March 21, 2019

春のパスタ

春のパスタ ふるさと納税で宮崎から届いた今月の便。ダンボールの中には春の野菜が詰まっていました。カラーピーマン、ズッキーニ、カラートマト、新玉ねぎ、しいたけ…。今夜は野菜を使ったパスタです。
 収穫後すぐに送られてきた野菜たちは、新鮮で甘みがあります。シンプルなペペロンチーノはじっくりと野菜の味が引き出されてとても美味でした。
 デザートには同封されていた柑橘のせとか。皮が薄いのでカットして食べたら新鮮でとても甘かったです。
 春の力をしっかりと頂いた夜でした。  

Posted by sengaart at 22:56Comments(0)べジィな食卓 


March 20, 2019

剪画展「Pink」初日

剪画展「Pink」初日 日差しが暖かい春らしい日。今日から「Pink」展が始まりました。
 テーマがピンクなので、一歩ギャラリーに入ると、明るい色が目の中に入ってきます。桜の薄いピンク色、鮮やかな芝桜のピンク、紫に近い色合いのピンク…。今まで様々な色をテーマに剪画展を開催してきましたが、一番華やかな作品展になりました。
 暖かいので、お散歩途中にに立ち寄ってくださったお客様もちらほら…。遠くの方は桜が咲いてからいらっしゃる事が多いのですが、近くの方は桜のようすを見にいらしたようです。来週あたりが、桜もお客様のご来廊もピークとなりそう…。
 剪画による華やかな春、是非ギャラリーの方にもお立ち寄り下さいませ。

(「Pink」展 2018. 11.14〜12.8 於:剪画アート&スペース)  

Posted by sengaart at 22:29Comments(0)剪画ギャラリーの仕事 


March 19, 2019

「Pink」展 明日から始まります

「Pink」展 明日から始まります 今年の予想では、桜は例年よりも早めに開くとのこと。それでも水元界隈の桜のつぼみはまだ固い感じです。今週末から少し咲き始めるかもしれませんが…。
 そして剪画アート&スペースの今年最初の作品展「Pink」は、明日から始まります。桜にちなんでPinkをテーマにした作品展。桜の花だけではなく、ピンク色の動物、人々など、ピンクにまつわる様々なテーマの剪画作品が展示されます。
 桜の様子を見がてら、是非お立ち寄り下さいませ。

「Pink」展
期間:  2019年3月20(水)〜4月6(土)
     水・木・金・土 開廊(日・月・火曜休廊)
     PM12:00〜PM6:00
会場  :剪画アート&スペース
     〒125-0033 東京都葛飾区東水元 2-12-16
     Tel : 03-5648-7075 / Fax : 03-5648-7074  

Posted by sengaart at 22:29Comments(0)剪画ギャラリーの仕事 


March 18, 2019

ギャラリーの準備中

ギャラリーの準備中 明後日から始まる「Pink」展のために、ギャラリーをセットアップ中です。作品は揃っているし、まだ時間は十分にあると思っていたのですが…。先日行われたセンガフェミナ展の片付けが済んでいないギャラリーには、様々なものが散乱、中にはポーランド展関係のものまであります。
 ギャラリーを飾り付けするためには、まず片付ける必要があることに気づきました。が、帰ってきた額をしまう場所も限られているし、中にある作品も作家さんたちに返却するためには、額から出しておかなくはなりません。1日かかって、ようやく作品を並べることができる状態になりました。
 まだまだ片付ける仕事はたくさんありますが…何とか初日までには飾り付けができそうです。ちょうど水元公園の桜もそろそろ開く頃。皆様、春のギャラリーでお待ちしております。

(「Pink」展 2018. 11.14〜12.8 於:剪画アート&スペース)  

Posted by sengaart at 23:32Comments(0)剪画ギャラリーの仕事 


March 17, 2019

今月の教室:春色

今月の教室:春色 今月はセンガフェミナなどでバタバタしてしまったので、新しい絵をおこす時間がありませんでした。そのため以前お互いの絵柄を交換した青山さんの下絵をお借りしました。
 昨日の教室では、3名の生徒さんが青山さんの描いた桜と鴨の図案を、2名の生徒さんが以前に私が用意した蝶と花の絵柄を切りました。来週から桜が開くかも…という春の日。皆さん、春らしい色合いで制作して下さいました。淡いピンク、パステルカラーの水色、明るめの茶色…。
 20日からは、春の作品展「Pink」も始まります。是非こちらへも遊びにいらして下さいね。  

Posted by sengaart at 23:17Comments(0)剪画教室など 


March 14, 2019

おやつの時間

おやつの時間 友人が京都のお土産に「おやつの時間」と書いてある小さな袋をくれました。中身はちょっと地味な色合い。中身を取り出してみると、昆布が可愛らしい形にくり抜かれていました。うさぎ、くま、星…。
 オヤツらしく味付けがされている昆布は噛みしめるとねばりが出てきて、じんわりとした味が口の中に広がります。くせになる味なので、1つ口に入れると、次々と食べたくなりました。
 ちょっとした工夫ですが、こんな可愛らしいおやつなら、誰かにプレゼントしたくなります。くり抜かれた周囲の部分はどんな風に利用されるのか、ちょっと気になりますけれど…ね。  

Posted by sengaart at 23:57Comments(0)べジィな食卓 


March 13, 2019

教室で和紙を染める

教室で和紙を染める 昨日のカルチャー講座の生徒さんたちは、少しずつオリジナル作品を制作しているので、今回は和紙を染めてみることにしました。アトリエでの教室なら問題はないのですが、限られた時間の中でうまく和紙が乾いてくれるかどうかちょっと不安です。必要な道具はちゃんと揃っているか確認して、教室に向かいました。
 前半の1時間のうちに染料を使って和紙を染めます。皆、それぞれに思い思いに好きな色を紙の上に置いてゆき、なかなか個性的な色合いの紙が次々に出現。並べてみるととても綺麗です。そう大きくない紙を使って、ドライヤーとアイロンを活用したので、時間内に乾燥させることができました。
 これらの紙がどんな風に作品に使われるか、とても楽しみです。  

Posted by sengaart at 21:00Comments(0)剪画教室など 


March 12, 2019

エチオピアンローズとコーヒーと

エチオピアンローズとコーヒーと センガフェミナが終わって、久しぶりに教室の帰りにエチオピアン・コーヒーハウスに寄りました。2周年記念の期間で、カウンターには美しいエチオピアンのバラの花々が飾られています。ちょうど壁に飾って頂いている岡田さんの剪画「エチオピアンローズ」と色も形もそっくりで、どちらも素敵でした。
 カフェオレを入れてもらって一服。このお店ができてから、もう2年になるのか…と思いつつ…。昨年からはエチオピアをテーマにした剪画を定期的に掛け替えながら飾って頂いています。地元で生まれたご縁に感謝しながら、ゆったりとしたひとときを楽しんだのでした。
 
 
   



March 11, 2019

早春の水元公園

早春の水元公園 昼過ぎてから水元公園へ…。晴れたのかと思ったのですが、どうやらお天気雨。日差しは明るくて暖かいにもかかわらず、ポツポツと雨が降っていました。
 土手の桜の樹々はまだまだ。それでも水仙の花や、小さな枝についた花は開いていました。多くの樹々にはまだ葉がついていないものの、地面は少しずつ緑に覆われて、冬の様子とは違ってきています。
 予想どうりならば、今年の桜の咲き始めは早いはずなので、あと数週間もすると花が咲き始めるでしょう。今日のような気候が続くならば、その日はそう遠くないような気がしています。  

Posted by sengaart at 21:36Comments(0)四季の風景 


March 10, 2019

焼き立てクレープ

焼き立てクレープ 隣家に滞在中のエミリーがクレープを焼いてくれました。家族には卵入りの通常のクレープ、私のものは、ココナッツオイルを入れてベジ仕様。バターをたっぷり使って焼くので、作っている最中からとても良い匂いがしてきます。
 焼き上がったクレープにはヌテラ、いちご、バナナ、生クリーム、メイプルシロップを各自が好きなだけのせてくるりと包みます。ナイフとフォークを使って食べると…美味〜!焼き立てはふわふわして柔らかいので、卵が入っていなくてもほとんど気になりません。かわりに入っているココナッツオイルの香りが良い感じでした。 
 クレープを食べたのは何十年ぶりでしょうか?おいしくて、幸せな夜。ごちそうさまでした。  

Posted by sengaart at 22:21Comments(0)べジィな食卓 


March 09, 2019

Senga Femina 展 終わりました

Senga Femina 展 終わりました 3月4日から一週間開催させて頂いたセンガフェミナ展、本日終了しました。16名の剪画作家が集まり、それぞれ目いっぱいの力を投入して作品を制作し、展示。会場にはバラエティあふれる作風の剪画が並び、展示する側もとても勉強になりました。
 また多くのお客様においで頂き、様々なご意見を伺いました。展示を通じで様々な交流が生まれたのも大きな収穫です。ご来場の皆様、本当にありがとうございました。
 予定通り搬出を終え、近くのレストランのビュッフェで打ち上げ。最初の1時間はそれぞれに食べるのに必死な感じではありましたが、お腹いっぱい食べた後に多くの感想を交換し、また次なるプロジェクトでの再開も約束しました。
 また次回のSenga Femina で皆様にお目にかかるのを楽しみにしております。  

Posted by sengaart at 23:22Comments(0)剪画ギャラリーの仕事 


March 07, 2019

楽しいベジ・ディナー

楽しいベジ・ディナー 今日のギャラリーは雨天のため、比較的静かでした。それでも訪れてくださった方と様々なお話ができてとても楽しかったです。
 夕方に来廊してくれた友人とアインソフへ…。ベジタリアン料理を食べつつ、話がはずみます。美術を教えていたり、海外で暮らしていたり、共通項の多い友人なので話題は尽きません。お互い年甲斐のない行動が多かったりするので、話しているうちに久しぶりに腹筋を使って大笑いも…。
 トマトスープにキノコのハヤシライス、最後はお気に入りのベジティラミスを食べて大満足。楽しく、ゆかいな雨の日となりました。  

Posted by sengaart at 23:47Comments(0)べジィな食卓 


March 06, 2019

Sweets Time

Sweets Time 作品展3日め。昨日よりはゆるやかな感じでお客様がご来場下さいました。
 女性の会だけあって、甘い物の差し入れがたくさん。いくつかを中欧のテーブルに並べています。多くの方にお目にかかって話しているととても楽しいのですが、夕方になると少し疲れが出てくるのです。そんな時に頂いた甘いものを頂くと…体に染みわたってくるような気がします。
 ちょうどお客様も少なくなってくる夕方は、おやつと情報交換の時間。見た目も美しく、春らしいおやつを前に会話にも花が咲きます。お客様も交えて、剪画の話話がはずむことも…。そんな時間も、この会の大切な部分なのでした。

(「Senga Femina 2019」展 2019.3.5〜3.9 於:ギャラリー暁)  



March 05, 2019

Senga Femin 展 2日目

Senga Femin 展 2日目 今週のお天気は予想だと雨が多そうです。そんな中、今日は晴天だったので、多くのお客様がギャラリーを訪れて下さいました。
 1枚1枚ていねいに作品を見て下さる方や、作家たちに質問される方、ゆっくりとお茶を飲みながら会話を楽しまれる方…。様々なシーンがギャラリーのそこかしこで繰り広げられて、とても賑やかな1日となりました。久しぶりにお目にかかった方もいらして、とても嬉しかったです。
 作者が多く、作品の種類が様々なので、頂く感想も様々。そうした言葉のひとつひとつが、本当に勉強になります。ご来場の皆様、ありがとうございます。

(「Senga Femina 2019」展 2019.3.5〜3.9 於:ギャラリー暁)  

Posted by sengaart at 22:56Comments(0)剪画ギャラリーの仕事 


March 04, 2019

Senga Femina 2019 開幕

Senga Femina 2019 開幕 今日から銀座のギャラリー暁で始まりました「Senga Femina 2019 」展。16名の女性作家による剪画展です。午前中に搬入をし、飾り付け。人数が多いとレイアウトに時間がかかるのではないか…と思ったのですが、その分作業人員も多く、意外に早く準備が完了しました。
 午後1時から作品展はオープン。雨天にもかかわらず、お客様が切れ目なくお越しくださいます。17:00からのオープニング・レセプションでも多くの方お見えになりました。レセプション中盤では作家による作品解説も行われ、作品制作の意図や手法など様々な話を聞くのも楽しかったです。
 作品展は9日まで開催されます。多くの会話が行き交うにぎやかな作品展にしたいと思っております。お近くにお立ち寄りの節は、是非ともお立ち寄りくださいませ。
 
(「Senga Femina 2019」展 2019.3.5〜3.9 於:ギャラリー暁)  

Posted by sengaart at 23:00Comments(0)剪画ギャラリーの仕事 


March 03, 2019

明日から始まるセンガフェミナ展の準備

明日から始まるセンガフェミナ展の準備 すっかり忘れていましたが、今日はひな祭り。お菓子を頂いて思い出しました。ものすごい速度で時間が過ぎているような気がします。
 明日からはいよいよSengaFemina展が始まります。当日の朝から搬入ですが、どうやら雨が降りそうなので、作品やパンフレットなどが濡れないように梱包しました。作品、印刷物、作品札、お茶…忘れ物がないかどうかチェックしながら箱や袋に詰めていきます。
 会場で他の作家さんたちや、お越し下さるお客様にお目にかかるのがとても楽しみです。作品展は9日まで。銀座へお越しの節はぜひともお立ち寄りくださいませ。

(「Senga Femina 2019」展 2019.3.5〜3.9 於:ギャラリー暁
  

Posted by sengaart at 21:32Comments(0)剪画ギャラリーの仕事 


March 02, 2019

つらつら椿

つらつら椿南舘 千晶 作 420×594mm

 つらつら椿は、万葉集の中に出てくる言葉で、連なって咲く椿の意味があるそうです。
 巨勢山のつらつら椿つらつらに見つつ偲はな巨勢の春野を (坂門人足)

 万葉集と直接関係あるシーンではないと思いますが、あたり一面に咲き誇る椿の花と、その中に佇むちょっと神秘的な感じのする和服の少女。とても印象的な作品です。
 複雑な色合いに見えるこの作品ですが、実際は黒と赤にムラ染めされた1枚の和紙をカット。その強い陰影が、不思議な雰囲気を演出し、不思議な世界を完成させました。この1枚だけで、背後にある物語を見る側に想像させてくれます。
 背景には少しシワのある素材感ある和紙を配置。ムラ染の和紙と合わせて紙の質感を最大限に活用した作品だと思います。

(「Senga Femina 2019」出展作品 2019.3.4〜3.9 於:ギャラリー暁)  

Posted by sengaart at 23:54Comments(0)剪画作品紹介 


March 01, 2019

庭先で

庭先で日野 晴美 作 320×410mm

 庭先で遊ぶスズメたちと庭の樹々、花々を描いた作品です。様々な色合いの和紙を切って何重にも重ねることによって、向こうから射している光をうまく表現しました。淡い色合いの和紙から濃い色の和紙、そして黒和紙…。丹念に切り抜き、貼り合わせる作業にはそれなりの時間がかかったことでしょう。
 また、クチバシや羽の広げ方など、本当に良くスズメを観察して描いていると思います。スズメたちの動きが、画面の中に生き生きとした生命感を吹き込んでいるようです。
 和紙の美しさを活かした繊細な作品を、是非近くでご鑑賞ください。

(「Senga Femina 2019」出展作品 2019.3.4〜3.9 於:ギャラリー暁)  

Posted by sengaart at 21:40Comments(0)剪画作品紹介 


February 28, 2019

ブリアニとベジカレーと

ブリアニとベジカレーと 友人と二人で上野の ハリマ・ケバブ・ビリヤニへ。色々と迷った末、マッシュルームの前菜とベジタブルブリアニ(炊き込みご飯)、ポテトとカリフラワーのカレー、ココナッツオイルを使ったほうれん草のカレーをオーダーしました。
 どのお皿もスパイスが効いていて美味。ベジタリアンのものしか取らなかったのですが、友人も満足してくれたようです。食べながらも久々に会った友人と、話がはずんであっという間に時間が流れていきます。
 かなりの量を食べましたが、ブリアニを完食することはできませんでした。このボリュームを食べるには最低でも3名は必要そう…次回はもう少し多人数で来たほうが良いかもしれません。  

Posted by sengaart at 23:50Comments(0)べジィな食卓 


February 25, 2019

夢幻

夢幻仲島 あい 作 300×420mm

 仲島さんがSenga Feminaに出展するために制作したのがこの作品です。可愛らしいコスチュームに身を包んだキャラクターが夢の国に人々を誘っている図でしょうか?
 仲島さんが描くキャラクターは、アウトラインも色合いも、アニメやマンガのようにクリアではっきりとしています。それだけに背景によってはとても現実的な雰囲気になると想うのですが、ムラ染めの和紙を使用することによって、ちょっと不思議な世界が描き出されました。色のにじみと柔らかな広がりと…。
 くっきりとした輪郭線と和紙の優しい色合いを組み合わせて、独特の世界を演出した作品です。

(「Senga Femina 2019」出展作品 2019.3.4〜3.9 於:ギャラリー暁)  

Posted by sengaart at 22:51Comments(0)剪画作品紹介 


February 24, 2019

石焼きカレー

石焼きカレー 週末に時折訪れるインド料理店シータラ。以前からビビンバ用の石鍋で作っているカレーが気になっていたのです。が、通常の石焼きカレーは鶏肉が入っています。今日、ふと石焼きカレーのベジバージョンができるかどうか聞いてみたら、だいじょうぶだとのこと。いつも食べているベジタブルカレーを石焼きにしてもらいました。
 お米の焦げるにおいが良い感じ。カレーを入れて混ぜるとジューッという音がしてきてさらに香りがたちます。石鍋が暑いので辛さが引き立って、カレーは食べている間、冷めることがありません。
 食後の満足感がとても高い石焼きカレー。特に冬場に食べたいカレーです。  

Posted by sengaart at 20:46Comments(0)べジィな食卓 


February 22, 2019

ガーデン

ガーデン青山 政枝 作 530×715mm

 来月4日から開催される「Senga Femina 2019」に展示する作品をいくつかご紹介させて頂きます。この作品展には16名の女性作家が出展。会場となる「ギャラリー暁」は剪画アート&スペースよりも広いので、各作家さんはより大きな作品を制作、展示します。
 青山さんのこの「ガーデン」も、広い面積に1つ1つ丁寧に花を配置するいことによってゴージャス感を演出。こうした花々の配置は、バランスがとても大切ですが、小さい花びらを薄い色合いで後方に配置し、鮮やかなメインの花をうまく引き立たせました。
 また、蝶を描きこむことによって、絵の中に動きを出しています。華やかで優しい色合い。青山さんらしい素敵な作品です。

(「Senga Femina 2019」出展作品 2019.3.4〜3.9 於:ギャラリー暁)  

Posted by sengaart at 21:58Comments(0)剪画作品紹介 


February 21, 2019

草だんごとお茶でほっと一息

草だんごとお茶でほっと一息 今日はワーキングホリデーで日本に来ているエミリーの手続き関係で区役所へ…。窓口では親切に色々教えてもらえましたが、やはり待ち時間はそこそこあります。午後から出かけたので、すべてが終わって出てくるとすっかり夕方になっていました。
 まだ5時まで少し間があったので、そのまま柴又へ…。お参りをする前にお団子を食べてほっと一息つきました。今日はわりと暖かかったし、席に座って待ち続けていたので、喉が乾いて疲れを感じていました。みたらし団子と草だんごを食べながら飲むお茶は、体に染み込んでゆくようです。
 エミリーはカナダではアンコを食べたことはなかったとのことですが、草だんごや甘辛のタレがついたお団子を気に入ってくれたようです。アンコがあまり好きではない外国人も多いのですけれど、これが食べられると日本のスイーツを楽しむ幅がぐっと広がります。色々な和菓子を楽しんでもらえると嬉しいですね〜。  



February 20, 2019

春らしい日の教室

春らしい日の教室 今日はグループレッスン。先日も開催したスイートピーの剪画を作る教室です。
 スイートピーの花はヒラヒラした細い線で描かれ、茎も細いので、どこかに切り残しがあると絵が千切れそうになってしまうことも…。生徒さんたちは慎重に輪郭線を切り抜いていました。
 教室には様々なレベルの生徒さんたちがいらっしゃるので、どの程度初心者用に作るべきか悩むところです。それでも大人の教室なので、各自が進度を調整しながら絵を仕上げてくれています。ピンク、紫、青、黄色…全体の様子を見ながら、それぞれに好みの色を入れ、作品は完成。
 今日は温かい日だったので、春らしい花の色紙制作にはぴったりの日となりました。  

Posted by sengaart at 22:54Comments(0)剪画教室など 


February 19, 2019

「Pink」展の作品たち

「Pink」展の作品たち 今年の剪画アート&スペースの最初の作品展のテーマは「Pink」。作品展が始まるのは3月20日からなのですが、3月の上旬にSenga Femina展があるので、例年より早い時期に準備を進めています。両方の作品展に出展する作家さんは、ことさら早めに作品を用意して下さったようです。
 桜の時期でもあるので、Pinkというタイトルは時期的にも合うと思うものの、似た感じの絵が集まってしまうかも…という心配も…。作品が集まってくる時期は、作品展の全体のことを考える時期でもあります。
 予報によると、今年の桜は例年よりも早く咲きそうだとのこと。「Pink」展の始まる時期に咲いてくれるといいな…と願っています。  

Posted by sengaart at 21:53Comments(0)剪画ギャラリーの仕事