April 22, 2018

合わせてみないとわからない

合わせてみないとわからない 次回の作品展「エチオピアン・カフェ」の作品搬入締切は18日の水曜日だったのですが、都合があって来られない作家さんは少し遅れて21日の土曜日に作品を搬入してくれました。
 岡田さんはアトリエに来て最終仕上げ。エチオピアン・ローズにの微妙な色合いを染めた和紙の中から探し、一つ一つ貼り込みました。最後に接着するための台紙を探します。
 エチオピアの素朴な感じを出したい…ということで、スムーズな表面の紙ではなく、粗座感のあるものを選び出し、切った作品を上に置いてみます。漉き込まれた繊維が細かくてコルクのような肌合いのものよりも、ザラザラとして長い繊維がはっきりと見える和紙の方がこの作品にはマッチしていました。これは実際に合わせてみたいとわからないことです。
 最後にきっちりと貼り合わせ、完成。来月16日から始まる作品展で、是非チェックしてみて下さい。

(「エチオピアン・カフェ」展 2018.5.16〜6.2 於:剪画アート&スペース)  



April 20, 2018

日本現代工芸美術展へ

日本現代工芸美術展へ 上野の東京都美術館で開催されている工芸美術展へ。お天気が良く、気温も高い上野公園は沢山の人が歩いていました。
 染色、工芸、金工、陶芸…どの作品も完成度が高く、日本の手技の凄さを感じます。特に染色として展示されている平面作品は剪画の図柄との共通点もあって、切り絵が工芸に分類されるのも少しわかるような気がしました。
 色合い、形、素材感…。様々な面で楽しめる展示。しかしそれぞれの作品の密度が高すぎて、圧迫感があり、会場を出る頃はフラフラになります。高い技術はそれを見る者を疲れさせる部分もあるな…とも思ったり…。
 充実した時間を過ごした午後でした。  

Posted by sengaart at 23:05Comments(0)Art etc … 


April 18, 2018

ラディッシュいろいろ…

ラディッシュいろいろ… 昨日作った色紙作品の下絵を使って、今日の教室開催。最も人数が多いグループレッスンで7名の参加です。
 それぞれに好きな図案と色和紙を選んで制作。濃い目の色を使ったり、淡い色を使ったり…。きっちりと和紙をはめ込んだり、ちぎってた紙を貼ったり…。それぞれに手慣れた様子で作業を勧めています。
 写真だと黒い和紙に見えますが、微妙に色合いが入った和紙は、渋めの効果を発揮。ザラッとした肌合いの和紙も活躍しました。毎回のことではありますが、色の組み合わせによって、その人らしい作品が完成。
 賑やかなクラスは、作品の仕上がりも華やかでした。  

Posted by sengaart at 23:11Comments(0)剪画教室など 


April 17, 2018

ラディッシュと落水和紙

ラディッシュと落水和紙 4〜5月のワークショップ用にラデッシュを制作。黒・茶・紺色の和紙で輪郭を切り抜き、ちぎり絵で色を少しだけ入れてみました。
 黒い輪郭の絵は黄色っぽい色の和紙を貼り付けた色紙に接着。もう1枚の杉和紙で切り抜いた方は、耳付きの台紙の上に…。先週佐治から届いたもので、黄色い台紙を漉いた後に、白を重ね、上から落水したものです。
 写真では見えにくいと思いますが、少し黄色がかった白の上に黄色い水玉がポツポツ…その間にラデッシュが散っている…という感じ。様々な素材を使って教室用の作品を作るのは、とても面白いです。  

Posted by sengaart at 22:52Comments(0)剪画教室など 


April 15, 2018

バナー作品の準備

バナー作品の準備 7月に開催予定の作品展のための企画。かなり広い場所で開催するため、細長い形のバナーを用意し、6名で分担して切ることにしました。そして6枚を共通の絵で繋ぐような感じに仕上げたいと思っています。
 元絵を書いてそれを拡大し、プリントしてくれたのは吉田さんです。45cm幅で、2.5mの大きな細長い絵…それを横につなげると大きな作品が仕上がるはずです。下絵に合わせて白いロール和紙を必要な大きさにカットして、準備しました。
 あとは担当者に渡して切ってもらいます。どんな絵が仕上がるのか…いまからとても楽しみです。  

Posted by sengaart at 23:54Comments(0)剪画ギャラリーの仕事 


April 14, 2018

「春の調べ」展 終了しました

「春の調べ」展 終了しました 今年初の剪画展「春の調べ」が始まった3月21日はとても寒い日で、みぞれが降っていました。その次の日からは毎日暖かい日が続き、桜は例年よりも早い時期に満開に…。ちょっと慌ただしい感じの春の訪れでした。
 ギャラリーにもお花見にいらした方々が多く立ち寄って下さいました。常連のお客様はもちろん、今回は初めてギャラリーに足を運んで下さった方も…。そして桜が散った後も、お散歩がてらご来廊下さる方が多かったように思います。
 遠くから見に来て下さった作家さんやお客様、剪画を習っている方々、そして新聞の情報欄を見て訪ねて来て下さった方、再会と新しい出会いと…多くの交流が生まれた作品展でした。ご来廊、本当にありがとうございました。  

Posted by sengaart at 23:37Comments(0)剪画ギャラリーの仕事 


April 11, 2018

つくし誰の子スギナの子

つくし誰の子スギナの子つくし誰の子スギナの子

佐藤 健二 242×272mm

 ギャラリーの入り口に入ってすぐ右側の壁に掛けられているこの絵を覗き込んで、「かわいい〜!!」という声を上げる人…。今回の作品展でとても人気のある絵です。
 待ちに待った春になり、ようやく道端に芽を出したつくしを覗き込んでいる2匹のたぬきさんたち。驚いたり、喜びの声を上げたり…その表情は確かに可愛らしく、思わず頬がゆるんでしまいます。
 シンプルなラインは黒い和紙で切り抜き、たぬきさんたちやつくしには色和紙をはめ込みました。そして背景は、網ブラシで彩色。その微妙な陰影がふんわりとした春の空気感を演出しています。
 「つくし誰の子スギナの子」の歌を思い浮かべながらこの絵を見つめ、春の空気に浸ってみて下さい。佐藤さんらしいほのぼのとした優しさが伝わってくると思います。

(「春の調べ」出展作品 2018.3.21〜4.14 於:剪画アート&スペース
  

Posted by sengaart at 22:36Comments(0)剪画作品紹介 


April 09, 2018

暖かい4月の水元公園

暖かい4月の水元公園 風は少しあるものの、陽射しが暖かい4月の初旬。出かける時に水元公園を横切って行きました。桜はすっかり終わっていましたが、何本か八重桜は残っています。対岸を見るとやはりそこにも八重桜のピンクが…。
 春らしい黄色を見せてくれる菜の花はまだかなり残っていましたし、橋の向こう側にはチューリップが植えられている場所もありました。最近は公園内に様々な花を植えているようです。樹々の緑も少しずつ色が濃くなってきて、とても綺麗。
 公園内ではお散歩をしている夫婦連れ、スケッチをしている人、釣りをしているおじさんたち…と平日にもかかわらず、かなりの人が行き交っていました。お弁当を持って出かけたいような暖かい春の水元公園でした。  

Posted by sengaart at 23:02Comments(0)四季の風景 


April 08, 2018

Primavera −春−

Primavera −春−南舘 千晶 作 420×297mm

 南舘さんは横顔の女性をテーマに、何点かシリーズで作品を制作しています。今回の作品はそのうちの1点です。
 切り抜いている白い紙は和紙ではなく、コピー紙のような洋紙です。かなり細い線なので、和紙では切り抜きにくいのでしょう。背景はコンピューターで彩色し、キャンバス地にプリントアウトしたもの。色をキチッと入れすぎずに、ぼかしてピントを少しずらしたような彩色が、帰って繊細な白い線を浮き立たせています。
 使う紙や彩色方法を限定せずに、作品に合わせて様々な素材を使ってみる…南舘さんのその柔軟な制作方法は、シリーズを較べてみると良くわかります。それぞれのテーマにどんな素材を使っているのか、是非較べてみて下さい。

(「春の調べ」出展作品 2018.3.21〜4.14 於:剪画アート&スペース)  

Posted by sengaart at 22:18Comments(0)剪画作品紹介 


April 07, 2018

ピアノ道

ピアノ道小柳 欣也 作 368×504mm

 今回の作品展「春の調べ」では、明るい色彩で楽しい作品が多いのですが、中でもひときわ人気の高いのがこの作品です。樹々の間に広がったピアノの鍵盤の道。その中を楽しげに踊りながら通ってゆく動物たち…。
 遠くから手前まで繋がってくる鍵盤のダイナミックな表現や、擬人化された動物たちの躍動的な動きなど、描かれているもの全てがとても良くできているのです。それを見ているうちに絵本の一コマのような物語性のあるシーンにどんどん引き込まれてゆく…。この絵の前で立ち止まって絵に見入っている方が多いのもうなずけます。
 ちょっと不思議で夢のある小柳ワールド。それぞれに創造力を膨らませながら楽しんで頂けることでしょう。

(「春の調べ」出展作品 2018.3.21〜4.14 於:剪画アート&スペース)  

Posted by sengaart at 22:18Comments(0)剪画作品紹介 


April 06, 2018

ケールのサラダ

ケールのサラダ ちょっと前になりますが、麻布十番の WE ARE THE FARM AZABU(ウィーアーザファーム)で友人と夕食をとりました。このお店は自社農園で育てた野菜を使ってお料理を作っています。中でもケールは様々なメニューに使われていました。
 ケールはゴワゴワしていて苦いイメージがあったのですが、こちらで頂いたサラダの山盛りケールは柔らかく、美味でした。ピンク色のビーツのドレッシングがとても綺麗です。
 他にもオレンジとケールのスムージーやビーツのカルパッチョなど、ヘルシーなメニューがたくさん。ドレッシングはベジ仕様にしてくれたのも助かりました。野菜をたくさん食べたい時に、また寄りたいと思っています。  

Posted by sengaart at 23:24Comments(0)べジィな食卓 


April 05, 2018

piacevole

piacevole仲島 あい 作 211×298mm

 タイトルはenjoyable…イタリア語の形容詞で「楽しい」という意味です。
 明るい黄緑色色の背景の中でバイオリンを弾く少女。楽しげな少女は羽を持っていて、宙に浮いているよう。衣服や羽の色、背景に飛び交う綿毛やタンポポ…それぞれに色合いが美しく、春らしい空気を感じます。和紙の色合いはともすると落ち着いてしまいがちですが、むら染の背景の色が他の和紙の色味にうまく作用して、空気に透明感が出ました。
 仲島さんらしい若々しい作品に仕上がっていると思います。

(「春の調べ」出展作品 2018.3.21〜4.14 於:剪画アート&スペース
  

Posted by sengaart at 22:26Comments(0)剪画作品紹介 


April 03, 2018

桜ももう終わり:桜のお菓子

桜ももう終わり:桜のお菓子 おみやげにもらったお菓子、羅櫻(うすざくら)。葛粉や白あんを使ったお菓子です。もちもち、ぷよぷよした食感のお菓子は桜エキスが入っていて、桜餅のような香り。薄い桜色の記事の上に塩漬けの桜があしらわれているのも素敵です。
 今年の桜はあっという間に咲いて、たちまちのうちに散ってしまいました。桜が咲いている間、花冷えの日がなく、とてもうららかな日々でした。まだ八重桜が少しだけ残っていますが、ほとんどの樹々は花びらがすっかり散って葉が付き始めています。
 ゆく春のなごりを惜しみつつ…せめて桜のお菓子をもう少しだけ楽しみたいと思います。  

Posted by sengaart at 22:57Comments(0)べジィな食卓 | 四季の風景


April 02, 2018

春が来た

春が来た結城 公子 作 427×305mm

 音符の中に咲き乱れる春の花々。よく見るとオタマジャクシやメダカが一緒に描かれています。背景にも雑草や桜の花、そして鳥に音符に空飛ぶオタマジャクシも配され、にぎやかな風情。それでいてちょっとユーモラスな雰囲気もあります。
 カラフルな色の作品が並ぶギャラリーの中で、このモノトーンの絵はかえって目立ちます。そして今回、結城さんは絵葉書サイズと小色紙サイズの小さな作品も出展して下さいました。その絵柄はこの絵の中から一部を取り出して色を入れたもの。カラフルな音符の作品と、音符と鳥が飛び交う桜の絵柄です。
 モノトーンも彩色作品も…どちらも結城さんらしい素敵な作品だと思います。

(「春の調べ」出展作品 2018.3.21〜4.14 於:剪画アート&スペース)  

Posted by sengaart at 23:05Comments(0)剪画作品紹介 


April 01, 2018

唱歌 〜ちょうちょう〜

唱歌 〜ちょうちょう〜菅谷 順啓 作 100×148mm

 今回菅谷さんが出展して下さった菜の花二題のうちの1点です。ハガキサイズの小さな作品ですが、小さな花びらの菜の花とモンシロチョウにはピッタリ。可愛らしい作品となりました。
 背後に配された桜の花のピンク、そして周囲に咲いている菜の花の黄色い背景が華やかな春の空気を表現しています。その中で蝶々の白い羽がひときわ存在感を放っているのも印象的。
 ちなみに菜の花二題のもう一点は「唱歌 〜朧月夜〜」。こちらは夜の菜の花畑を描いて、幽玄な雰囲気があります。春らしい唱歌の世界を描いた2点をお楽しみ下さい。

(「春の調べ」出展作品 2018.3.21〜4.14 於:剪画アート&スペース
   

Posted by sengaart at 22:40Comments(0)剪画作品紹介 


March 31, 2018

花吹雪の日のお客様

花吹雪の日のお客様 今週末は今シーズンでお花見ができる最後のチャンス…水元公園は花吹雪です。が、正午過ぎてのお客様はいつもの週に比べると少なめ。そんな中、神戸の結城さん、岡崎の青山さん、日高の吉岡さんがご来廊。出展作品を含め、春の剪画をご覧頂きました。来年のプロジェクトのことを相談し、和紙や作品の話で盛り上がります。
 そうこうしているうちに夕方からボチボチお客様がお見えになりました。やはりお花見の帰りの方が多かったようです。久しぶりにお目にかかった方もいらして、有意義な時間を過ごしました。
 ギャラリーを閉じた後は、青山さんと染料で和紙染めの実演。実際にやってみると、様々なアイディアが浮かんできます。
 春は再会と交流の時。今週はたくさんの方々とお目にかかって、充実した1日となりました。

(「春の調べ」展 2018.3.21〜4.14 於:剪画アート&スペース)  

Posted by sengaart at 23:50Comments(0)剪画ギャラリーの仕事 


March 28, 2018

囀り(さえずり)

囀り(さえずり)日野 晴美 作 140×140mm

 14cm四方の小さな作品です。顔料で染めたパステルカラーの背景の上にクラッシックな竪琴、そこから流れる音楽を緑のツタで表現しています。そこに止まってさえずる鳥たちは幸福の象徴でしょうか?
 優しい色使いと優美な曲線で表現された、華やかで楽しげな春。あまり目立ちませんが、柔らかな色合いを引き立てるために、茶色や緑色には深めの色が入っている和紙を活用しています。また少し透ける雲竜和紙も随所に活用して濃淡を出しました。
 この絵だけでも美しい仕上がりですが、装飾的で優美な額に入れてあります。シンプルな額にこの絵を入れてみると、全く違った印象になりました。調和の取れた作品だけでなく、額とのハーモニーもまたこの作品の見どころのひとつです。

(「春の調べ」出展作品 2018.3.21〜4.14 於:剪画アート&スペース

  

Posted by sengaart at 22:57Comments(0)剪画作品紹介 


March 27, 2018

水元公園の桜:今週が見頃です

水元公園の桜:今週が見頃です 水元公園の桜は都心よりちょっと開くのが遅いよう…。とはいえここ数日はとても温かいので、朝と夕方では開き方が違います。昨日まではまだ蕾だった上の方の枝も、もう8〜9分咲きになってきました。公園沿いの土手は2kmの桜並木が続いていて、とても見応えがあります。是非お散歩にいらして下さい。
 一方、剪画アート&スペースは水曜日から土曜日の12時から18時までオープン。「春の調べ」をテーマに30点近くの作品を展示しています。春らしく桜を描いたもの、楽器を奏でる動物や人々、そして咲き乱れる花々…。桜と共に剪画でも春を楽しんで頂ければ幸いです。

(「春の調べ」展 2018.3.21〜4.14 於:剪画アート&スペース)  



March 25, 2018

お花見日より:水元公園は5分咲き

お花見日より:水元公園は5分咲き 今日はとても良いお天気。水元公園の桜の様子を見に行きました。都心では満開だということですが、水元公園の染井吉野はまだ5分咲き。木によってはまだほとんど花が開いていないものもあります。
 それでも公園には人がいっぱい。樹の下に陣取ってお弁当をひろげる家族連れや、ワンちゃんを連れてお散歩、ベンチに座ってゆっくりと寛ぐ人々…。菜の花も咲いているし、風は穏やか…本当に気持ちの良い日でした。
 …が、1時間も歩いて帰って来るとくしゃみが止まらず、目のかゆみもマックス。お花見シーズンは花粉シーズンでもあるのでした。
  

Posted by sengaart at 22:59Comments(0)四季の風景 


March 24, 2018

Cirque du Soleil の Kurios を観る

Cirque du Soleil の Kurios を観る 昨夜はお台場へシルク・ドゥ・ソレイユのキュリオスを観に行きました。前回のトーテムを観てからもう2年が経っています。
 トレードマークの黄色と青のテントは、以前あった内部の柱がなくなり、より舞台が見やすい空間になっていました。テントも各演目のためのセットも進化しているのがわかります。
 「好奇心」と「アンティーク」をテーマとしたキュリオスは、斬新でありながら懐かしい雰囲気。衣装も小道具も良く寝られていてとても素敵でした。トーテムに比べると視覚的な驚きは少なかったものの、十分に見ごたえのあるショーとなっていました。
 また次回の来日が楽しみです。  

Posted by sengaart at 22:23Comments(0)Art etc … 


March 22, 2018

…調べ…

…調べ…青山 政枝 作 286×375mm

 春の調べをバイオリンで優雅に奏でる黒猫。青山さんらしい、明るく楽しげな作品です。
 背後の青いタイルは1枚1枚小さな和紙を貼り込んだもの。濃淡のある水色、黄緑、紫色などがバランス良く配置されています。その上にピンクの花がレイアウトされ、最後に黒い和紙で猫が貼り合わされました。猫の後にある淡い黄色はパステルによる彩色です。
 実はこの黒猫、2017年のセンガ・フェミナに出展された大きな作品に出演しています。今回の作品展のテーマに合わせて、その時よりも小さな作品として再構成されました。
 美しいメロディーを奏でながら、春を呼び込むかのような黒猫。絵の中から美しい音楽が流れてきそうな作品です。

(「春の調べ」出展作品 2018.3.21〜4.14 於:剪画アート&スペース)  

Posted by sengaart at 23:41Comments(0)剪画作品紹介 


March 21, 2018

「春の調べ」初日 寒い日でした

「春の調べ」初日 寒い日でした 今日から剪画展「春の調べ」が始まりました。
 とても寒い日だったのでお客様は少なかったのですが、遠方からのお客様がいらっしゃいました。横浜からはるばるいらして下さった切り絵作家の方は、最寄り駅を出る時には雪が降っていたとのこと。寒い中、本当にありがとうございました。静かなギャラリーでゆっくりとお話することができました。
 もう一組は鳥取の佐治町からお母さんと六年生の男の子。ディズニーランドの帰りにわざわざお立ち寄り下さいました。12月に佐治小学校でワークショップを体験してもらってからさらに背が伸びていた彼は、もう4月から中学生です。お二人にギャラリーを見て頂けてとても嬉しかったです。
 寒い日でもギャラリーにとってとても貴重な日となったのでした。

(「春の調べ」展 2018.3.21〜4.14 於:剪画アート&スペース
   

Posted by sengaart at 22:19Comments(0)剪画ギャラリーの仕事 


March 20, 2018

明日から「春の調べ」展

明日から「春の調べ」展 ギャラリーの冬のお休みが終わって、明日から「春の調べ」展が始まります。今回の展示は思ったより作品数が多く、壁はとても賑やかになりました。どの作品もテーマに沿って春らしい色合いのものばかりです。
 ギャラリーの飾りつけが終わった後、水元公園の土手を歩いてみました。今年の桜は少し早い…と聞いていたのですが、今日の空気はとても冷たく、桜の花はまだ開いていませんでした。が、一房だけ…。まだ花びらも寒そうに見えました。
 今週末から少し暖かくなるようなので、実際の見頃は多分来週から。ギャラリーもその頃にお客様が一番多くなりそうです。

(「春の調べ」展 2018.3.21〜4.14 於:剪画アート&スペース
  



March 18, 2018

水元公園の桜:開花寸前

水元公園の桜:開花寸前 先週あたりから花粉が飛び始め、なるべく外に出かけなくない今日この頃。目が痒く、くしゃみが止まりません。それでも東京では早くも開花宣言がなされたので、水元公園の桜が気になります。そのため、散歩にでかける主人にカメラを託しました。
 橋の向こう側にある大寒桜はかなり開いていたとのこと。写真を見ると少し濃い目のピンクが綺麗です。が、土手沿いにこれから咲く染井吉野の方はまだ開いていなかったそうです。少しずつ蕾が膨らんでいるようなので、ギャラリーが始まる21日頃には少しずつ開くのでないかと思われます。
 私の方はギャラリーで「春の調べ」展の準備。タイトル札を作ったり、ポスターや販売用の絵葉書を作成しました。作品展は水曜日から始まります。お花見がてら、是非遊びにいらして下さい。

(「春の調べ」展 2018.3.21〜4.14 於:剪画アート&スペース
   



March 16, 2018

アーンドラ・ダバで南印度料理を食べる

アーンドラ・ダバで南印度料理を食べる 御徒町のアーンドラ・キッチンには何度か行ったことがあるのですが、その姉妹店である神田のこのお店は初めてです。メニューにはベジ料理も多く色々興味も湧いたのですが、とりあえず定食であるベジタリアン・ミールをオーダーしました。
 ラッサムと呼ばれるスープ、南インドのサンバル、他カレー2品、ポテトのお惣菜、チャパティ、ライス、パパド、ヨーグルト…少しずつ色々な野菜カレーが並ぶミールは優しいお味で美味。友人たちと話しながら綺麗に完食しました。
 …しかし…ポテトと豆と小麦とお米がたくさん使われているこのお皿を平らげてしまったので、帰りはかなり苦しい状態に…。次回からはもっと自制することにします。まだまだ食べたいメニューもたくさんあるので…。  

Posted by sengaart at 23:09Comments(0)べジィな食卓