May 19, 2019

越中万葉の風 〜花〜

越中万葉の風 〜花〜菅谷 順啓 作 242×272mm

物部(もののふ)の 八十少女(やそおとめ)らが 汲みまがふ 寺井(てらい)の上の 堅香子(かたかご)の花
物部の多くの少女たちが入り乱れて水を汲む、その寺井のほとりの堅香子の花よ。
大伴家持
(万葉集 全訳注原文付 講談社文庫 中西進著 より抜粋)

 この歌も万葉集の編者、大伴の家持が越中国に滞在した時に詠まれた歌です。カタクリの花はそう大きくありませんが、密集して沢山咲くと本当に綺麗です。そんな楚々とした花々をできる限りシンプルなラインで描いたこの作品。カタクリの花々がひっそりと語り交わしているようにも見えます。
 背景には紫がかったグレーと白のグラデーションが入った雲竜紙を用い、紙の繊維と色合いが花々を引き立てています。美しく品のある小品です。

(「万葉集」出展作品 2019. 5.8〜5.25 於:剪画アート&スペース)  

Posted by sengaart at 23:07Comments(0)剪画作品紹介 


May 17, 2019

第28回 葛飾の美術家展始まりました

第28回 葛飾の美術家展始まりました 今日の朝からかつしかシンフォニーヒルズのギャラリーに集合して、飾り付けを始めました。葛飾の美術家約40名がそれぞれの作品を展示します。油絵はもちろん、日本画、水墨画、版画、彫金、刀剣など様々なアート作品が集まりました。
 毎年のことなので、スムーズに仕事の分担がされて、お昼頃には一段落つきます。午後からはお客様も…。5月は気候も良いので、様々なお客様にご来場いただければ…と願っています。作品展は26日まで開催中です。お時間のある方は是非ともお立ち寄り下さい。

「第28回 葛飾の美術家展」
2019年5月17日(金)〜26日(日)
10:00〜18:00(最終日17:00まで)
かつしかシンフォニーヒルズ2F ギャラリー  

Posted by sengaart at 22:43Comments(0)その他のお仕事 | Art etc …


May 16, 2019

秋の七草

秋の七草日野 晴美 作 420×297mm

秋の野に 咲きたる花を 指(および)折り かき数ふれば 七種(ななくさ)の花
秋の野に咲いている花を指を折って数えると次の七種類の花が美しい。
(万葉集 全訳注原文付 講談社文庫 中西進著 より抜粋)

 万葉集には恋の歌や別れの歌が多く詠まれていますが、古人の想いをそのまま絵にするのは難しいもの。そこでどんな絵を描いたら良いか迷っている作家さんには、万葉の花を探してみることをおすすめしました。が、万葉集の歌の中に詠まれている花は野の花で、小さなものが多いのです。日野さんが選んだ秋の七草も、かなり繊細な植物です。
 描かれている草花は、萩、すすき、なでしこ、おみなえし、ふじばかま、朝顔…。その一つ一つを丁寧に描写し、色和紙で彩色してあります。奥ゆかしく優美な秋の七草をお楽しみ下さい。

(「万葉集」出展作品 2019. 5.8〜5.25 於:剪画アート&スペース)  

Posted by sengaart at 23:15Comments(0)剪画作品紹介 


May 15, 2019

5月〜6月の教室:雨雲

5月〜6月の教室:雨雲 この時期のワークショップの絵柄はいつも悩みます。梅雨のイメージは限定的で、同じようなデザインになってしまうのです。今回はちょっとポップな感じで雨の日々を描きました。模様を入れた雨雲がメインで、それに梅雨らしいあじさい、菖蒲、傘、てるてる坊主の中から好きなものを選んで切り抜いてもらいます。
 サンプルはなるべく雲を多めに配置して3種類を制作。が、実際生徒さんたちが作成した作品は雲が少なく、それ以外のモチーフを盛り込んだものが多かったです。特にこれからの時期、水元公園はあじさいと菖蒲の季節となるので、そのイメージで…。
 これからいくつか教室があるので、どんな雨の日の風景が繰り広げられるかとても楽しみです。  

Posted by sengaart at 23:28Comments(0)剪画教室など 


May 14, 2019

万葉集が結ぶ縁

万葉集が結ぶ縁 ある作品展でお会いした詩人の山内理恵子さんは、近所にお住まいで作品展の度にギャラリーを訪れてくださいます。今回テーマが万葉集ということで、お友達の永井ますみさんを紹介して下さいました。永井さんは「永井ますみの万葉がたり」と「古代ブロガー家持の夢」という万葉集に関する本を著作されています。これもひとつのご縁だと思い、ギャラリーに本を置かせていただきました。
 そして今日、神戸に住む永井さんがはるばるご来廊。山内さんと3人で万葉集のことなど、話がはずみます。いろいろとお話するうちに、永井さんが鳥取出身であることがわかりました。今回の「万葉集」の作品は、多くの作家さんたちが因州和紙を使っていて、巡回展も企画中。ご縁のある方はいろいろな共通点があるのだなぁ…と感心しました。
 新しい出会いに感謝。ご来廊ありがとうございました。

(「万葉集」展 2019. 5.8〜5.25 於:剪画アート&スペース)  

Posted by sengaart at 23:24Comments(0)剪画ギャラリーの仕事 


May 13, 2019

NIPPON

NIPPON結城 公子 作 415×305mm

 今回の作品展の出展作品では、それぞれの作家が万葉集の中から句を選んで、その句についての作品を制作しています。が、結城さんのこの作品だけは特定の句を元に描かれたものではありません。万葉集の中に出てくる花を、来年のオリンピックにちなんで五輪の輪の中にレイアウトしたものです。
 描かれている花は、ももよぐさ(野路菊)おみなえし(女郎花)おもいぐさ(南蛮煙管)からあい(鶏頭)しののめぐさ(朝顔)おかととき(桔梗)ひかりぐさ(姫百合)はなな(菜の花)あせび(馬酔木)。どの花も野の花らしく、慎ましく、愛らしい花々です。
 デザイン的に配置されている万葉の美しい花々をお楽しみいただければ…と思います。

(「万葉集」出展作品 2019. 5.8〜5.25 於:剪画アート&スペース)  

Posted by sengaart at 21:28Comments(0)剪画作品紹介 


May 12, 2019

常夏

常夏神田 いずみ 作 280×200mm

立山(たちやま)に 降り置ける雪を 常夏(とこなつ)に 見れども飽かず 神(かむ)からならし
立山に降り積もった雪を夏中見ていても飽きない。神山の名にそむかないことよ。
大伴家持
(万葉集 全訳注原文付 講談社文庫 中西進著 より抜粋)

万葉集の編者である大伴家持は越中国(富山県)の国守として5年間赴任していました。家持はここで立山や海岸、寺社など沢山の句を詠んでいます。富山県出身の神田さんは、万葉集の中から家持が富山で詠んだ句を選び、そのワンシーンを剪画にしました。
 夏でも頂に雪を残した立山、そして古来から神の使いとしてみなされていた雷鳥。鮮やかな水色と白、そして黒い和紙を使ってキリリと描いています。時を超えて息づく自然の息吹を感じる力強い作品です。

(「万葉集」出展作品 2019. 5.8〜5.25 於:剪画アート&スペース)  

Posted by sengaart at 21:50Comments(0)剪画作品紹介 


May 10, 2019

トンパ・ペーパー

トンパ・ペーパー 麗江の街にはナシ族の漉いている紙を売っている東巴紙坊というお店がありました。広いこの街には何店も…。東巴紙はもともとお経を記すために作られていたのだそうです。そのため虫の食わない香りを持つ草を使って漉いているとか…。
 お店で販売しているものは、照明器具、ノート、絵葉書、トンパ文字の辞書などの書籍。そのどれもが少し草の皮が入ったような素敵な風合いでした。単純な紙だけ…というのはそう多くはなかったのですが、かなり茶色っぽい紙と厚めの紙があったので購入。どちらもしっかりとした丈夫な紙です。
いつかこれで作品が作れるかな…と思いつつ、買ってきた紙を眺めたりしています。  

Posted by sengaart at 22:46Comments(0)グッズいろいろ | 旅の空の下


May 09, 2019

蓮(はちす)

蓮(はちす)青山 政枝 作 342×418mm

ひさかたの 雨も降らぬか 蓮葉(はちすは)に 渟(たま)れる水の 玉に似たる見む
ひさかたの雨も降ってくれないか。蓮の葉に溜まった水の、玉に似たのも見よう。
作者不明

 この当時、蓮は花を楽しむだけでなく、葉を食物を盛るための器としても使用されていたそうです。
 落ち着いた色合いの和紙を組み合わせて彩色した美しい蓮の花。大きな葉や可憐な花びら、そして背景の水と空にはむら染めの和紙を利用しています。特に背景の和紙の下側には、穴の開いた落水を重ねて貼ることによって、揺らぐ水面を装飾的に表現。和紙の風合いを活かした作品となりました。
 絵の中にさり気なく描かれているカエルやトンボは、画面の中に静かに佇んでいる蓮の花に小さなアクセントを与えています。小さな部分ではありますが、これによって万葉の生命を感じる絵となりました。
 古風ながらどこか現代的な佇まいの蓮の花。添えられた句と共にお楽しみいただければ幸いです。

(「万葉集」出展作品 2019. 5.8〜5.25 於:剪画アート&スペース)  

Posted by sengaart at 22:41Comments(0)剪画作品紹介 


May 08, 2019

剪画展「万葉集」始まりました

剪画展「万葉集」始まりました 令和になって最初の剪画展は、奇しくも「万葉集」。一昨年から海外での展示やワークショップを行う機会が何度かあったため、年に1回は日本的なモチーフをテーマにしようと思い立ちました。その第一弾としてテーマを「万葉集」に定めたのですが、4月になって新しい年号が令和と発表されて驚きました。まさか万葉集が出典元だとは…。
 作家さんたちは年頭から万葉集に触れてそこから様々なアイディアを膨らませ、作品を制作しました。万葉のは花々や句にちなんだ人々、動物や風景…万葉集の世界がギャラリーの中に繰り広げられています。
 今回の作品展では、作品にその元となった句を添えてあります。万葉の和歌の世界を剪画と共にお楽しみいただければ幸いです。

(「万葉集」展 2019. 5.8〜5.25 於:剪画アート&スペース)  

Posted by sengaart at 22:25Comments(0)剪画ギャラリーの仕事 


May 06, 2019

連休明け すぐに始まります

連休明け すぐに始まります 連休明けてすぐ剪画展「万葉集」が始まります。ここのところ立て続けにドイツ、フランス、ポーランドで剪画の展示とワークショップを開催する機会がありました。そのため、年に1回は日本の文化を象徴するようなテーマを設定しようと思ったのです。その第一弾が「万葉集」。まさかそのテーマが新しい年号の出典元になるとは思ってもみませんでした。何とも言えない不思議な縁を感じます。
 今回は万葉集の歌と共に剪画を展示します。お散歩にも気持ちの良い時期ですので、是非ともお気軽に遊びにいらしてください。作品展は水曜日から始まります。

「万葉集」展
期間:  2019年5月8(水)〜5月25(土)
     水・木・金・土 開廊(日・月・火曜休廊)
     PM12:00〜PM6:00
会場  :剪画アート&スペース
     〒125-0033 東京都葛飾区東水元 2-12-16
     Tel : 03-5648-7075 / Fax : 03-5648-7074  

Posted by sengaart at 23:08Comments(0)剪画ギャラリーの仕事 


May 05, 2019

キノコいろいろパスタ

キノコパスタ 雲南省は様々なキノコの産地として有名です。残念ながら生の松茸が食べられるのは7〜8月なのだそうですが、市場ではたくさんの乾燥キノコが販売されています。
 麗江の市場で乾燥の松茸と姫松茸(アガリクス)を買ってきました。オーダーした量を測って銀色の袋に入れてくれます。さすがに松茸は乾燥でも結構な値段がするのでちょっと控えめに…。そして昆明のカルフールでやはり乾燥のポルチーニとキクラゲを購入。こちらの方は日本で買うよりもずっと安かったです。
 今日の夕食はそれらの乾燥キノコを少しづつと、生のエリンギや舞茸、ブナジシメジ、エノキを入れたキノコパスタ。味付けは生クリームと精進出汁醤油です。乾燥キノコから出た旨味と、生のキノコの歯ごたえが合わさって、なかなか濃厚な味となりました。  

Posted by sengaart at 22:55Comments(0)べジィな食卓 


May 04, 2019

チベットのチャーム

チベットのチャーム チベットのお土産屋さんで買ったお守り…チャームです。お寺でも販売していたのですが書いそびれてしまい、やはり欲しかったなぁ…と思っていたら、お土産屋さんにも売っていました。実際にお寺で売っていたものと同じくらいの効用があるのかはわかりませんけれど…。
 色の取り合わせや編み方で少しずつ感じが違ってきます。赤・オレンジ・黄色・黄緑色・青…チベットの寺院の装飾にも使われていた鮮やかな色。シャングリラのホテルでは、「起こさないで下さい」の札をこのチャームに付けて部屋に置いてありました。
 魚の飾りはチャームなのかどうかわかりませんが、何となく可愛らしかったのでお土産用に購入。小さなものですが、素朴な形と綺麗な色合いが気に入っています。  

Posted by sengaart at 23:52Comments(0)グッズいろいろ | 旅の空の下


May 03, 2019

北京乗り換えで帰るはずが…

北京乗り換えで帰るはずが… 昆明から北京で乗り換え、羽田に帰るはずでしたが…飛行機が2時間半遅れ、帰れなくなりました。もちろん出口にはちゃんと航空会社職員が立っていて、ホテルに案内してくれました。
食事については電話する…と言われていたのですが、実際には部屋にお弁当が届けられました。部屋には椅子がひとつしかないので、食堂まで降りてそこで食べさせてもらいます。ベジタリアンだということ伝えておいたので、カリフラワー、キャベツ、青梗菜の炒めもの。わりとシンプルでおいしかったです。
 明日の朝のフライトが早いので、北京の街まで出かけることも難しそう。今夜は早く寝ることにします。…しかしバックは預けたままなので、着の身着のまま。明日はヨレヨレの格好で日本に帰ることになりそうです。  

Posted by sengaart at 21:20Comments(0)旅の空の下 


May 02, 2019

石林風景名勝区で

石林風景名勝区で 朝一番の飛行機でシャングリラから昆明へ戻ってきました。そこから地下鉄とバスを乗り継いで2時間半。石林風景名勝区へ向かいます。
 ここは地殻変動による隆起、風雨による侵食、地震によって岩が変形した風景が見られる場所です。石柱が重なるようにして点在している風景はまさに奇景。ユネスコの世界遺産にも登録されているこの地区は、とても範囲が広いのですが、道が整備され、カートも走っています。
 この地区の少数民族の衣装を来た人々が案内をしていたり、広場でフォークダンスのようなアトラクションも…。内地の観光客も多く、今日は家族連れで賑わっていました。あまり時間がなかったので、カートを使い、駆け足で回ってしまいましたが、1日ゆっくりと時間をかけて過ごすことのできる場所です。
 迫力のある奇景を楽しんだ半日でした。  

Posted by sengaart at 11:50Comments(0)旅の空の下 


May 01, 2019

雨の独克宗古城周辺

雨の独克宗古城周辺 今日はシャングリラの旧市街地である独克宗古城に宿を取りました。チベット族が作ったこの街は一度火災で失われているそうですが、寺院や塔、市街地の一部は焼け残り、再建された建物とともに古の雰囲気を残しています。残念ながら小雨が降っていたため、今日撮った写真は暗くなってしまいましたけれど…。
 街の中心の亀山公園には朝陽楼とマニ棒があり、多くの人がお祈りに来ています。階段を登ったところにあるため、そう広くない街の中を見渡すことができました。大きなマニ棒は、その功徳を求めて何名かが引いて回しています。
 街中はチベット風の装飾がされた建築の中にレストランやお土産屋さんが並び、なかなか良い雰囲気です。ただ、雨で寒かったため、今日は静かな感じではありました。  

Posted by sengaart at 22:00Comments(0)旅の空の下 


April 30, 2019

香格里拉!

香格里拉! 麗江からバスで山を超えて3時間半でシャングリラへ。標高2400mの麗江で2日間過ごした上バスで入ってきたので、高山病にはなりませんでしたが、標高3200mのこの街の空気はやはり薄く、坂道や階段を登るとすぐに呼吸が荒くなります。シャングリラはもともとギュルタンという街だったそうですが、2002年に理想郷の名前に変わったそうです。
 チベット文化圏に入ったのは何十年ぶりか…。ラサやラダックに比べると建物は新しくてピカピカしていますが、チベットならではの色彩や意匠を見ると何となく帰ってきた…という気分になります。
 ホテルにチェックインして、すぐに近くの松賛林寺(ソンツェリンゴンパ)へ…。ポタラ宮に比べればずっと規模は小さいものの、下から見上げるとお城のような建物はなかなか威厳があります。お堂の中の極彩色の壁画、赤い柱、金色の仏像、バター灯明の匂い、低く響くお経の声…。懐かしく、濃厚な空間がそこにありました。  

Posted by sengaart at 23:37Comments(0)旅の空の下 


April 29, 2019

古の村へ

古の村へ 麗江古城付近からタクシーに乗って30分で束河古鎮に到着しました。ここもナシ族の村で、古い家並みや石畳、水路や橋が残されています。古城周辺を街とすると、ここは村という感じ。さらに緑が多く、エリア内に入れない車のかわりに、馬や馬車にのって巡ることもできます。
 古い家を改築したレストランやショップ、博物館や古い壁画…見どころはたくさんありました。古城ほどではありませんが、それなりに広いのでかなりの距離を歩き回ることになります。あちらこちらのスポットででスマホで撮影する人たちも…。まぁ今日は平日だったせいか人もさほど多くなく、ゆったりと村の中を歩くことができました。
 いつもとは違う異次元の世界にトリップした束河古鎮の1日でした。  

Posted by sengaart at 22:43Comments(0)旅の空の下 


April 28, 2019

美しい麗江の街で

美しい麗江の街で 昆明から特急列車に乗って3時間半、そこからタクシーで麗江古城に到着しました。このエリアは石畳と古い町並みを保存、再現しているとても素敵な場所です。車が通らないデコボコした石畳の道は曲がりくねりながら複雑に続いていて、ともすると迷子に…。
 石畳の道の脇には水路が流れ、その周囲は緑や花々が溢れていました。本当に美しい街です。ナシ族の民家を改造した民宿、店舗、レストランも立ち並んでいて独特の風情。倉敷のような雰囲気ではありますが、ずっと範囲が広く、入り組んでいるので、長い時間歩いていても見飽きることがありません。
 が、それだけに中国内外から多くの人が訪れていて、街の中はかなりごった返しています。お店もたくさん並びすぎて、そのギラギラ感には少し圧倒されました。歩きやすいとは言えない石畳の道をかなり歩き回ったので、さすがに疲れましたし…。
 美しい麗江の街で過ごした充実した日でした。  

Posted by sengaart at 23:50Comments(0)旅の空の下 


April 27, 2019

昆明へやってきた

昆明へやってきた 家を朝5時半に出たというのに、上海で飛行機を乗り換えて昆明のホテルまで到着したら夜の8時になっていました。乗り換え時間が結構あったのと、時差も1時間ありますが…昆明は思ったより遠かったです。
 上海も昆明も中国の空港はなんでこんなに広いのだろう…という感じで、通路をたくさん歩きました。空港内を歩いただけなのに1万歩を軽く超えてしまうくらい…。でもまぁ、乗り換えもスムーズにゆき、バスもすぐに見つかってホテルに到着したのでよしとしましょう。
 明日の列車のチケットを引き換えて雲南料理を食べて一息。ちょっと辛めの豆腐料理も茄子の揚げたのも、どちらも美味でした。  

Posted by sengaart at 23:44Comments(0)旅の空の下 


April 25, 2019

空の色に和紙を染める

空の色に和紙を染める 日野さんが作品用に和紙を染めたいというので、昨日いっしょに作業をしました。染料やアクリルを使って作品に使いそうな色に和紙を次々に染めてゆきます。
 私が染めたかったのは、自分の作品用と教室用の空色の紙。白い空間を残しながら青い染料を落としてゆきます。背景の和紙はあまり鮮やかにしすぎてしまうと、手前の絵が引き立たないことがあるので、少し薄めに…。何種類かの青色のを使って染めました。
 夢中になって染めていると1日があっという間に終わってしまいます。夜には、かなりたくさんの空が机の上に広がりました。  



April 24, 2019

岩倉地区公民館で剪画の展示始まる

岩倉地区公民館で剪画の展示始まる 鳥取市の岩倉地区公民館で剪画の展示が始まり、その様子が現地から写真で送られてきました。
 今回展示されるのは、鳥取・佐治に伝わる話をはじめとした物語を描いた「昔話ものがたり」と、「干支 亥+豚」展に出展された作品です。昨年中に剪画アート&スペースで展示された後、鳥取の各地で巡回展を開催していただいているのです。
 岩倉地区公民館は昨年の夏、剪画のワークショップを開催して頂いたなつかしい場所。今回は展示だけですが、少しでも多くの方の目にとまるよう、作品を廊下にずらりと並べて下さいました。入り口にはご案内の看板も…。実際に伺えないのは残念ですが、近隣の皆様に剪画を楽しんでいただければ…と願っています。
 作品展は5月24日まで。お近くの方は是非ともお立ち寄り下さいませ。  

Posted by sengaart at 22:08Comments(0)剪画ギャラリーの仕事 


April 23, 2019

美しいガーデンから

美しいガーデンから おつかいに伺ったお宅の庭には美しい花々が咲き乱れていました。白いハナミズキ、ツツジ、菖蒲…華やかな季節です。花々に見とれていたら、菖蒲と紫蘭を少し切って分けて下さいました。八朔のような大きな柑橘類も…。ちょうど今が収穫時とのことで、とても美味でした。
 綺麗にお庭を整えているお家を見ると感心してしまいます。家の中で作業している私は、庭には全くノータッチ。お花の水を取り替えるのを忘れてしまい、すぐに枯らしてしまったりもします。
 花々や樹々に対する愛情とこまめなお手入れ…自分が絶対にできないだけに、美しい庭には憧れがあるのだと思います。  

Posted by sengaart at 23:38Comments(0)四季の風景 


April 22, 2019

4月末の水元公園

4月末の水元公園 3月から4月の初めにかけて咲いた桜が終わり、5月末から咲き始める菖蒲はには早すぎ。休憩時間のような水元公園ですが、新緑は綺麗な季節です。
 夕方水元公園を歩いてみると、菖蒲田はまだ葉っぱだけでした。それもすごく間隔が空いている状態です。あと1ヶ月も経てば咲き始めると思うのですけれど…。桜の樹は、もうすでに葉に覆われているものの、八重桜はまだ花を付けていて、夕方の光の中でも綺麗でした。
 風が冷たくなくなり、暑さも感じない快適な夕方、お散歩をしている方が多かったです。派手さはないものの、今の時期の公園は歩くのに最適かも知れません。  

Posted by sengaart at 21:27Comments(0)四季の風景 


April 20, 2019

春のタケノコたっぷりパスタ

春のタケノコたっぷりパスタ 下茹で処理をしたタケノコをもらったので、今日の夕食はパスタです。
 素材はガーリック、長ネギ、ズッキーニ、赤ピーマン、エリンギ、そして中くらいのタケノコ半分。さらにオリーブオイルと太白のごま油、塩、胡椒に精進だし醤油、そして仕上げに刻んだ海苔を使用。そして最後にシソ塩をパラリ。
 タケノコをたっぷりすぎるくらいに入れたので、かなり歯ごたえのある一品となりました。家で作るパスタは具材をたっぷり入れることができるのが、楽しみなところ。軽い渋みと、ガリガリとした食感、醤油味に梅の香り…春らしいパスタとなりました。
 春は野菜がたくさん食べられる楽しい季節ですよね〜。  

Posted by sengaart at 21:38Comments(0)べジィな食卓