックとオリーブオイルのバランスも良くて、じっくりと堪能させて頂きました。
 そのままお茶をしようと恵比寿ガーデンプレイスに足を踏み入れたところ、広場にスクリーンが設置され、人工芝の緑が広がっていました。その上に座ってくつろいでいる人々…。今日はピクニックシネマの開催日だそうです。
 お腹がいっぱいで歩くのもしんどかったので、これ幸いと座り込んで映画を鑑賞。映画はチャップリンの「サーカス」を上映していました。そよぐ風が心地よく、チャップリンの映画は軽快で楽しかったです。
 おいしいピッツアとチャップリンの映画と…ちょっ贅沢な恵比寿の夜を過ごしました。  



August 16, 2017

喜多方ラーメンを家で食べる

喜多方ラーメンを家で食べる 昨日の午前中にいた喜多方はラーメンの街としても知られています。ベジタリアンの私は食べられないのでそのまま帰ってきたのですが、帰りがけに製麺屋さんを見つけました。お土産として何セットかを購入。良く見てみると、麺自体は卵などが入っていないので、ベジタリアンでも食べられます。
 今日は昆布出汁に数種類のお醤油を入れ、ネギ油を注いで麺つゆを作りました。舞茸を入れてひと煮立てし、もやしとメンマを投入して完成。かなりあっさりとはしていますが、ラーメンらしい感じは出たと思います。
 ご当地ではなかなか食べられないラーメンですが、家でベジ仕様に作って食べられるのは嬉しいです。  

Posted by sengaart at 23:16Comments(0)べジィな食卓 


August 15, 2017

蔵の街とフラダンスと…

蔵の街とフラダンスと… 昨夜は喜多方に宿泊し、今朝は街を散策…するはずだったのですが、雨が降っていたので、少しだけ…。喜多方はラーメンの街だけではなく、蔵の街としても知られています。蔵造りで作られた家屋で洋品店や酒屋、居酒屋など現在でもそのまま建物を利用しているのが印象的でした。
 色々と寄り道をして夕方交通状況をチェックしたところ、予想通りどの道も大渋滞です。そのままハワイアンスパに寄り、ゆっくりと温泉に入って食事。フラダンスのショーを途中で中座して帰途に向かいます。9時過ぎ…というタイミングが良かったのか、渋滞はほぼ終わっていてすんなりと車を走らせることができました。
 お盆はどこに行くのも大変ですが、多少の回避はできるようです。到着する時間は遅くなっても、とりあえず車が流れていると、疲れの感じ方が違いますね〜。
   

Posted by sengaart at 23:50Comments(0)旅の空の下 


August 14, 2017

山寺に参拝

山寺に参拝 仙台から山寺立石寺へ。山寺立石寺は山形県山形市にあり、松尾芭蕉が「閑さや岩にしみ入る蝉の声」の句を詠んだ場所として知られています。
 ふもとにある根本中堂をお参りして奥の院まで、途中にある様々なお堂をお参りしながら登ってゆきました。天台宗のこのお寺は、創建当時から修行を行うための山寺なので、急な階段が続き、山肌に張り付くように立てられているお堂をお参りするのはそれなりにハード。それでも樹々に囲まれた道は涼しく、上まで登ると吹き抜ける風が気持ち良かったです。
 蝉の声は賑やかに聞こえましたが、沢山の参拝客がいて、閑さや…とはいかないのが、芭蕉の時代とは違うところ。奥の院から眺める風景も当時とは全く違うことでしょう。
 時間の流れを感じながら、美しい風景に見とれたのでした。
  

Posted by sengaart at 21:51Comments(0)旅の空の下 


August 13, 2017

ユアテックスタジアム仙台で観戦

ユアテックスタジアム仙台で観戦 お盆の渋滞があったので東京から車で6時間、仙台に無事到着しました。市内のホテルに車を残し、地下鉄でユアテックスタジアムへ…。甥っ子の試合の応援というのがこの旅のメインイベントなのです。
 スタジアムは駅から近く、1時間前に到着しました。7時の試合開始に向けて少しずつ空が暗くなってくるのも良い感じです。夕方のスタジアムは涼しくて観戦するにはとても良い気候でした。
 試合は白熱していましたが、後半にベガルタが1点を入れて勝利。シュートの応酬が何本かあって、結構エキサイトしました。やはり目の前で行われる試合は迫力があります。勝利の高揚感に包まれたファンとともにスタジアムを後に…。夏休みらしい1日となりました。
  

Posted by sengaart at 23:50Comments(0)旅の空の下 


August 12, 2017

いつものカレー

いつものカレー ほぼ1日中家で作業していたので、夕食を摂りに駅付近まで歩きました。向かったのはいつものインド料理店シータラ。そしてオーダーしたのはいつものカレー、ミックスベジタブルセミドライ。
 夏はちょっと辛めのものをお願いして、塩ラッシーと共に頂きます。ミックスベジタブルセミドライは季節の野菜が入っているので、その時々によって中身は違いますが、野菜がたくさん入っている感じがして、一番好きです。
 いつ食べてもおいしい、私にとってのいつものカレーなのでした。  

Posted by sengaart at 23:02Comments(0)べジィな食卓 


August 10, 2017

8月の昼食会

8月の昼食会 今月は洋風料理ナカムラさんに私の絵を10点ほど飾って頂いているので、先月に引き続き昼食会を開きました。お盆休みもあるし、月末からは作品展が始まるので、少し早めに…。参加者は4名です。
 食事をしながら世間話や剪画についての話。いつもは作家さん同士が集まって話をする機会が少ないので、貴重なひとときです。おいしい食事を頂いた後は、一度ギャラリーに戻って次回に始まる「麒麟獅子」の出展作品の準備をしました。
 今日作品を持ち込んだ作家さんもいて、マットを選んだり額装したり…。それぞれに作品を制作したばかりなので、お互いの絵を見るのもとても参考になります。作品を前に作り手同士が様々な話をする…こうした機会はもっと作っても良いのかな…と改めて感じたのでした。  

Posted by sengaart at 23:35Comments(0)剪画ギャラリーの仕事 


August 09, 2017

和紙の色と切り抜き

和紙の色と切り抜き 多くの剪画は黒い和紙を切り抜き、その間に色和紙を張り込んで完成させます。張り込む和紙は単色のものもありますが、ぼかしが入っているものもあります。綺麗なグラデーションは色付けの時に活躍してくれます。
 一方、色が濃い、様々な色合いが入った和紙を切り抜く方に使うと、効果は全く違ってきます。和紙だけ見るとかなり過激な色合いでも、実際に切り抜いてみると不思議な効果をもたらす事があるのです。
 ハーナウのワークショップ用に青谷から送ってもらった和紙はとてもドラスティックな色合い。これが先月の教室用のパイナップル作品や、今月の模様のような花柄にとても合うのです。しかも微妙な色合いの紙がどんな風に切り抜かれるのか正確には予測できないので、思わぬ仕上がりになることも…。
 そんな訳で、今日の教室で仕上がった作品は、とてもユニークなものとなったのでした。  



August 08, 2017

今日の教室:ピーマン

今日の教室:ピーマン 今日の教室はピーマンの作品。前回シンプルな形でそれぞれがピーマンを描き、輪郭線を太くしたり、変化のある線にしたり…いくつかのバリエーションを描きました。この教室はわりと家で作品を仕上げてくる方が多く、今日は4点の作品ができあがってきました。
 画面いっぱいにたくさん並べる方や、白い空間をいかしてレイアウトする方などそれぞれに工夫が見られます。以前他の教室でも同じワークショップを開催しましたが、どの作品も違った雰囲気に仕上がるのが面白いところです。
 教室では作画をし、家ではこちらで用意した季節の絵柄を切り抜いて仕上げて来る…そんなペースでどんどん作品を制作しています。月に1回開催のクラスですが、とても意欲的な生徒さんたちなのでした。
   

Posted by sengaart at 23:38Comments(0)剪画教室など 


August 07, 2017

茶色ってむずかしい

茶色ってむずかしい 少し大きな作品を作りたいので、和紙を様々な色で染めています。青や赤い色は濃くても薄くても…色を混ぜても比較的綺麗な色に仕上がるのですが、茶色はなかなか難しいです。
 薄すぎてしまりのない色になったり、濡れている時は良い感じなのに、乾くと全く違った色になってしまったり…。思ったようになかなか染まってくれないのです。しかも一歩間違うとすすけたような感じに見えてしまいます。
 もっとも切り抜くイメージがはっきりとしていないのも良くないのかも知れません。実際に和紙を切り抜いて仕上がったものを見ると、紙全体とはまた違ったイメージになることも…。そう思いながら染めているうちに、家の中は茶色だらけになってくるのでした。
   



August 06, 2017

暑い日のピッツァ

暑い日のピッツァ 暑い日曜日はなんだか気合が入らなくてダラダラ過ごしました。データの整理やちょっとした片付け…それもダラダラ…。
 夕方も気が抜けていたので、ポストに入っていたチラシを見て、ピッツアをオーダーすることにしました。宅配ピッツアも取りに行けばそれほど高くないので…。ネットで指定すれば、ちゃんとチーズやサラミを抜いてベジピッツアが購入できます。
 ピッツアの生地をクリスピータイプにしたので、かなり軽めのピッツアになってしまいましたが、野菜はたっぷり入っていて、なかなかでした。ただちょっと焦げ目で軽すぎるので、次回は普通の生地を食べてみたいと思います。
 ちょっとズボラな1日にはふさわしい感じの、おつまみピッツアでした。
   

Posted by sengaart at 22:43Comments(0)べジィな食卓 


August 05, 2017

段ボール箱の処理

段ボール箱の処理 十何年ぶりに洗濯機を購入。大きな段ボール箱に入ってきました。また、家の中に大きな機械を搬入するために入り口のところにあった段ボール箱をチェックしてみると、長い間置いたままのものが結構あります。
 ここ数年秋に作品を鳥取に展示して頂いていて、まとめて送るのに大きめの段ボールを使用しています。そのため、大きめの段ボールを見るとついとっておきたくなってしまうのです。とは言ってもキリがないので処分することに…。
 それでも捨てる前に、必要な大きさに段ボール板を切り出しました。和紙やカッティングマットを購入頂いた時の梱包用に…。そして残りをリサイクル用にまとめます。意外と時間と力が必要な餡ボール箱の処理なのでした。  

Posted by sengaart at 23:47Comments(0)その他のお仕事 


August 04, 2017

次回の作品展:麒麟獅子

3次回の作品展:麒麟獅子 8月30日から始まる次回の作品展のテーマは「麒麟獅子」。東京ではあまり馴染みがありませんが、鳥取から兵庫県に伝わる獅子舞の一種です。鳥取の方々と和紙を通してお付き合いするうちに、麒麟獅子をテーマに剪画を制作してみては…という話になりました。
 麒麟獅子は東京の獅子舞よりも少し鼻先が長く、頭には1本の角を持つ一角獣。その顔つきは迫力があって、ユーモラスもあり、確かに剪画で描くには適しています。が、問題は剪画アート&スペース周辺作家さんは、実際にその獅子舞を見たことがない…というところです。
 実は私が2013年に初めて鳥取の和紙の里に伺った時、最終日が日曜で、ちょうど宇倍神社でこの麒麟獅子が踊るお祭りの日でした。その時に撮ってきた写真を元に、作家さんたちはそれぞれにリサーチを重ね、作品を制作しています。
 今週になって数点の作品が集まってきました。作家さんたちがイマジネーションを膨らませて制作する麒麟獅子、どうぞお楽しみに。  

Posted by sengaart at 23:13Comments(0)剪画ギャラリーの仕事 


August 02, 2017

お休み中のギャラリー

お休み中のギャラリー 7月1日に今年前半の展示が終了。再開まで2ヶ月あると思ったのですが…すでにその半分が過ぎてしまいました。2ヶ月あるので、あれもやりたい、これもやりたい…と時間がある時にするべき仕事を考えていたのですが…まだ何一つ終えていません。時間の経つのが早いこと…。
 閉まっているギャラリースペースは接客スペースとしても使うのでなるべく綺麗に剪画を並べておきた…と思っていたものの…こちらも果たせず。まだ返却していない絵や、在庫である和紙や、家の中で必要なくなった家電製品の一時置き場となって、そう広くない空間は混乱状態です。そうこうしているうちに次回の作品展のための剪画も入ってきました。
 もやもやと様々なものが広がっているギャラリー。あたかも私の混乱状態を示しているかのようです。夏休み後半戦、宿題がちゃんと終わりますように…。  

Posted by sengaart at 21:19Comments(0)剪画ギャラリーの仕事 


July 31, 2017

洋風料理ナカムラさんで飾りつけ

洋風料理ナカムラさんで飾りつけ

 湿気があって日差しが強い夏らしい日…。ランチの時間が終わった後、洋風料理ナカムラさんへ向かいました。7月に展示していただいた剪画作家さんたちの絵と入れ替えて、8月には私の剪画を飾って頂くので、飾りつけに…。
 夏らしい絵柄でほどほどの大きさの絵はすでに昨年飾ってしまったため、今年は少し大きめの絵になりました。レストランスペースには大きすぎて圧迫感があるかな…と心配したのですが、ナカムラさんは天井が高めの位置にあるのと、すっきりしたインテリアなので、持参した10点の絵はうまく収まってくれました。
 お時間のある方は是非洋風料理ナカムラさんまでおでかけ下さい。9月上旬まで開催予定です。  

Posted by sengaart at 23:02Comments(0)剪画ギャラリーの仕事 


July 30, 2017

エチオピアン・コーヒーセレモニーでまったりとした午後

エチオピアン・コーヒーセレモニーでまったりとした午後 近くのエチオピアン・コーヒーハウスさんで開催されたコーヒーセレモニーに友人たちと行ってきました。4月に伺ってから2回めです。
 乳香を焚きながらコーヒーをフライパンでゆっくりと炒ると、良い香りが立ち上ってきます。それを木の器に入れてすりこぎで丁寧につぶし、独特の形をしたポットでわかしたお湯の中に入れました。少し置いて火から下ろした後、しばらくコーヒーの粉が落ち着くのを待ち、小さなカップに注ぎます。こうして丁寧に淹れられたコーヒーは極上の味。
 エチオピアでは女の子は8才頃からお母さんにコーヒーの入れ方を習い、14才になる頃には一人前にコーヒーを入れられるようになるのだとか…。このコーヒーセレモニーでおいしいコーヒーを入れることが、女性として一人前と認められることなのだそうです。
 たくさんの質問をし、様々なお話を伺って、エチオピアの文化と共にコーヒーの味と香り楽しんだ午後でした。
   



July 29, 2017

8月の教室:ひまわり

8月の教室:ひまわり 8月の中旬くらいまでに開催される教室の絵はひまわり。すでに剪画図案集に何種類かのひまわりの絵があるので、少しデフォルメしたものを制作しました。いくつかのパーツを個別に描いておけば、配置や組み合わせで仕上りの雰囲気を変えることができます。
 サンプルで作った作品には色ムラがあるものも使用してみました。この色合いが微妙なニュアンスを演出してくれます。今日作品を作った生徒さんは、青地に赤が入ったムラ染の和紙を使って作品を作りました。すると何となくスペイン風の情熱的なひまわりに…。夏の日差しに負けない、熱いひまわりもまた良いかも知れませんね。  

Posted by sengaart at 22:05Comments(0)剪画教室など 


July 28, 2017

フレッシュトマトの冷製パスタ

フレッシュトマトの冷製パスタ 洋風料理ナカムラさんのランチは、季節のお肉とお魚、それにピラフなどの定食。が、あらかじめお願いしておくとベジタリアン仕様のパスタを用意しておいて下さいます。
 今回作って下さったのは、フレッシュトマトの冷製パスタ。びっくりするくらいトマトがたくさん盛られています。このトマトは地元・水元産で、その日に採られた新鮮なものなのです。冷たいパスタとオリーブオイル、タマネギ、ガーリック、それにバジル…シンプルであるがゆえに、トマトの酸味と甘みをしっかりと味わうことができます。
 毎日でも食べられそうなフレッシュトマトのパスタ。ボリュームもあって、おいしくいただきました。  

Posted by sengaart at 22:25Comments(0)べジィな食卓 


July 27, 2017

ナカムラでの昼食会

ナカムラでの昼食会 今月は洋風料理ナカムラさんで剪画の展示をして頂いているので、土曜日と木曜日に分けて昼食会をしました。第一弾は先週の土曜日。菅谷さんは昨年も作品を出展して頂きましたが、レストランにご一緒するのは初めてです。作品を鑑賞しながら4名でゆっくりランチをいただきました。
 今日は第2弾で、午前中に和紙を染めるワークショップを行い、1時にランチへ…。全部で10点の作品を飾って頂きましたが、3点ほど売れて壁面は少し寂しくなっていました。夏の絵なので、お買上げ下さったお客様は少しでも早くお家に飾りたいと、お持ち帰りになったそうです。
 皆で楽しくランチを頂きながら、また来年の展示のことなども話題に…。こうした機会を作ってくださるナカムラさんに感謝しつつ、剪画の話で盛り上がったのでした。  



July 25, 2017

暑い夜の交流

暑い夜の交流 空気がたっぷりと湿気を含む暑さの中、葛飾の花火大会のため今日の金町は大混雑。人混みが嫌いな私は花火を横目で見ながら新松戸へ向かいました。
 駅から徒歩8分のところにあるユアコーヒーさんで、地域ネットの交流会。スペシャリティコーヒーを楽しめるお店です。交流会は松戸市内で月1回開催していますが、私は久しぶりに参加させて頂きました。伺う度に新しい出会いがあり、とても楽しい時間をすこさせて頂いています。
 持ち寄ったお料理を囲み、飛び交うのは様々な話題。食べ物のこと、地元の話題、ポロの話、バスク地方の塩について…。
 あっという間に過ごした2時間、金町に帰ってくると花火大会は終わって浴衣の人々が街の中を歩いています。今日はとても暑い日でした。  

Posted by sengaart at 23:37Comments(0)日々のつれづれ 


July 24, 2017

むける…

むける… 最後に海水浴をしたのはいつだか覚えていないくらい…屋外のプールに行くこともそう多くはありません。姪っ子が来ていたので久しぶりにビーチで遊んで、肩、腕、足が真っ赤になりました。なかでもひどかったのは方から腕にかけてです。午前中に数時間だけ、なるべく陽に当たらないようにしていたのですが、泳いだり、歩いたりしているうちにかなり焼けてしまったようです。
 とりあえず日焼けケア用のローションを何度か塗ったものの、しばらくはヒリヒリしていました。そして痛みが治まった頃、表面がぺろりと…。さすがにビラビラとした皮が恥ずかしいので、早くむけ終わって欲しいです。自分でむく気はしないのですけれど…ね。  

Posted by sengaart at 23:34Comments(0)日々のつれづれ 


July 23, 2017

夏の野菜たっぷりパスタ

夏の野菜たっぷりパスタ 熊本の南関町から夏野菜セットが届きました。被災地応援のためのふるさと納税の返礼品です。段ボール箱の中には夏野菜がギッシリ。ミニトマト、そうめんかぼちゃ、たまねぎ、オクラ、きゅうり、じゃがいも、かぼちゃ、ゴーヤ…などなど、全14種類ありました。
 早速夏野菜たっぷりのパスタを…(調理したのは主人ですが)。ピーマン、パプリカ、アスパラ、長ナスをたっぷり使います。ガーリックと塩コショウを効かせたペペロンチーノ。彩りも綺麗な一皿となりました。南関町の夏野菜、新鮮でおいしかったです。  

Posted by sengaart at 23:02Comments(0)べジィな食卓 


July 22, 2017

和紙染めのワークショップ

和紙染めのワークショップ 昨日は手ぬぐいを染めましたが、今日はアトリエで和紙を染めるワークショップを開催。紙を染めるにはスペースと時間が必要なので、作品を作るための色和紙をまとめて作ってしまうワークショップです。
 染料を使って白和紙の上に色を落としていきます。数色を重ねたり、ムラを作ったり…それぞれにイメージをふくらませながら様々な色に染めました。
 作業中と和紙が乾いた後では色味が違ってくるので、思った通りに彩色するのはなかなか難しいのです。が、予定と違った色合いが作品を引き立ててくれることもあります。少しずつ経験を重ね、自分の好きな色とにじみの感じをつかんでゆくのも大切なこと。
 終了する頃には様々な色の和紙が完成。和紙を使ってどんな作品ができるか、想像するのも楽しいです。  

Posted by sengaart at 22:30Comments(0)剪画教室など 


July 21, 2017

楽しい手拭染体験

楽しい手拭染体験 以前から参加したかった手拭体験ショートコースに妹と姪っ子と参加。初めに映像を見て全体の流れを学習、それからエプロンを付けて、長靴を履き、用意完了です。
 最初に型紙の上に糊を置く作業。実際の動きをインストラクターの方に見せてもらった後、同じようにへらを一定の力と速度で並行に動かしてみます。手拭いの長さまで動かしたら布を折りたたみ、次の人へ…。見た目より難しい作業でした。
 2色の色を使用するため、糊で堤防を作った後、染料を注ぎ込みます。下から吸引することによって染料はしっかりと生地の中に浸透していくとのこと。4人の参加者が交代で作業し、手ぬぐいを染めていきました。
 最後に水洗いし、糊と余分な染料を落として完成です。手ぬぐいの長さに切り分けて自分で糊を載せた部分をいただきました。今回染めたのは花火と金魚が描かれている柄です。
 工夫された行程を順に追って仕上げてゆく手拭染体験はとても面白かったです。スタッフの方々も丁寧に対応して下さって、とても楽しい時間を過ごしました。  

Posted by sengaart at 23:04Comments(0)Art etc …